ひねもすのたのた

とりあえず日常かな

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

道徳じゃなくて哲学を

えりちゃんが教育担当なんとやらとして留任したからには
またぞろ母乳うんぬん(フン、私はぜんぜん足りなかったよ)とか、
純潔教育とか、道徳教育なんてまくしたてはじまるだべか。

ヤンキー義家も、例の回収ビデオ作成のときに選挙には出ないと法務省と約束した上で
出演したそうで(と1カ月半前の朝日新聞に書いてあった 笑)、
まあいいかげんなやつですな。
教育関係にはもっとまともな人がいっぱいいるはずと思うんですけどねえ。

教育再生会議の面々はいまの日本にはモラルがない、っていう。
では道徳教育を、ってなるけど、
モラルがないのは、実は道徳教育とか家族のしつけの問題じゃない気がする。
想像力が足りない、そして自分で考えようとしない、っていうのが
いちばんの問題じゃないかな。

道にチューインガムを捨てて、誰かが踏んだら気持ちが悪いだろう。
道の真ん中で座り込んでしゃべっていたら邪魔だろう。
そういう単純な想像力。

まあいまのはつまんない例だけど、たとえばイラクの人質事件で、
誰かが“自己責任”なる無責任なワードを出したらあっというまに広まった。

バッシングした人たちはあの人たちによってイラク人が日本人に感謝を覚えたとか、
日本が国際的に評価されたとかそういうことは想像できないんだろうね、きっと。
彼らは命を賭して行ったのに、
そういうことはまったく配慮してもらえないんだね。。。

で、ここから道徳教育の話に戻るけど、道徳には想像力がない。
だって道徳には基本的に答がひとつしかないじゃないですか。

昔、道徳の時間に出てきた話。
バスに乗り遅れた人がいた。
走りだそうとするバスの運転手に対し、乗客のひとりが
「ちょっと待ってあげて」という。
とてもいいお話ではあるけど、その人はえらいね、やさしいね、で
基本的に終わってしまうんじゃないの?

それに説教くさい話ってきらい。子どもの大半もきらいだと思う。
きらいなものやって身に付くはずがない。

でも、哲学は違う。
たとえば無限はどういうもの? 時間って何?
そんな子どもたちが持っている疑問を
自分たちで考えることができる。
それは数学的にも、科学的にも考察することができるし、
いわゆる直感、あるいは心の動き方としてとらえてもいい。
 
どの考えも正しいし、追求していく価値がある。
子どものレベルで議論することができるし、
先生が別の視点を与えてあげてもいい。

何よりおもしろいんじゃないかな。
とにかく私は友人とこういった話をらちもなく
続けていくのは大好きだったよ。

哲学だったら、相手の意見を尊重できるし、
物事にはいろいろな視点がある、ってことがわかるんじゃないかしら。

こんな話を書いているのは、たまたま海外の哲学教育の話をちょっと見かけたからってこともあるんですけどね。

  • [No Tag]

Comment[この記事へのコメント]

今の政府の道徳って 

  • 水葉 
  • URL 
  • at 2007.09.02 23:52 
  • [編集]
「バスに乗り遅れたのは自己責任。そんな悪いやつのためにルールをねじまげる必要はない」って感じじゃないのでしょうか。

道徳より哲学を、に、全面的に賛成。^^

うっ 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2007.09.03 08:58 
  • [編集]
すごくありそう(泣)
1分遅れたからその分の賠償金払えとか…

水からの伝言 

  • goldberg2006 
  • URL 
  • at 2007.09.09 21:41 
  • [編集]
試験管の水に「ありがとう」を見せると美しい結晶ができ、「ばかやろう」をみせると崩れたものになる。
体は7割が水で出来てるから、キタナイ言葉で体を汚さないように…
というのが「道徳」

友人が万引きした商品を「ありがとう」ともらうのと、「ばかやろう」とたしなめるのと、どっちが美しい行為だ…。
というのは哲学かな?

 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2007.09.09 23:49 
  • [編集]
goldberg2006さま、って×第2迷信さんですよね?

こういう場合、×第2迷信さんってお呼びしていいのかしら? でもリンクしてあるし、×第2迷信さんってお呼びします。

>体は7割が水で出来てるから、キタナイ言葉で体を汚さないように

こういうクソ似非科学を道徳教材に使おうなんて、キイイ
キャー 頭の中の水が沸騰しているようだわ、これはどうしたことでしょう(爆)

>「ありがとう」ともらう
そして、返しにいって店員につかまり、世の無常を知る、というのが美しい行為かと…

>えあしゃさん 

  • 村野瀬玲奈 
  • URL 
  • at 2007.10.19 00:04 
  • [編集]
>イラクの人質事件で、誰かが“自己責任”なる無責任なワードを出したらあっというまに広まった。

あ、その冷たく無責任な「誰か」が今総理大臣ですね、そういえば。

村野瀬玲奈おねいさま 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2007.10.19 09:05 
  • [編集]
>冷たく無責任な「誰か」
水葉さんのところで読むまで、これ誰だか忘れてたんですよね。
そうだったんですよね。。。また泣きたくなってきた。

ところで、、、、すごい昔のエントリーを探し出してきましたね(涙目)

Comment_form

管理者のみ表示。

Trackback[この記事へのトラックバック]

「いい加減」なお話

夜デカイ声でしゃべるのも、拳銃で人を脅すのも、同じぐらい悪いのだーっ!!に関連して、思い出したお話。 子どもが中学1年生だったか、2年生だったかの保護者会でのこと。 講堂での全体会で、今学期の総括みたいなお話が、生活指導の先生からあった。 遅刻が...

Menu

最近の記事 ▼

ブログ内検索 ▼

プロフィール ▼

FC2カウンター ▼

ブロとも申請フォーム ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。