ひねもすのたのた

とりあえず日常かな

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

これって信仰?

毎日新聞の発信箱に科学的ということという記事が載っていた。

戦後すぐの新聞に敗因は科学の弱さとする趣旨の記事が載ったそうな。
その記事は、
「女性が科学を理解しなかったこと、
いいかえれば母が科学を知らなかったことに原因するのです。
これからは子供の教育に科学をよく理解して、
小さい時から科学をよく知る少国民にしなくてはなりません」
と主張していたとか。

で、発信箱の玉木研二なる人物がいうには、これは信仰に近い、だって。

ん? 私にはごくごく普通の主張に聞こえますが。

科学的というのは、客観的、普遍的ということ。
だいたい客観的に考えて、アメリカに日本が勝てるはずはなかった。
山本五十六だって(無責任にも)1年だけは暴れてみせます、と言ったそうな。
それ以上はムリってことだよね。

日本でも仁科の研究所で原爆開発していたし、
レーダーの研究なんかもしていたはず。
(原爆は開発に成功しなくてよかったけど)。

でも、戦争末期にはカミカゼが吹くとか何とかいう精神論が幅をきかせ、
ほとんど耐久性のない飛行機に、前途を担うはずの
若者を乗せて特攻なんかを始めてしまった。

雪の研究で有名な中谷宇吉郎によれば、戦時中
「砂鉄を盛り上げて、そこにアルミの粉を加えて火をつけると、
純鉄ができる」などという精錬法がはやったそうだ。

この手法でたしかに鉄はできるものの、貴重なアルミニウムを
それ以上に大量に使わねばならず、その意味でまったく役に立たない。

ところが、日本政府はこの製鉄法を国策にしようとした、という話
(中谷宇吉郎 「千里眼その他」)。

……なんだか悲しくなってくる。

「科学ということ」の筆者が言いたいのは、
科学onlyじゃだめだということなのかもしれないけど、
別に誰も科学onlyしか意味はない、なんて言っていないよね?

メディアだって、(偏向はあっても)客観的な事実とともに、
それを経験した人たちの生の声を報道する。

それは車の両輪であって、どちらが欠けても十分なものにはならない。

被爆者たちの声はとても重要であり、それが核廃絶という
壮大な運動を引き起こしたことは確かだ。

でも、原爆の放射線量がどのくらいだったか、とか
(10年くらい前に当初見積もられていたよりかなり少なかったとする記事を見た。
これがもし正しければ考えられていたより生物に対する放射線の影響は大きいということ)
どんな遺伝子変異を引き起こしたか、ということだって、
きちんと調査しなくてはならないことだ。

日本人が簡単に口車に乗ってだまされないように、
自分自身で考えられる頭をもつようにするには
冒頭の「母親も科学を理解しなくてはいけない」という主張は
まったく妥当なものだと思うけど。

それとも女性は科学を理解しちゃいけないとでも?
いまはやりの“水の科学”とやらを何の疑問もなく信じておけ、って
ことなんですかね?

  • [No Tag]

Comment[この記事へのコメント]

 

  • ナナシ 
  • URL 
  • at 2007.08.23 16:00 
  • [編集]
その文章には不快感を持ちましたよ。
教育を母親だけに押し付けているようで。
女性は科学を理解しなくてもいいと思っているどころか全く逆です。
男女で違いを設ける事がバカバカしいと思います。

 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2007.08.23 22:41 
  • [編集]
ナナシさんへ

コメントの意味がよくわかりません。
その文章というのは、戦後すぐの記事のことでしょうか?

この記事を書いたのは女性だそうです。
この文章からだけではわかりませんが、私は彼女が教育を母親だけに押し付けているとは思いません。

彼女は単に自分たちも科学を理解し、子どもを教育しなくては、と自らを含めた女性を鼓舞したのだと思いますが?

男女で違いを設けることがバカバカしいとおっしゃいますが、女性が参政権や義務教育の権利を得て間もない頃であり、残念ながら女性はまだまだ差別されていたでしょう。
違いを設けたのではなく、作られた違いが存在していたのです。

科学的 

  • ×第二迷信 
  • URL 
  • at 2007.09.06 22:14 
  • [編集]
こんにちは。

「科学的な考え方」というのと、
「物理や化学のテストでいい点をとること」というのが混乱してる状況がありますね。

文系人間でも、科学的な考え方が基本でなくては。
「宗教」と「カルト」の差、ってのも同じようなレベルで存在するし。

 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2007.09.06 23:15 
  • [編集]
×第二迷信さん いらっしゃいませ(ペコリ)
いつもお名前は拝見しています。

>文系人間でも、科学的な考え方が基本でなくては

本当にその通りですね。
科学って基本的に論理性と実証性(こちらはときどき危ういけど)の学問だと思いますが、宗教にせよ歴史にせよ、論理性がないと議論ができませんものね。

…という私はときどき論理性がないと怒られています(笑)

ブログおもしろそうですね。今度あそびにうかがいまーす。

Comment_form

管理者のみ表示。

Trackback[この記事へのトラックバック]

Menu

最近の記事 ▼

ブログ内検索 ▼

プロフィール ▼

FC2カウンター ▼

ブロとも申請フォーム ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。