ひねもすのたのた

とりあえず日常かな

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

医師不足

私は医師不足の地域に住んでいる。
まあ北海道であれば、札幌と旭川以外はすべてそうだと思っていいだろう。
しかもそれが年々進んでいる。

私が子どもを産んだときには、産科のある病院は近く(といってもどちらの病院も
10km以上離れている)に2つあり、どちらか選ぶことができた。
しかしいまは一方の産科はなくなってしまった。

その残った病院(たまたま私が産んだ方)でも医師不足は続いている。
私が産んだときとは事情が変わっているかもしれないが、
あのときもかなりのものだった。

出産日、私は陣痛開始からかなりすぐに分娩に入った。
というか、病院に行ったらそのまま分娩台だった。
でもそこからが長かった。

この先、ちょっと生々しいと思う人もいるかも。
ということで読みたい方のみ下をクリックしてね




その病院では出産時、基本的には助産師しかつかない。
しかし、4時間以上も分娩が続いたので医師が呼ばれた。
結局、胎児の心拍数が落ちているというので、吸引分娩となった。

出産後、私は膣壁裂傷で出血していたので、
医師がそのまま残り、出血個所を押さえていた。

ところで、その日は週に2度(午前中のみ)の妊婦検診にあたっていた。
「妊婦検診どうなっている?」
「10人くらい待っていますよ」
(うげっ じゃー検診、私が止めちゃったわけ?)←私の心の声

「でもバルーン(←それで出血個所を押さえて血を止めておくらしい)がないとね、
ここ離れられないし。なんでこの部屋にないの?」
「いま探しにいっていますから」
「この病院もダメだね」
(だから、そーいうことを患者の前で言うなってば)

ところで、出血個所があれなわけでとにかくイタイ。
押さえている方だって疲れるわけだから腕がゆれるし、
当然、ときどき持ち替えたりする。
それがイタイ。もうイタイんだって。早く麻酔して!

まあそうこうあって無事傷は縫い合わせてもらいましたが、
とにかくこの病院には日勤の産婦人科医は1人しかいないわけです。
…で、妊婦は私だけじゃない。たまたま私が産んでいるときに
ほかの誰かに何かあったらどうしようかと思いましたね。

で、なぜこんな医師不足になってしまったのか、という問題。
もちろん産科や小児科の勤務の過酷さもあると思うし、
診療報酬の問題や、研修制度もあると思う。

だけど、私の医者やっている友人が言うには、
医局を廃止したことがいちばんの要因だと。

医局=巨悪、と思いがち。
でも友人によれば、医局があったからこそ、
医師を効率よく地方にも派遣できたのだという。。
それを医療制度改革なる標語のもと政府がつぶしてしまった。

で、友人によれば医療費を抑制するため、
厚生労働省はこれから3分の1の病院を潰すだろうとのこと。
その理由をいかにも医者が勝手にやめたからということにしてね。

病院の勤務医は本当にひどい状態なので、
肉体的にも精神的にもやっていけなくなると病院をやめて開業する。
開業すると、当然、経営上病院の維持費や人材費等々をまかない、
何とか黒字にもっていかなくてはならない。
そうなると、開業医は診療報酬を稼ぐために薬を余分に出す。

結局、勤務医がやめて開業医が増えるとさらに医療費が増えていく。
となれば厚生労働省は次の標的として開業医を狙うことになるらしい。

さらに大学病院などでは、医療費を抑制するために
それぞれの病気ごとに定額制が導入されているそうだ。
いいかえれば、ある特定の病気に対しては
この額までしか保険の基金は払わない、と病院は釘を刺されているらしい。
これはどういうことかといえば、もし患者のために
枠を超えて治療すれば(患者に3割以上払わせるわけにはいかないから)
その部分は全額、病院が支払うことになるという。

同じ病気だって、患者によって症状も違えば体質も違うわけだから、
病院だってまったく同じ治療をするわけではないだろう。
診療の基本があるとしても、医師は患者の状態を見ながら治療するはずだ。
なのに定額制……

いったい医療はどうなっていくんだろうね?
医学部の受け入れ人数を少しばかり増やしたから、といって
医師不足が解消されるとは私にはとても思えないのだけど。

医療費を抑制するのも、病院や医師を締め付けるのではなく、
たとえば予防医療に力を入れるといった方法も考えられると思う。

すんごい素人考えだけど、たとえば土日のどちらかに
病院を開くようにすれば(もちろん平日にその分休み)、
会社勤めで症状が重くなってからしか病院に行かない人も
軽い状態で行けるようになるから、医療費のかかる重い病気には至らないのでは?
それともそうなると、気軽に病院に来られすぎちゃうってことなのかしら? 

・・・・
折しも奈良の妊婦の事件。病院が断るというのは
医師不足でやむをえないこともあるだろうが、
病院探しのシステムを使うには
かかりつけの医師の連絡がないと、って何?

旅行中の人も出張中の人もいるだろうし、里帰り出産の人もいる。
妊娠したばかりの人だっているだろう。
この人たちのかかりつけの医師が近くにいるとは思えない。

行政側の決定的な想像力の欠如を感じてしまう。。。

  • [No Tag]

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。

Trackback[この記事へのトラックバック]

世界人権宣言を読もう。そして、日本の政治・社会の現実と比べよう。

人権週間だそうです。法務省のサイトでも言っています。 http://www.moj.go.jp/JINKEN/jinken03.html 国際連合は,昭和23年(1948年)第3回総会で世界人権宣言が採択されたのを記念し,昭和25年(1950年)

厚生政策と労働政策を省く厚生労働省 (追記あり)

護憲派アマゾネスのこわ~い心優しい闘士の御姉様方が厚生労働省のでたらめさに怒る記事が目立つ今日この頃。 国民の健康と生活を脅かす、憲法25条違反の疑いが濃厚な攻勢郎等省。 ●お玉おばさんでもわかる 政治のお

同じネタでもこんなに扱いが違う「産経新聞」と「毎日新聞」

記事の当たりはずれが激しい毎日新聞と まんべんなくはずれる産経新聞(笑) まず、今回は概ね「当たり」の毎日新聞から。 妊婦:健診ためらい、経済的不安で増加 国の対策、浸透せず 妊娠・出産に伴う経済的な不安などで、医療機関への受診をためらい、かかりつけ...

Menu

最近の記事 ▼

ブログ内検索 ▼

プロフィール ▼

FC2カウンター ▼

ブロとも申請フォーム ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。