ひねもすのたのた

とりあえず日常かな

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

いつでも反対

水葉さんサルと人間の2歳児を比較する実験を紹介していた。
とってもおもしろかったんだけど、それでちょっと思い出した。

カメ(←本日のムスメ)が2歳児保育に通っていた頃、
靴をしょっちゅう左右逆にはいていた。
あまりに逆にはくものだから、ためしに左右逆に置いてみた。
これで逆にはけば、左右正しくなるじゃん。
いい方法かも…

と思ったもつかのま、や~っぱり左右逆にはく。
なんなんだろうねえ。

あるとき、1日先生(単に保育士さんの手伝いをするだけ)が
まわってきた。
外で尻滑り(草の生えた斜面を尻ですべり落ちる)をする、というので、
2歳児クラスのみんなで外へ。

すると、あれ、あれあれあれ~?
みんな自分で靴はいてるけど。。。。

全員、左右逆じゃん!

ということで、これは普遍的現象ではないかと思ったしだい。

昔、チンパンジーは上下左右の見分けがつかない
(逆にいえばどの向きでも同じようにきちんと対象を理解できるということ)
という話を読んだことがあるけど、幼児も左右の区別がつかないのかな?

相方は他人がはいているのを見て覚えるからだと主張する。
うーん、並べ方を変えても左右逆にはくということはそうなのかも?

靴が左右逆の理由について、知っている方がいたら教えてくらはいませ!





  • [No Tag]

Comment[この記事へのコメント]

外向きがカッコイイんでいっ! 

  • 水葉 
  • URL 
  • at 2007.09.19 11:15 
  • [編集]
お嬢さんのクラスでは「逆がデフォルト」だったのでしょうね。(^-^)

娘の靴には、親指のあたりに黒い点を描いています。「親指さんと親指さんがコンニチワー」と言って履かせているうち、わかるようになってきたみたいです。^^

 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2007.09.19 17:44 
  • [編集]
>逆がデフォルト
あ、そうだったのか(笑) きっとみんな、かっちょよいのをまねっこしたのね

日本人はものまねばかりとよく揶揄されますが、その意味ではとっても人間らしいといえるのかも!

>「親指さんと親指さんがコンニチワー」
かわいいー♪ こういう方法もあるんですね。
さすがにムスメにはもうできないなあ(いまだにはき間違えることが…)

Comment_form

管理者のみ表示。

Trackback[この記事へのトラックバック]

Menu

最近の記事 ▼

ブログ内検索 ▼

プロフィール ▼

FC2カウンター ▼

ブロとも申請フォーム ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。