ひねもすのたのた

とりあえず日常かな

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

"疑惑の判定"に思う

高校野球の決勝。
佐賀北を応援していた相方が家に帰ってきて
ニュースで佐賀北が勝ったことを聞いて喜んだ。
相方は野球好きで、草野球もときどきやっている。

ところが、、、彼、ニュース映像を見ていて
「うわっ、これどう見てもストライクだよ」
しかも、その判定が2球も続いて四球。
続いて満塁ホームラン…

たしかにストライクをボールにとられちゃったら、
ど真ん中しか投げられないよね、、
そりゃホームランにもなるよね、、、、

相方によれば、その後の佐賀のときにはストライクを
ふつうにとっていたそうだ。。。。

メジャーでもね、ストライクゾーンが甘かったり、
厳しかったりというのはよくあるみたい。
でも、それはその審判の取り方で、
どちらのチームにも同じく甘かったり厳しかったり。

広陵の監督があまりにひどい判定だとメディアにコメントしたそうだ。
それに対して高野連が注意。

疑惑判定などとメディアで声高にいわれるようになると、
広陵だけでなく、佐賀北もかわいそう。。。。

でも、よりよい審判を育てていくためには、
そして同じような思いをする学生がもう出ないようにするには、
こそっと審判&高野連に苦言を呈することは
必要なのではないかな、と思う今日この頃でした。





  • [No Tag]

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。

Trackback[この記事へのトラックバック]

Menu

最近の記事 ▼

ブログ内検索 ▼

プロフィール ▼

FC2カウンター ▼

ブロとも申請フォーム ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。