ひねもすのたのた

とりあえず日常かな

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

バレエに行ってきました

おとといのエントリー、むちゃくちゃの文章ですが、
直す元気もなく、続きを書く元気もないので別の話。

昨日、久しぶりにバレエに行ってきました。

チビデブの私なんですが、子どもの頃からバレエをやってます。
小学生の頃、「バレエは空間の芸術なの!」と威張ったことも
(はじゅかちい@@)。
数年前、高校時代から15年のブランクを経てふたたび開始。

東京では週1、長期休みでしたが、いまは月1です。
お稽古場まで片道1時間半以上かかるため、そうそうは行けないのです。

昨日はなんとダルビー似の少年(といっても大学生くらい?)が
来ていて、けっこううれしかったりして。

もともと男の人はいるんですが、ジャンプとかドスンってするもんで
どーもね。。。。高く飛べばいいってもんじゃない。

その少年は背も高いし、姿勢やポーズもきちんとしていて、
ピルエットなんか軸がぶれずに3回転くらいしちゃって、
オバサンの私としてはキャー♪ですね。

バレエの世界では殿方はまったく優遇されています。
発表会なんかで、女性と組むと(女性の方が明らかにうまいにもかかわらず)
パートナー費などといって女性が男性に支払う、
なんてことがよくあるそうです。

熊川哲也が出てから少しずつ増えてきたものの、
やはりバレエをやる男性が非常に少ないためです。

だからたいしてうまくなくても、女性とパドゥドゥなんか踊ることもできるし、
お金ももらえちゃう。

まあ、逆にいえば、競争が少ないということは、「たいしてうまくないのに」、
と批判されたり(彼が悪いわけではない。ゴメンナサイ)、
自分なりの努力が欠けてしまう可能性もあるわけですが。
ま、でも男性である、ということで先生に注目されてきちんと
直してもらえるし、やっぱりいいよな~とも思います。

男性の踊りってかっこよいし、自分で踊りたいっていうのもちょっと嫉妬の原因かな。

そういうこともあって、本当にうまい男性を見ると、
けっこうドキドキしちゃうなあ。
めったに見れないものを拝めたワって。

ところで、バレエやっている女性はけっこうみんな年齢不詳です。
スタイルも姿勢もよいし、顔もしまっています(←アタシは例外)。

先生なんか全然わからん。。私より若いような気もするんですが、
雰囲気的にはもっと成熟している感じです。

そんなこんなで今後もバレエを続ける予定ですが、
次に引っ越すところにはもう少し近くに稽古場があるとイイナーっと。

  • [No Tag]

Comment[この記事へのコメント]

パートナー費て! 

  • 水葉 
  • URL 
  • at 2007.08.27 09:49 
  • [編集]
なんか高級ホストって感じ。(笑)

バレエなさっているんですね。
体やわらかいってうらやましい!!

私は立位体前屈マイナス15センチです。
ええ、足が長いもので。

 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2007.08.27 18:28 
  • [編集]
>高級ホスト
うーん、みんなダルビーくんみたいだったらそうなんですけどね(笑) ほとんどは床に汗ぼたぼたたらしているオッサンだったりするから。。(みんな真剣で感心なんですけど、汗ふいて!)

これたぶん、昔男性がさらに少なくて、プロや他の教室から男性を借りてきたときの名残じゃないかと思います。男性と踊るくらいの女性はほんとにうまいんで、「なんで私が払うのよ、払ってもらう方でしょ、プン」なーんて思っているかもしれません…

>足が長いもので
それでそのうつくしーい容姿でネトウヨの皆さんをノーサツしているんですね!(笑)

Comment_form

管理者のみ表示。

Trackback[この記事へのトラックバック]

Menu

最近の記事 ▼

ブログ内検索 ▼

プロフィール ▼

FC2カウンター ▼

ブロとも申請フォーム ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。