ひねもすのたのた

とりあえず日常かな

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

放射線の測定1

放射線の計測でもっとも古いのは写真乾板でしょう。
放射線が写真乾板に当たって感光するという比較的単純な原理です。
しかし、これは放射線の個数は数えられても、エネルギーはわかりません。

現在の計測器につながる放射線測定装置の起源は霧箱でしょうか。
19世紀末にイギリスのC.T.R.ウィルソンが開発しました。
内部に水蒸気を充満させておきます。
そこに粒子が通過すると、水蒸気が小さな水の粒となるので、
粒子の軌跡を霧の粒として見ることができます。

これをより精密にしたものが泡箱です。
これは霧箱とは逆に、粒子の通ったところの液体が気化して粒子の軌跡に泡ができます。

(余談ですが、泡箱を開発した物理学者ドナルド・グレイザーは、
後に分子生物学を研究し、シータス社というバイテク企業を創設しました。
DNAを増幅するPCR法という画期的な手法を開発したキャリー・マリスは
開発当時シータス社にいました)

泡箱や霧箱は写真乾板と違って、軌跡からエネルギーがどのくらいかを推測でき、
さらに電圧をかければ、粒子のもつ電荷がプラスかマイナスか、
電荷と質量の比がどのくらいかを粒子の曲がり方から突き止めることができます。

霧箱や泡箱は現在はほとんど用いられていません。
しかし、放射線が他の物質(おもに気体)にエネルギーを与えることを利用して
放射線の数やエネルギーを測定しようということでは現在の測定器と共通しています。

霧箱・泡箱に代わって現在、放射線測定でしばしば利用されるのは、原子の「電離」を利用する測定器です。
放射線が原子にぶつかると、そのエネルギーによって電子がとび出し、
プラスのイオン(原子から1~数個の電子がはぎとられたもの)が生じます。
そこで、これらのイオン(電子も含めて)が生み出す電流を測定しようというものです。

電離箱や比例計数管、ガイガーカウンター(ガイガー=ミュラーカウンター。しばしばGMと略されます)は
いずれもこの現象を利用します。
ガンマ線測定に不可欠な半導体検出器も、原理的にはこれらと近いといえます。

さて、アルファ線は短い距離で多数の原子に電離を起こすことができますが、
ベータ線が起こす電離の数はアルファ線に比べて少なく、
ガンマ線は数パーセントともいわれています。
これでピンとくる人もいるかもしれませんが、電離現象を利用する測定では
ガンマ線の数は正確には計測できないということになりますね。

では、電離箱、比例計数管、ガイガーの違いは何か。
それは次回(っていつ?)

▽CommentList
  • [No Tag]

土壌中の放射性物質

郡山の友人からメールがきた。

放射線量がある程度高いままあまり変化しないけど、
最初の水素爆発のときに放出された
長寿命の放射性物質が存在しているのではないか、
なぜ、調査しないのかしらとのこと。

たしかにつねにヨウ素が流れ込んでいるのかもしれないけど、
あまり変わらないというのは気になる。

ただ調査結果が土壌中のものか大気中のものかわからないけど。
http://www.pref.fukushima.jp/j/schoolmonitamatome.pdf
これを見ると、地面から1cm上の方が1m上より高く出ているので、
土壌の表面に降り積もったものという推測ができる。
(校庭の線量、1年活動するとなるとかなり高いところがある。
6マイクロシーベルトで1日2時間くらいとしても4ミリシーベルト。
追記・これもし土壌の表面ということなら、土をかぶせるとか
中にすきこむとかできないものでしょうか。
新たに放射性物質が流れ込まないことが前提だけど)

さて、後で確認してみますけれども、これからかなり推測が入ります。

土壌中の放射性物質をどうやって調べるか。
放射性物質は微量なので、下手に分離しようとすると、
分離中に消えてなくなってしまう。

そこで一般には調べたい化学元素の安定な核種(放射線を放出しない原子)を
ある程度の量加えて分析することになります。

たとえばヨウ素を分析したいなら放射性ではないヨウ素を一定量加える。
そして、土壌を何らかの溶液に溶かし、
最終的にはヨウ素だけを抽出します。

つまり、放射性物質の量を知るにはまず相手の放射性物質が何か
ある程度知っている必要がある。

今回放出されているのは、ウランもしくはプルトニウムの核分裂生成物のようなので、
もちろん見当はつきます。
(追記・あくまでも再臨界が起こっていないという前提で。
再臨界が起こって中性子が放出されると、海水を冷却用に使用しているから
何が放射化されているかわからない)
しかし、数種類の分析をするには一定の時間がかかります。

現状では、農産物のヨウ素を分析するだけで手一杯なのかもしれない。
放射分析ができるところは限られているから。
大学にも協力を求めた方がいいと思うけど、そういうのはやっているのかしら?

土壌中のストロンチウムの結果が出るにも1カ月かかっていますが、
これは測定そのものに時間がかかるのか、
分析の問題なのか?
後で調べてみたいと思います。
放射性物質はリアルタイムでわからないと、
生産者も消費者も困るよなあ。

ちなみにLadybirdさんのところに書いてきましたが、
ヨウ素は液体シンチレーションカウンターで分析しているのではないかと推測しています。
これは放射線が特別な液体を通過するときに発光する現象を利用します。
今回の場合、抽出したヨウ素を一定量(数ミリリットル)小さな容器に入れ、
そこに一定量のシンチレーター(特別な液体)を加えます。

そして、専用の液体シンチレーションカウンターに容器を並べてフタを閉じ、
スイッチオンすれば分析が始まります。
▽CommentList
  • [No Tag]

このタイミングで

死刑判決。
…もちろん許し難い犯罪ではあるのだけど、
災害でこれだけの人間の命が奪われたいま、
なぜ人間がまた別の人間の命を奪おうとするのか。
▽CommentList
  • [No Tag]

うーっ

仙台の友人たちと連絡がとれず、不安です。
地震にあわれた皆様、無事をお祈りします。
まだ孤立されている方々が早く早く救出されますよう。
寒い中の避難所生活に早く物資が届きますように。

災害用ブロードバンド伝言板
https://www.web171.jp/

グーグル消息情報
http://japan.person-finder.appspot.com/

ツイッター上の災害情報
http://savejapan.simone-inc.com/

避難所の避難者名簿情報
https://picasaweb.google.com/116505943227607394790/DropBox#

宮城県避難者名簿
http://www.pref.miyagi.jp/hinanjo.htm

大学関係の情報(三ねんせいさん ありがとうございます)
http://researchmap.jp/public/earthquake/

日本トラウマティック・ストレス学会:大震災支援情報サイト(心のケア) 
http://jstss.blogspot.com/

ユニバーサルデザイン研究機構・震災対策本部(私たちができる支援法について)
http://www.ud-web.com/oshirase3.htm

家族計画国際協力財団(女性・妊産婦支援)
http://www.joicfp.or.jp/jp/donation/tohoku_earth_quake/

中部、関西等から東京に電力を送るそうなので、
節電に心がけましょうとのこと。

原発で作業されている方々の被曝も心配してます…
作業員はできるだけ交代をくり返して少しでも被曝を少なくしてほしい。

少しでもあちらの状況がわかるかと
思いついて大学のサイトにアクセスしようとしましたが、
大学、学部、学科ともつながらない><
ツイッター情報では、友人の住んでいる地域は
比較的被害が少なかったようです。
みんな無事でいてほしい。
知っている人も知らない人も。
たくさんの方々が亡くなられたのはわかっているけれど。

☆追記
本日、友人たちの無事が確認できました。
心配してくださった方、ありがとう。
救助を待っている方たちが一刻も早く安全なところに避難できればと思います。
救助活動している方々、水素爆発と被曝の危険の中、
原子炉冷却作業を続けている方々の安全も祈ります。
▽CommentList
  • [No Tag]

あけましておめでとうございます

もう遅すぎなわけですが、皆様本年もよろしくお願い致します。
(て、全然ブログ書いてないです。皆さんのブログにもあんまりお邪魔してないです
ご無沙汰して申し訳ありませんーーー)

年末に帰省途中に後楽園に寄りました。
実は2年前に帰省途中に寄ったとき、さまざまな鳥に遭遇したのですが、
カメラを持参せず残念な思いをしたので、
今回はそのリベンジもかねて。

コゲラ3

後楽園を出る橋の上からミカンが発見!
コゲラですよね?
かわええー

イカル

イカルです。
前回、行ったときには群れになっていたのですが、
今回は1度だけ遭遇。

シメ

こちらはシメ。姿形はイカルによく似てるんですよね。
イカルに会うまでは、前回見たのはシメの勘違い?と思っていました。

シメ2

地面にも。

ツグミ2

おなじみツグミでございます。柿の木にヒヨちゃんとともに集まっていました。

ツグミ1

この姿だと、肉眼ではツグミかどうか見分けられない…

ジョウビタキ

おなじみジョウビタキです。なんとなくふくらんでいる…寒いのかな?

さて、カモが問題。

ヒドリガモ

お堀にいたカモたちです。
ヒドリガモだと思うんですが…。

ヒドリガモ?2

同じ鳥!と信じて撮った後楽園内の池にいたカモ。
よく見ると、頭が違う。
くちばし黒いし、これコガモ?

アオサギ?

いつでもどこにでもいるアオサギ(たぶん)です。
白黒コントラストが強いので、はじめはゴイサギかと思いますた。
撮った写真を調べてはじめてアオサギ?となりました。
まだまだ修行が足りんです。

ほかにグレーの小さな鳥(撮れなかった…)やアオジなどにも
遭遇しましたです。
2年前にはユリカモメがいたんですが、今回は見なかったなあ。

どんな鳥が来るか、そのときの気候や植物の状態なども合わせて
毎年の変化を見ていくとおもしろいだろうな。
▽CommentList
  • [No Tag]

歯止めがきかない

先日、防衛大綱が発表された。
衆院の民主党議員はリベラルで9条維持派が多かったはずなのに、
新しい防衛大綱にはそれがまったく見えないというか、
逆に軍事大国を目指すのかと思える内容だ。

自公政権のときには民主は反対にまわっただろう政策が、
民主が政権をとったとたん、やすやすと通るかに見えるのはなぜだろう。

武器輸出3原則も、社民の反対がなければそのまま通っていたかもしれない。
一般の民主党議員がどう考えているのかはまったくわからない。

武器輸出3原則は日本の国民を守る方針ともいえる。
現在の脅威は、国と国との戦争よりむしろテロだろう。
(北朝鮮のことは何ともいえないが)
日本国民に対するテロが他の先進国に対するものに比べて少ないのは、
武器輸出3原則があってこそだと思う。
9条は理念だが、武器輸出3原則は具体的なものだからね。

武器輸出3原則を撤廃することは
海外で活動する人々(ボランティアはもちろん企業の人々も)を
危険にさらすことではないか?

また、3原則によって日本は外交で力をふるうことができるはずだ。
(残念ながら有効利用していないけれど)
自国を攻撃する爆弾を製造している国と誰が交渉する?
対話が可能になるのは、武器を輸出していない国だけだ。

管政権は目先の利益に惑わされるなと思う。
いまは輸出した武器がどこで自国の国民に使われるかわからない時代なのだから。

☆では皆さんよいお年を
▽CommentList
  • [No Tag]

ホテイアオイの池で

懸案の牧野植物園に行ってまいりました。
Ladybirdさんが牧野植物園は最近になって園芸種を増やしちゃったと
書いていたけれど、たしかに野草が少ない…
野草目当ての私としては非常に悲しかったです。

もうひとつ、野草の鉢植えが売っていることにも釈然としない思いがありました。
以前、植物研究者が野草の売買は、野草の絶滅を助長すると書いていたのを読んだのですよね。
仮に売っていた野草が栽培したものであったとしても、
「野草は売買できる」という印象を客に与えることは間違いないのです。
礼文島で、ガチガチに囲まれたレブンアツモリソウを見て(花の時期ではなかった)
とても悲しかった。
レブンアツモリソウは盗掘で絶滅しかかっているんですよね。

それはともかく、通りかかった高知の某所に鳥の群れを発見。
(たぶんLadybirdさんはどこかわかる)
池に浮いているのはおそらく悪名高きホテイアオイでしょう。
きれいだけどね。

飛び立ち飛ぶアップ左上


黒い大柄のあまり見かけない鳥。調べたらオオバンのようです。
ようやく『オオバンクラブの無法者』のオオバンがイメージできる!

オオバン

いっしょにいるのはコガモ?

これはミサゴでしょうか?
池の向こう側から現れて旋回して1回飛び込んだ後に舞い上がり、
杭に止まりました。

ミサゴ

ミサゴ?

その後、田んぼでシギを発見!
あー見分けがつかないっ!
でも、タカブシギと推測しますた。

タカブシギ?

おまけ。
スズメですかね?
収穫前の田んぼの上を群れでいったりきたりしていました。

スズメ

▽CommentList
  • [No Tag]

Menu

最近の記事 ▼

ブログ内検索 ▼

プロフィール ▼

FC2カウンター ▼

ブロとも申請フォーム ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。