ひねもすのたのた

とりあえず日常かな

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

ピアノの練習

「音楽をやりたいっ!」と前々から言っていたミカンは
半年ほど前にピアノを習いはじめた。
赤バイエル(子供のためのバイエル 上)を卒業し、今年は黄バイエル(下)にようやく突入。

ところが最初からひっかかった。
8分音符のスケール的な曲をものすごく速く弾こうとしてひっかかる。
そんなに速く弾いたら弾けないのは当然と思い、
「もっとゆっくりでいいんだよ」と言ったら、
「それじゃあ4分音符と同じになっちゃうー」

どうやら彼女の頭の中には8分音符は短い、というのがインプットされているらしい。
それでこの曲のテンポ指定はモデラートなんだからそんなに速くないんだ、と言ったのだが、ダメ。
モデラートだったらこのくらいだから、8分音符はこの速さで…、と言ってもダメ。
とにかく速く弾きたがる。

そこでたとえ速い曲でも、弾けないときにはみんなゆっくりから練習しているんだよ、と言ったがやっぱりダメ。
うううーと思い、
「ぞうさん」を歌って、ほら、こんなにゆっくりの8分音符もあるでしょう?と言ってもダメ。

思いあまって近くの楽譜を出し、アダージオで8分音符をテンポ60くらいでとる曲を見せて
この曲はこーーーーんなにゆっくりの8分音符なんだよ、と言ってもダメ。

ミカンの頭の中には8分音符が華やかに乱舞しているらしく、
それより遅いテンポはどうしても受け付けないようだ。
あげくの果てレッスン直前にピアノの先生の家の前で「できないーーーー」と泣き出した。

レッスンでもものすごいスピードで弾こうとして挫折。でも
先生に「これはもっとゆっくりでいいんだよ」と言われると、
素直にゆっくり間違えずに弾き始めた。


……私のなだめたりすかしたりの苦労はいったい何だったんだ!!!
  • [No Tag]

Comment[この記事へのコメント]

お疲れさま 

ミカンちゃんにとって先生の権威は絶対なのですね.それがよいのか悪いのか,とにかくアダージオのときの例までしましてお疲れさまでした.
初心者はとかく急いでしまう傾向があるのか,「急ぐと転ぶ」と言われていることを宮本武蔵が述べてます.

急ぎすぎ 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2010.02.02 23:55 
  • [編集]
三ねんせいさん

> ミカンちゃんにとって先生の権威は絶対なのですね.

どうなんでしょう?
親にはワガママ、文句言い放題でも、外ではいい子ちゃんになりたい人のようですから(笑
最近は大人と子供の非対称性に気づいたらしく、
「なんで大人は自分が前に間違ったことあるはずなのに、子供が間違うと叱るの!?」とか
言うことだけは一人前になってきました^^;

> 「急ぐと転ぶ」
遠くの目標を見てしまうと気がせいて、逆に何もできなくなったりもしますね。
そのうちにミカンにも宮本武蔵を教えてあげましょう。

私も・・・ 

  • ありぎりす 
  • URL 
  • at 2010.02.03 09:00 
  • [編集]
私も母親の言うことは、たやすく信用しない子供でした。(^^;
なにせ私の母は、子供を上手に騙す(宥める?)親を有能と考える人でしたから。

う~む 

  • Ladybird 
  • URL 
  • at 2010.02.04 04:52 
  • [編集]
 さすが先生.
 どういう魔法を使ったんでしょうね.

Re: 私も・・・ 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2010.02.04 23:05 
  • [編集]
ありぎりす さん

大人の言うことに一定の疑問をもつことはとっても健全なことですね。

> なにせ私の母は、子供を上手に騙す(宥める?)親を有能と考える人でしたから。

でもこれはちょっと子供としては腹立ちますよね^^;

Re: う~む 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2010.02.04 23:11 
  • [編集]
Ladybird さん

>  どういう魔法を使ったんでしょうね.

ほんと知りたいですw
まあ、子供は親の言うことはきかないもんですね、はあ。

子どもは未来の希望 

  • 村野瀬玲奈 
  • URL 
  • at 2010.02.08 00:07 
  • [編集]
アイドルシンガーソングライターにして早弾きピアニストの誕生ですか!ますます将来が楽しみ!

ところで宮本武蔵ってミカンちゃんにとってピアノの先生以上の権威があるとも思えないのですが...。

早弾きはちょっとw 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2010.02.10 00:12 
  • [編集]
玲奈お姉様

ご無沙汰してますー 全然ブログも更新してないです。スマソです。

> アイドルシンガーソングライターにして早弾きピアニストの誕生ですか!ますます将来が楽しみ!

いやいやいやいやw
ミカンには着実な練習っていうのが難しいみたい。

最近は歌よりもメルヘンチックな話を作る方が好みのようです。

> ところで宮本武蔵ってミカンちゃんにとってピアノの先生以上の権威があるとも思えないのですが...。

宮本武蔵って何? それ食べられるの? って感じかも…w

ちょっと 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2010.02.10 00:17 
  • [編集]
出かけてきます。来週また?お会いしましょう。

急ぐと転ぶ 

  • ×第二迷信 
  • URL 
  • at 2010.02.12 21:25 
  • [編集]
人生、「後ろ向き」には歩きにくい。

 は、佐賀のがばいばあちゃん。(^^;)

急ぐときは 

  • Ladybird 
  • URL 
  • at 2010.02.15 03:00 
  • [編集]
>「後ろ向き」には歩きにくい。

-  練習が必要だ.

は,某バスケットボールのクラブ.

後ろ向き 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2010.02.16 22:51 
  • [編集]
×第二迷信 さん
Ladybird さん

「後ろ向き」は体力使います!

> 某バスケットボールのクラブ.

っていうのはわかりません!
全然関係ありませんが、ミカンは縄跳びの後ろ跳びが50回以上とべるようになりました。
冬休みにはやっとのことで5回とんでたのにね。

後ろ向き 

  • Ladybird 
  • URL 
  • at 2010.02.18 01:07 
  • [編集]
>某バスケットボールの

 「某」は余計でしたね.すみません.
 球技によっては選手は相当な速度で後ろ向きに走れる,という趣旨です.

>縄跳びの後ろ跳びが50回以上
 やりますね.これも練習しだい.

 後ろ向きに飛ぶ飛行機(尾翼が主翼より大きい)は昔から試作されていますが,あまりメジャーになれない.

Re: 後ろ向き 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2010.02.19 23:50 
  • [編集]
Ladybird さん

>  球技によっては選手は相当な速度で後ろ向きに走れる,という趣旨です.
あ、そういうことですか。
たしかに後ろ向きにぶいぶい走っていますよね、バスケットボール。
テニスなんかも後ろ向きに走れないとダメかも。

>  後ろ向きに飛ぶ飛行機(尾翼が主翼より大きい)は昔から試作されていますが,あまりメジャーになれない.

…何の役に立つのかわかりませ~ん。

ところで、沖縄で帰りの飛行機は翼の少し後ろに乗ったので、
フラップの動く様子がよく見えておもしろかったです。
三ねんせいさんとかなら、それによって気流がどう変化して飛行機がどう動くか
頭の中で自然に分析するんだろうなと思いました。
離陸時にフラップと翼本体?の間にすき間が空くんですね、知らなかった。

尾翼が主翼より大きい 

  • ×第二迷信 
  • URL 
  • at 2010.02.20 00:13 
  • [編集]
結局は「デルタ翼」になるんじゃなかろうか、と・・・。

 離着陸に開いたときは、「前」(主翼)が大、ですが。

「後ろ向き」といえば、フィギュアスケートのジャンプはすべて「後ろ向き」着氷です。
とぶときも、「前向き」は、「アクセル」だけで、
「4回転」と「3回転半」の難度(ポイント)は同じだったはず。
(安藤美姫は、4回転は跳べるのに3回転半が苦手だとか。)
  シロウトには、トリプル・アクセルだけは判るが、
「トリプル・ルッツと、トリプル・トゥループの区別がつかず。(4回転なのか3回転なのかさえ、超スローにしてもらわんと判らんし…) 

>縄跳びの後ろ跳びが50回以上

50回とべたら、体力の続く限り・・・?

後ろ向き 

飛行機のことはよく知らないけれど,翼の近くに席を取るとフラップやスポイラーの働きがわかって面白いです.
さて,後ろ向きといえば,煙突が後,運転席が前という蒸気機関車E10がありましたけれど,これもマイナーでしたね.奥羽本線板谷峠専用.電化されて不要になり短命でした.

後ろ向き 

  • Ladybird 
  • URL 
  • at 2010.02.21 03:52 
  • [編集]
>煙突が後,運転席が前という蒸気機関車

 そのほうが合理的ではあります.

>離陸時にフラップと翼本体?の間にすき間が空く

 失速を防ぐ工夫...かな?

>…何の役に立つのか

 原理的に可能ならば,それを実証してみたくなる,というような動機かも.やってみたら意外にこっちの方が良いぞ,ということになったら,制作者は「金鉱」を掘り当てたことになる.
 別の話ですが,羽ばたく飛行機は,さらにマイナーで終わっていますね.

Re: 尾翼が主翼より大きい 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2010.02.22 22:43 
  • [編集]
×第二迷信 さん

> 「後ろ向き」といえば、フィギュアスケートのジャンプはすべて「後ろ向き」着氷です。

そうですね。前向きで着氷したら新たな技として登録されるんでしょうか…

> 「4回転」と「3回転半」の難度(ポイント)は同じだったはず。

そうなんですか。たしかにジャンプで必要な高さは同じくらいに見えますね。
3回転はそれほど高くなくても、とべる選手はとべますけどね。

> 50回とべたら、体力の続く限り・・・?

体育のテストのときに跳んだそうで、合格したので途中で打ち切られちゃったそうです。
もっと跳びたかったーと本人は言っていました。

Re: 後ろ向き 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2010.02.22 22:50 
  • [編集]
三ねんせい さん

> 飛行機のことはよく知らないけれど,翼の近くに席を取るとフラップやスポイラーの働きがわかって面白いです.

今回、見ていておもしろかったです。
あらかじめもう少し勉強しておけばもっとおもしろかったのに、もったいなかったかも。

> さて,後ろ向きといえば,煙突が後,運転席が前という蒸気機関車E10

これはよさそうですねえ。客室に煙が入ってこないでしょうし。
北海道では1年に1回くらいSLに乗る機会があったのですが、
走っているときには別に気にならないのに駅に止まると煙かった…

Re: Re: 後ろ向き 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2010.02.22 22:53 
  • [編集]
考えてみたら、蒸気機関の煙突なら客室には関係ありませんね…

Re: 後ろ向き 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2010.02.22 23:06 
  • [編集]
Ladybird さん

> >離陸時にフラップと翼本体?の間にすき間が空く
>  失速を防ぐ工夫...かな?

そうみたいですね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E6%8F%9A%E5%8A%9B%E8%A3%85%E7%BD%AE
(高揚力装置)
に説明がありました。
この場合の剥離って意味わかりませんけど…。

>  原理的に可能ならば,それを実証してみたくなる,というような動機かも.やってみたら意外にこっちの方が良いぞ,

うーん。でもね、後ろ向きオンリーなら前向きオンリーと
違いはないような気がするんですけど…。
もちろん、尾翼と主翼をいまと変えるっていうのは
実験的にいろいろやる価値はあると思いますが、
なーんとなく納得いかない…

>  別の話ですが,羽ばたく飛行機は,さらにマイナーで終わっていますね.

そうですね。
でもこっちの方がどっちかといえば興味あります。
乗り心地は悪そうですけどね。

剥離とは 

正常な状態では空気が翼の表面に添って流れてゆきます.層流と呼ばれるきれいな流れです.ところが,機種を上げすぎたときなど,空気の流れが曲面に添いきれず剥がれます.と言っても真空になるのでなく,不規則に渦巻いた「乱流」になります.制御の利かない危険な状態です.
凧やヨットの帆で滑らかに風をはらまずばたばたするのをご覧になったことがあると思います.あれです.

E10 

>蒸気機関の煙突なら客室には関係ありませんね…
運転室は開け放しで,煙突にも近く,窓の閉められる客車より危険です.
E10の使われた板谷峠 (奥羽本線,庭坂~米沢) は幹線では信越本線の碓氷峠に次ぐ国鉄第二の急勾配.貨物列車を索くときなど速度が出ず,煙で難儀します.速度が上がれば煙は素速く後へ流れるのですが.
そこで前後反対みたいな機関車を作ったわけです.炭水車を設けず水タンクはボイラーの両脇に,石炭箱を先頭に備えてます.

さまざまな工夫 

  • Ladybird 
  • URL 
  • at 2010.02.23 05:49 
  • [編集]
>フィギュアスケートのジャンプはすべて「後ろ向き」着氷です。
 そう言われてみれば,確かにそうですね.
 フィギュア用のシューズは前縁にギザギザがあるのかな? だから前向き着地は難しいのでないでしょうか.
 後縁にギザギザのあるシューズを使えば良い.   (<おいっ!)

>乗り心地は悪そう
 鳥が飛ぶのを見ると,羽ばたいている割には体自体はあまり上下動がないように見えます.
 お奨めモデルはアマツバメ.翼全体で大きく羽ばたくことをしないで,指先をちょいちょいと動かして滑るように飛翔します.

>実験的にいろいろやる価値はあると思いますが、
 垂直離着陸機も昔からいろいろ工夫されてきたようですが...
 米軍が辺野古に配置したがっているという「オスプレイ」も,垂直に離着陸できるというだけの飛行機という気がします.どういう価値があるのやら.

 宇宙ロケットのほうは「水平離着陸機」の研究が進められているらしい.発射するたび大量の粗大ゴミを作る垂直離着陸方式に比べ,水平離着陸方式ならエコノミーでエコロジー.

宇宙ロケット 

  • ×第二迷信 
  • URL 
  • at 2010.02.24 22:08 
  • [編集]
着陸のほうは、スペースシャトルが滑空してますね。
離陸のほうは、あの巨大な燃料タンクを支えるだけの主翼が作れないんじゃ・・?

 SLの「後ろ向き」といえば、
「貴婦人」と呼ばれる、C57は、炭水車の両側に斜めのカットを入れて、
「後ろ向き」に走っても、先が見やすいようになってます。

 ちょっと小ぶりなC11(炭水車なし。本体の後ろに石炭を積む)は、ローカル線を走るのに、
転車台のない駅で折り返すから、よく「後ろ向き」で走ってたのを見ました。
(オッサンやな・・・)



Re: 剥離とは 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2010.02.24 22:32 
  • [編集]
三ねんせい さん

うわあ、わかりやすいご説明ありがとうございます。
イメージが浮かびやすいです。

層流の剥離ということなんですね。
流体力学も勉強するとおもしろいのかも…。
でも、あの記号だらけの公式をみると萎えるんですよね。
(ナビエ-ストークス方程式でしたっけ)

フィギュア 

  • ×第二迷信 
  • URL 
  • at 2010.02.24 22:33 
  • [編集]
バンクーバーの女子ショートプログラムを見ると、
コンビネーションで、「3回転半+2回転」の浅田真央より、
「3回転+3回転」のキム・ヨナのほうがポイントが上でした。
 トリプルアクセルの後のダブルトゥループが「おまけ」に見えるので、素人目でも「トリプルルッツ&トリプルトゥループ」のほうが美しい。

 組み立てとして、「トリプルアクセル」は、単独の大技だけに魔物ですね。

 「トリプルループ&ダブルトゥループ」の鈴木明子が、
着氷でこけそうになって手をついたわりには、けっこう点になってます。
 (オリンピック前に、にわか勉強する奴(^^;))

Re: E10 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2010.02.24 22:43 
  • [編集]
三ねんせい さん

賢いですね。前後反対にもこういう理由があったんですか!
もう廃止されてしまった碓氷峠の鉄道ですけど、
一度だけディーゼル車で引く列車に乗ったことがあり、急勾配に驚きました。
なんというか、重い車両を無理矢理引っ張り上げているという感じで…。
箱根登山鉄道の方が急らしいですけど、こちらは山岳鉄道のせいか軽量な印象がありますね。

Re: さまざまな工夫 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2010.02.24 22:58 
  • [編集]
Ladybird さん

>  後縁にギザギザのあるシューズを使えば良い.   (<おいっ!)

いいかもw
私、フィギュアのスケート靴持っていたんですが、滑るときにひっかかるんで、
前のギザギザ1個やすりで削りとりました。
ただ、あれで氷をひっかけて跳ぶんでしょうから、後ろにあったら踏み切れないと思う…。

>  羽ばたいている割には体自体はあまり上下動がないように見えます.
たしかに。それにうまく滑空を組み合わせていますよね。
ずーーっと飛びつづけるアマツバメですか。
指先をちょいちょい、っていうのはジェット機のフラップに似てますねえ。

>  宇宙ロケットのほうは「水平離着陸機」

スペースプレーンですね。
飛行速度が大きいので、機内に流入する空気を圧縮して
燃焼するラムジェットエンジンを使うんだっけ(昔ちょっと勉強したんですよ)。
個人的には大型飛行機の上にちびっちゃい飛行機を載せて、
そこから放り出すという親子ガメ形式がおもしろいとおもいました。
アントノフだかC130輸送機かなんかを使うというアイディアだったような。

でも普通のやつのが見た目はカコイイのら。
ゼンガーとかどうなっちゃったのかな。

Re: 宇宙ロケット 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2010.02.24 23:03 
  • [編集]
×第二迷信 さん

>  SLの「後ろ向き」といえば、
> 「貴婦人」と呼ばれる、C57は、炭水車の両側に斜めのカットを入れて、
> 「後ろ向き」に走っても、先が見やすいようになってます。

おお、考えていますねえ。

> 転車台のない駅で折り返すから、よく「後ろ向き」で走ってたのを見ました。

私たちの乗ってたのもそのまま折り返しバージョンでした。
帰りはディーゼル車がひっぱっていくんですよね。

Re: フィギュア 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2010.02.24 23:11 
  • [編集]
×第二迷信 さん

> 「3回転半+2回転」の浅田真央より、
> 「3回転+3回転」のキム・ヨナのほうがポイントが上でした。

キム・ヨナのジャンプは飛距離も長くてきれいに見えましたね。

加算点が高いのは当然と思いましたが、基礎点が3回転+3回転の方が高いというのが
ちょっと謎でした。
ってことは4回転+2回転より3回転+3回転の方が基礎点が高いのかなあ?
どういう基準で基礎点を決めているのかしら?

まあ、ムリに難しい技に挑む必要もないわけですが、
見ている方としてはやっぱり難しい技に挑戦する選手がいるとおもしろいわけで…。

斜め切り下げの炭水車 

>「貴婦人」と呼ばれる、C57は、炭水車の両側に斜めのカットを入れて

×第二迷信さま.57でなくてC56ですよね,ローカル線用の.小海線の主力でした.

流体力学 

私もナビエ・ストークスとかrot とかgrad とか見るとめまいがします.数学屋でも数理論理学専攻,証明の構造とかは細かく分析することになれているけれど,積分や微分方程式の計算に縁のない世界です.

碓氷峠 

>ディーゼル車で引く列車に乗ったことがあり、急勾配に驚きました。
横川・軽井沢館の碓氷峠,いわゆるヨコカル,険しいですよね.66.7パーミルで,80パーミルの箱根には及ばず,スイスなどにはもっと急勾配の登山電車もありますけど,幹線鉄道の途中にある勾配としては世界でもまれな急勾配だったと思います.座ってる向きの違いの感じられる勾配です.

碓氷峠にディーゼル機関車は通ってないのでディーゼルの「引く」のでなく電車みたいに分散動力の,つまり各車両にエンジンを備えたディーゼル車 (気動車) でしょう.

アプト式のときだったら碓氷を走れるのはキハ57に限られます.1963年のアプト廃止後ならキハ82だったかな,気動車特急白鳥などが走ってます.

C56 

  • ×第二迷信 
  • URL 
  • at 2010.02.25 23:21 
  • [編集]
三ねんせい様に指摘され、
調べたら、 たしかに、斜めになってるのは、C56のほうでした。

C56も57も、京都の梅小路機関車庫で動態保存されていて、
SL「やまぐち号」やら、「北びわこ号」やらに、どちらもよく出張してます。

以前、機関車館で「スチーム号」として観覧トロッコ車をひっぱってたことがありますが、(最近はD51らしい)
このとき、たしかに「貴婦人」の説明板(アナウンス録音)があったのに、「斜め」でした。
(機関車を入れ替えしたのに、ボードがそのままだったか?)

「北びわこ号」に乗ったときはC57だったはずなのに、そっちを覚えてないのがおっさんの記憶力…。

しかし、「1号機」が現役保存ってことは、かなりだいじに使われてたんでしょうか。「当たり」のマシンなのか。
(「出張」するのは、この2台だけのように思います)

 C11は、「公園の飾り」では時々見ますが、引退後、動いてるのを見たことがない。

誤変換の訂正 

正:横川・軽井沢間
誤:横川・軽井沢館

変わった炭水車 

>たしかに「貴婦人」の説明板(アナウンス録音)があったのに、「斜め」でした。
説明板の入れ替え忘れでしょうね.
普通と違う形の炭水車は,両脇を斜めに切り下げたC56と,底が丸みを帯びた「船底型」無台枠のD52だけです.

後ろ向き 

  • Ladybird 
  • URL 
  • at 2010.02.26 01:34 
  • [編集]
>後ろ向きに飛ぶ飛行機は…あまりメジャーになれない.
は私の認識不足.
 ×第二迷信さんの,
>結局は「デルタ翼」になる
が正しい.
 プロペラ機を後ろ向きに飛ばしたのがジェット機ですね.しっかりメジャーです.
 ただしデルタ翼というか,後退翼は,高速飛行に対する新たな工夫でしょう.

 えあしゃさん詳しいね.
>ラムジェットエンジン
>ゼンガーとかどうなっちゃったのかな。
ま,参りました.

>SLの「後ろ向き」といえば、
 ヨーロッパ(大陸)の鉄道は,英国や日本の鉄道と違って,ひと駅ごとに進行方向が逆転するので,全行程の約1/2は後ろ向きに走ることになります.たぶんSLの時代からそうだったのでは?

各駅停車? 

  • ×第二迷信 
  • URL 
  • at 2010.02.26 20:29 
  • [編集]
>ひと駅ごとに進行方向が逆転


スイッチバックの登山鉄道みたいに、線路が「Z」になってるんでしょうか?

あるいは、駅ごとに引き込み線が「T」に入るので、列車の進行方向が変わる?

転車台がないと、機関車の方向は変えられませんからねー。
(DLやELは、運転台が両方にあるので転車台不要。)

ELは両端に運転台がありますが、DLは真ん中にあるので、考えようによったら、どっちも「後ろ向き」になるのかも。

あ・・。 

  • ×第二迷信 
  • URL 
  • at 2010.02.26 21:02 
  • [編集]
>フィギュアのスケート靴持っていたんですが、滑るときにひっかかるんで、
>前のギザギザ1個やすりで削りとりました。

五輪で、浅田真央が、ひっかけてました!
弘法も筆の・・・? 

(カーリングでスイスの選手がこけたのも、珍プレー大賞でしたが。)

 削るぐらいなら、アイスホッケーの靴を履けば。
(今さらですが)

「5分でリンクに出られる、必勝法」だと、「先」はひっかけずにすみます(たぶん)

引き込み式 

  • Ladybird 
  • URL 
  • at 2010.02.27 02:11 
  • [編集]
>駅ごとに引き込み線が「T」に入るので、列車の進行方向が変わる?
 その通りです.ヨーロッパ(大陸)の駅は引き込み式になっています.
 あ,でも田舎の小さな駅は日本と同じです.

 それと,引き込み式の駅は改札口がない.

Re: 碓氷峠 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2010.02.27 23:09 
  • [編集]
三ねんせい さん

三ねんせいさんでもあの手の公式でめまいがするんですか。ちょっとほっとしました(笑

>座ってる向きの違いの感じられる勾配です.
そうそう、そうなんですよね!

> 各車両にエンジンを備えたディーゼル車 (気動車) でしょう.

あ、失礼しました! 碓氷峠に入る前に機関車を付けますとか言っていた気がして…
いろいろ勘違いしていたのかも。
たしか新幹線ができる少し前だったんですけれど、乗ったのは白鳥だったような気がします。

Re: 後ろ向き 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2010.02.27 23:19 
  • [編集]
Ladybird さん

>  プロペラ機を後ろ向きに飛ばしたのがジェット機ですね.
そうなんですか! 考えたことありませんでした。


> ま,参りました.

一時期けっこうまじにいろいろ調べたんですもん。
すっかり忘れましたけど。日本でも作っていたはず。
オイゲン・ゼンガーという人がドイツのスペースプレーンを考案し、
その後1990年代くらいに現代的なものを試作したんじゃなかったかな。
写真が格好よかったんで覚えています。戦闘機みたい。

> ひと駅ごとに進行方向が逆転する

…なんだかすごく効率が悪そうな気がしちゃいますね。
でも乗ると楽しいのかも。
江ノ電でもどこかで進行方向が変わりましたよね。

Re: あ・・。 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2010.02.27 23:25 
  • [編集]
×第二迷信 さん

> 五輪で、浅田真央が、ひっかけてました!

でしたねえ。
スパイラルなど前に体重がかかりそうなものですが、
ふだんはどうやってひっかからないようにしているのか不思議です。

> アイスホッケーの靴を履けば。
たぶんアイスリンクに子供用のアイスホッケーの靴ってなかったんですよね。
(北海道のリンクではアイスホッケーの靴しかなかったけど)
で、多少うまくなって買いたくなったときには
フィギュアの靴以外の選択肢は頭の中になかったということだと…

Re: 引き込み式 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2010.02.27 23:34 
  • [編集]
Ladybird さん

>  それと,引き込み式の駅は改札口がない.

電車の中で改札するんでしょうか?
北海道の近くの駅では電車にバスの運賃箱みたいのがついていて、
電車内で切符を出して降りたなあ。

碓氷峠 

アプト式でない時期ですね.そうすると,気動車ならエンジンをアイドリングにしてEF63の重連で押し上げてます.迫力あります.
新幹線のできる少し前というと,信越線はすでに全線電化できていたはずで,気動車の列車が通るのは北陸線に乗り入れるものなどに限られるはず,金沢行きでしたか?

ヨーロッパの駅 

  • Ladybird 
  • URL 
  • at 2010.02.28 03:45 
  • [編集]
>プロペラ機を後ろ向きに飛ばしたのがジェット機
 つまりジェットの推力は機体を後から押す.プロペラの推力は機体を前から引っぱる.
 引っぱっても「推す力」なのか?というツッコミは措いといて...
 だからプロペラを後に付けたらジェットと同じだ,という趣旨です.

>乗ると楽しい
 そうですね.どの駅も「終着駅」みたいな感じで風格があります.

>電車の中で改札するんでしょうか?
 それが謎なんです(笑).
 とにかく駅には自由に入れるし,どの車両にも自由に乗り込める.
 チケットは滅多にチェックを受けないけれど,受けたとき間違った車両に乗っていると(行き先間違いとか,2等のチケットで1等に乗っていたとかetc.),けっこうな罰金を取られるそうです.
 プラットホームに入場するために改札口を通過せねばならない英国式のほうが,日本人には利用し易いかも.

Re: 碓氷峠 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2010.03.01 23:08 
  • [編集]
三ねんせい さん

> 気動車の列車が通るのは北陸線に乗り入れるものなどに限られるはず,金沢行きでしたか?
うーん、どうでしょう? 
軽井沢でいちど降りてちょっと遊んで、その後で長野の上田に向かった覚えがあるんですけど。
どうもいいかげんな記憶ですみません><

Re: ヨーロッパの駅 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2010.03.01 23:12 
  • [編集]
Ladybird さん


>  とにかく駅には自由に入れるし,どの車両にも自由に乗り込める.

! それはすごい~ 列車がいたらそのまま車両に飛び込めるんですね。
あ、チケット買わないとダメか。
でも、間違っていると罰金をとられるっていうのは困るかも…
あせっていると、アナウンスも聞き間違いそうですし。

>  プラットホームに入場するために改札口を通過せねばならない英国式のほうが,日本人には利用し易いかも.

これなら逆向きに乗ることもなし?

昔の記憶 

  • ×第二迷信 
  • URL 
  • at 2010.03.02 21:41 
  • [編集]
と言っても、自分で乗ってないんですが。

>碓氷峠に入る前に機関車を付けますとか

急勾配を上るのに、電車の後ろから機関車で押す、というのがあったような・・・。

改札のない国だと、(ドイツだったかな)
いまのJRみたいに、ギリギリにかけこんで
「車内で買います!!」で乗り込むのは許されず、
悪気があろうとなかろうと「切符を買わずに乗車した事実」だけを基準に
「ペナルティ料金」を取られるんだとか。
   (これも、自身の体験なく言ってます)


 引き込み駅。特急列車は当然、「T」の上部分をまっすぐ通過するんでしょうねー。
 フランスのオルセー美術館が、駅舎の改造だそうですが、それが基本にあるのか、と納得しました。
(オルセー駅って、そんなにメジャーなステーションじゃあるまい、と思ってましたから)

新宿とか、京都とか、岡山とか、各方面行きの列車の発着駅はむちゃくちゃややこしそうですね。
線路のクロスを、「手動」でポイント切り替えは不可能?
(まさか、クロスさせずに「横」に広げることはあるまい)

碓氷峠の上り下り 

>急勾配を上るのに、電車の後ろから機関車で押す
そのとおりです.前,後ではなく坂の低い側につまり横川方にEF63を2両連結します.客車,貨車,電車,気動車に共通してそう決まってます.
アプト式のときはED42を軽井沢方に1両,横川方に3両でした.

Re: 昔の記憶 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2010.03.03 22:11 
  • [編集]
×第二迷信 さん


> 急勾配を上るのに、電車の後ろから機関車で押す、というのがあったような・・・。
おお、そうだったのかも?

> 「車内で買います!!」で乗り込むのは許されず、
これができないのは辛いですよね。


> 新宿とか、京都とか、岡山とか、各方面行きの列車の発着駅はむちゃくちゃややこしそうですね。

どういうふうに管理しているんでしょうね。でも間違えないからすごい…
以前、おさるのジョージ(アニメ)が線路の切り換えをしていたなあ。すごくうまかったw

Re: 碓氷峠の上り下り 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2010.03.03 22:13 
  • [編集]
三ねんせい さん

> 坂の低い側につまり横川方にEF63を2両連結します.客車,貨車,電車,気動車に共通
> アプト式のときはED42を軽井沢方に1両,横川方に3両でした.

すごいですね。やっぱりあれだけの傾斜を登るのですものね。
廃止前に乗っておいてよかったです。
記憶があいまいなのが残念。

乗りたい放題チケット 

  • Ladybird 
  • URL 
  • at 2010.03.04 02:47 
  • [編集]
>碓氷峠
 アプト式を採用する以前の歴史があるんですね.急勾配は鉄道技術者の頭痛の種?

>オルセー駅
 ウィキで調べてみたけど複雑怪奇.
 メトロの駅かと思ったけれど,フランス国鉄の駅なんですね.

>「車内で買います!!」で乗り込むのは許されず、
 日本人旅行者がヨーロッパ(大陸)の鉄道を利用するには,ユーレイルパスを使うと思います.若者向けの廉価なユーレイルパスもありますが,これは2等にしか乗れない.
 間違えて乗車したときのペナルティを考えるなら,1等にも乗れるユーレイルパスにしておく方が安全です.

鉄道の急勾配 

>アプト式を採用する以前の歴史があるんですね.
あ,書き方が紛らわしかったかな.すみません.
碓氷峠は当初からアプト式でしたが,1963年に複線化するときにアプトを廃止して普通にレールと車輪の摩擦力だけで駆動する方式に切り替えました.
アプトのときは列車重量350トン,速度十数km/hの制約あり,しかも電車や気動車は通れない (床下の機器が歯形レールに引っかかる) 問題もありました.
500トン,35km/h,電車・気動車も通し,横川・軽井沢での機関車付け替えの時間も節約する目標でEF63という碓氷峠専用の電気機関車が作られました.
技術的には新幹線よりよほど面白いです.停電しても利く電気ブレーキ等々,碓氷峠独自の技術のてんこ盛り.

アプト式 

  • Ladybird 
  • URL 
  • at 2010.03.05 03:12 
  • [編集]
>1963年に複線化するときにアプトを廃止
 なるほど.ありがとうございます.
 アプト式のほうが古いと考える方が,直観的に理解し易いと思っていました.

>停電しても利く電気ブレーキ
 車輪の回転を止めても,車輪とレールの間のすべりはどうするんだ? という気がします.

滑るな 

>車輪とレールの間のすべりはどうするんだ?
さすがに目の付け所がいいですね.まさにそこが設計上の一番の問題だったそうです.開通前の試運転でも,レールを濡らしたりして急勾配での停止・発進を何度も繰り返していました.
まず動輪6軸 (2軸台車×3) の他に速度検出専用の車軸・車輪を備えこれには荷重をかけず動力も制動もなく滑らぬようにして速度 (回転数) を測ります.6つの動軸それぞれにも回転計を備え,速度センサーとの差を見て滑ったらその軸だけすぐに動力や制動を
自動的に弱めるようにしてます.
発進加速を滑らかにするため,最初の数段だけ自動加速にしてます.電車はふつう自動加速ですけど電気機関車の自動加速は他に例がありません.
バイクで急制動すると前が沈み急加速すると前が浮くように,台車の前または後が浮き気味になることがふつうはあるのですが,それを防ぐ機構を備えています.

Re: 乗りたい放題チケット 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2010.03.06 11:42 
  • [編集]
Ladybird さん

>  ユーレイルパスを使うと思います.
ほおおおお
そうなんですね。
そういえば、旅行会社に元上司のヨーロッパ行き(ドイツ-フランスetc)を
手配したときにもユーレイルパスを使うかと聞かれたなあ。
現地の人の車を使うことになっていたので断りましたけど。

×第二迷信さんのレスに書き忘れたけどオルセー美術館が駅の改装とはびっくりでした。

Re: 滑るな 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2010.03.06 11:54 
  • [編集]
三ねんせい さん
Ladybird さん

すでにして話に全然ついていけませんが(笑

碓氷峠の機関車すごいですね。
停電してもきく電気ブレーキなんて本当にびっくりです!
廃止のときにずいぶん反対意見もあったそうですが、
それもうなずけますね。
あれは経験する価値があると思いますもの。
小説でも碓氷峠越えはときどき出てきますよね。
鉄道遺産か何かにすればよかったのに。

碓氷峠の機関車 

話が難しくなっちゃってごめんなさい.
>鉄道遺産か何かにすればよかったのに。
ほんとうにあれだけ考え尽くして作ったもの,技術遺産として大切に保存する価値があります.
機関車EF63だけは幸いに横川の碓氷鉄道むらに動態保存していて,ゆるい勾配の数百メートルの線路を走らせてます.講習を受ければ運転させてもらえます.若かったら行ってたかも.
しかし,500トンの列車を索いて急勾配を下りてくる勇姿はもう見れません.

Re: Re: 滑るな 

  • Ladybird 
  • URL 
  • at 2010.03.08 01:26 
  • [編集]
>滑ったらその軸だけすぐに動力や制動を
自動的に弱める
 コンピュータ制御ですか.それにしても薄氷を踏むようなイメージがありますね.全部の車輪が一斉に滑ったらどうする? とか,思ってしまいます.

>現地の人の車を使うことになっていた
 クルマは便利ですが,鉄道旅行も良いですよ.全行程でなくても,ちょこっと鉄道を使いたい時でもユーレイルパスはお奨め.

>技術遺産として大切に保存する価値
 その通りだと思います.

アナログ技術 

>コンピュータ制御ですか.
1963年に組込用マイクロコンピューターはなく,全くのアナログ制御です.今の若い人は何でも組込マイコンのプログラムで解決しちゃうから,あれだけのアナログ制御回路の設計はできないでしょう.

>全部の車輪が一斉に滑ったら
その問題があったからこそ,滑らない速度センサー車軸を設けて,動軸一本ずつにセンサーとの差に応じて制御する回路を備えてます.それでも滑ったら特殊ブレーキで止めてしまいます.
レールが濡れるのはあたりまえ,冬には霜が降りることもまれでない地域だけれど,滑って動けなくなった例を聞いたことがありません.

Re: 碓氷峠の機関車 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2010.03.08 23:17 
  • [編集]
三ねんせい さん

全然わからないなりにおもしろいです^^

> 機関車EF63だけは幸いに横川の碓氷鉄道むらに動態保存していて,ゆるい勾配の数百メートルの線路を走らせてます.講習を受ければ運転させてもらえます.

おおおお、おもしろそうですね!
これは鉄っちゃんたちの聖地かも。
三ねんせいさんも若かったらとおっしゃらず、ぜひぜひ。

> しかし,500トンの列車を索いて急勾配を下りてくる勇姿はもう見れません.
これはすごいでしょうね…
いちど見てみたかったです。

Re: Re: Re: 滑るな 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2010.03.08 23:21 
  • [編集]
Ladybird さん


>  クルマは便利ですが,鉄道旅行も良いですよ.全行程でなくても,ちょこっと鉄道を使いたい時でもユーレイルパスはお奨め.

ワタシが行くんだったら鉄道になっていたと思いますがw
鉄道は情緒がありますよね。
行った上司も車で700キロ移動はかなり体に応えたようで、
後でブツブツ文句を行っていました。でも、本人がそうするって言ったんだもんね。

Re: アナログ技術 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2010.03.08 23:27 
  • [編集]
三ねんせい さん

> 1963年に組込用マイクロコンピューターはなく,全くのアナログ制御です.

アポロの時代ですもんね…。最先端のものだけにコンピューターが使われた時代。

> 滑らない速度センサー車軸を設けて,動軸一本ずつにセンサーとの差に応じて制御する回路を備えてます.

うわーすごいですね! 設計する人は大変だけどワクワクしたのではないでしょうか。
雪でも霜でも動くならいまの山の手線よりも上かも。

滑らないEF63 

>設計する人は大変だけどワクワクしたのではないでしょうか。
そう思います.苦しくとも楽しい設計だったと思えます.
乗っていて経験した例では,雨の日に中央線の電車が滑ったり,信越線の上り急勾配でD51が滑ったりというのが何度かあります.
ところが,何度となく通った碓氷峠でEF63が滑ったり滑りそうになったりというのを経験してません.架線にまでひどい霜が付いてパンタグラフがしゃりしゃり音を立ててるときでさえ,実に安定した走りでした.
受験生のお守りにEF63の模型とか,売れないかな?

クルマ旅行も面白い 

  • Ladybird 
  • URL 
  • at 2010.03.10 03:03 
  • [編集]
>全くのアナログ制御
 それはスゴい事ですね.

>碓氷峠でEF63が滑ったり滑りそうになったりというのを経験してません.
 ますますスゴい.

>車で700キロ移動はかなり体に応えたようで、
 みんな高速走行ですからね. 100km/h 程度でトロトロ行っていたら,びゅんびゅん追い越されます.「そうか,ここは高速道路なんだ」と思っていたら,脇道からクルマが飛び出して来たり...
 おまけに右側通行,左ハンドル.

マスコット 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2010.03.10 23:43 
  • [編集]
三ねんせい さん

> 架線にまでひどい霜が付いてパンタグラフがしゃりしゃり音を立ててるときでさえ,実に安定した走りでした.

おお、すごいですね。
コスト面の問題はあるでしょうが、冬になると必ず積雪でストップする関ヶ原とか
見習ったらどうだろうか?(と安易に言ってみる)

> 受験生のお守りにEF63の模型とか,売れないかな?

ふふ(笑 なんとなくターゲットではなく、別の層に大人気のような気がしますね。
というか、ワタシもほしいかもw

でもこわそう… 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2010.03.10 23:47 
  • [編集]
Ladybird さん

運転はドイツ人がしたそうなんですが、ふだんアウトバーンを走っている輩ですからね、
そのスピードにまいったそうです。
と、車のサスペンションw

> 脇道からクルマが飛び出して来たり...

ふえーこれは勘弁です。信号を忘れるのは北海道と同じかな…?

速度制限のない道 

  • Ladybird 
  • URL 
  • at 2010.03.11 02:44 
  • [編集]
>運転はドイツ人
 それは怖い.
 昔,シューマッハというドイツ人F1レーサーが英国の高速道路でスピード違反で捕まったことがあるそうです(英国では高速道路でも速度制限があります).
 捕まえた警官がこう言ったとか,言わなかったとか...
「何という速度で走ってるんだ.お前はナイジェル・マンセルのつもりか!」
 マンセルは当時の英国人F1レーサーです.

>車のサスペンションw
 ドイツ車ですか?

Re: 速度制限のない道 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2010.03.13 00:45 
  • [編集]
Ladybird さん

> 「何という速度で走ってるんだ.お前はナイジェル・マンセルのつもりか!」

さすがイギリス人w

でもいまではアウトバーンでも制限速度があるんでしたよね?
ま、日本に比べれば全然問題にならない制限速度…

>  ドイツ車ですか?

たぶんフランスの車ではないかと…

速度制限 

  • Ladybird 
  • URL 
  • at 2010.03.13 04:20 
  • [編集]
>いまではアウトバーンでも制限速度があるんでしたよね?
 そうですか.知りませんでした.
 ドイツ車は「速度制限のない国」のクルマだというのをウリにしてきたのかと思っていました.
 しかし安全のため,やっぱり速度制限は必要だと思います.

 冬期オリンピックの競技も,ひとつ間違えば生命にかかわるほど危険な速度に達するものがありますね.まさか「速度制限」は設けないと思いますが,コースを工夫して速度を抑えることは可能でないかと思います.こんなこと書くと関係者に叱られる?

Re: 速度制限 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2010.03.13 22:43 
  • [編集]
Ladybird さん

えーと私もくわしくないので、ウィキってきました。

>速度無制限区間は路線全体の約60%

だそうです。それでもまだ半分以上無制限のところがあるんですね…

>  冬期オリンピックの競技も,ひとつ間違えば生命にかかわる
> コースを工夫して速度を抑えることは可能

今回は練習中にリュージュで1人亡くなりましたよね。
で、競技本番ではコースの高低差を少し小さくしたそうです。

アルペンが好きでよく見るのですが、競技者が転ぶと本当にぞっとします。
自分で立ち上がるのを見てどんなにほっとするか…

こういう競技を好きになった子の親はつらいだろうなと思うんですよね…。
子供には好きなことをやらせてあげたい、
しかしケガはさせたくない。
最終的には子供の判断に任せることになると思うのですが、
冬のオリンピックを見るといつもムスメが少々運痴でよかったなと感じてしまうんですよね。
まあ運動神経が抜群でも、運痴でも、ケガをするリスクがあることは同じですけれども。

危険度 

  • ×第二迷信 
  • URL 
  • at 2010.03.17 22:36 
  • [編集]
アルペンは、まだ「斜面」だから、こけても滑落しながら止まるんですが、
リュージュの事故は、コースアウトして鉄柱に激突でした。
ボブスレーも、よく転倒してましたが、鉄のソリの下敷きになりながら、頚が折れそうなのがヒヤッとします。

しかし、「リュージュ2人乗り」って、五輪種目唯一だと思う「男女フリー」(トリノでは男子のみ)
 コースが違うのかどうかわかりませんが、男子1人乗りの優勝タイムが48秒台なのに、女子1人乗りのタイムが41秒台。「2人乗り」のタイムも41秒台。

兄弟チームが活躍してましたが、アイスダンスみたいに姉弟チームや、夫婦チームが参加するんだろうか? と、期待します。

  日本では、マイナー競技の支援削減の方向だから、無縁でしょうが。

ジャンプの秋元選手が複雑骨折の後「奇跡のカムバック」したのがもう20年以上前ですねー。
K点を超えたらかなり危険ですね。
(それまでは、やはり、「斜面」に落ちるから、見た目ほど?  いや、私はようしませんが)

あまり危険なのは問題 

  • Ladybird 
  • URL 
  • at 2010.03.20 04:23 
  • [編集]
 F1では選手はプロですから組合?がきちんと要求して危険を回避するような努力がされているわけですが.
 オリンピックでは選手はアマチュア?で,安全性の面であまり要望が出せない立場にあるとは言えないでしょうか.

Re: 危険度 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2010.03.20 23:43 
  • [編集]
×第二迷信 さん

> 鉄のソリの下敷きになりながら、頚が折れそうなのがヒヤッとします。
ほんとに見ていて怖いですよね。
アルペンも、バーンでしかも凹凸激しいですから滑落が半端じゃないときがあって。
いったん止まりかけたのに網を張ってある柱にぶつかって、さらに…とか、
ジャンプのところでバランス崩して上から叩き付けられるように落ちたりとか、
今回は怖い転倒が多かったです。


>  コースが違うのかどうかわかりませんが、男子1人乗りの優勝タイムが48秒台なのに、女子
1人乗りのタイムが41秒台。「2人乗り」のタイムも41秒台。
2人乗りはよく知らないのですが、1人乗りは女子はスタート地点が
少し低くなっていたはず。

>   日本では、マイナー競技の支援削減の方向だから、無縁でしょうが。

てか、マイナー競技はいつだって個人で必死でかき集めてという感じでは?
メジャー競技の選手は支援相当もらっておいて、削減反対!ですから
ちょっと腹が立ちます。メジャー競技は自分で企業にはたらきかけて
金集めろと。
まあ、ジャンプの選手なんかもいまは所属企業を探して大変なようですけどね。
冬はだいたいマイナーだなあ…

> ジャンプの秋元選手
ううむ、よく覚えてないです…
札幌の大倉山でバッケンレコード出し、その後大ケガして復帰した金子選手が
私たちが見にいった2年ほど前にちょうど引退でした。
目印に看板が立っていて、いやこんなことまで跳んだんだーとちょっと感動。

Re: あまり危険なのは問題 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2010.03.20 23:50 
  • [編集]
Ladybird さん

> アマチュア?で,安全性の面であまり要望が出せない立場にあるとは言えないでしょうか.

なんというか、オリンピックって勝つことがすごく重要なんですよね、見ていると。
リュージュの選手が、自分の技術を出して勝つために、危険でももとの高い位置から
スタートにさせてほしかったみたいなことを言っているのを聞いてちょっとぞくっとしました。

プロはそれで稼いでいるわけですから、自分が生きていくことがまず前提で
その上で勝って賞金を積み上げる、という視点だと思うのですが、
オリンピックのアマチュア選手は、勝つが第一にあって、
安全は二の次のような。
単に私の感じ方かもしれませんが…

コメント 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2010.03.20 23:51 
  • [編集]
お返し途中ですが、眠いのであしたー スマソですー

アマチュア選手 

  • ×第二迷信 
  • URL 
  • at 2010.03.21 18:52 
  • [編集]
オリンピックも、商業主義が前面にあるので、
「スポンサーがつく」のが至上なんですよねー。
だから、地味に勝つような競技は困る…。

(カルガリー五輪の頃は、フィギュア「規定」というのがありましたが、地味にジャージで滑ってる伊藤みどりは、ニュースの写真で見るだけで、中継どころか観客もなし。)

「支援」というのが、強化選手の遠征とか、「メダル獲得」のための支援であって、「競技そのものの支援」になってない。

たとえば、地元の高校生が自由に滑れるスキー場やらリンクやらがあってこそ、「裾野」が広がります。
し、インターハイの参加費など。(高校の部活からオリンピックが目指せない)
 情けないことに、苗場でインターハイ出場選手から「リフト代」を取ってました。
 (オリンピックは、会場内でコークやマクドがフリー…との差。)

Re: アマチュア選手 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2010.03.22 22:56 
  • [編集]
×第二迷信 さん

> 「支援」というのが、強化選手の遠征とか、「メダル獲得」のための支援であって、「競技そのものの支援」になってない。

たしかにそうですよね。フィギュアでも1年中滑れるリンクが
いまではずいぶん減ってしまったそうですし。

愛媛はボードの若い選手層が厚いのですが、
これはアクロス重信という屋内のハーフパイプ専用施設をつくったからなんですよね。
オーナーが競技者を育てるために全長を100mにしたそうです。
それだけで世界に挑戦できる選手が出てくるわけですから…

>  情けないことに、苗場でインターハイ出場選手から「リフト代」を取ってました。

これはあまりにひどいですね…。
何を考えているんだか。

リフト代 

  • Ladybird 
  • URL 
  • at 2010.03.23 07:26 
  • [編集]
>  情けないことに、苗場でインターハイ出場選手から「リフト代」を取ってました。

 冗談みたいな話ですね.

Comment_form

管理者のみ表示。

Trackback[この記事へのトラックバック]

ご紹介します。とっておきの唄。 踊りだしたくなるんだ!そして、もひとつの ちろ国宝。

結構前に、ちろんち(実家)にホームステイしてたアナマリアが持ってたミュージックテープの中の1曲。MPBに興味を持つきっかけになった曲のひとつです。とても軽快な曲!脳天気(笑)。ちろ、大好き(笑)。自己流で踊りたくなる!一緒に踊ろう!画面、クリックしてね...

Menu

最近の記事 ▼

ブログ内検索 ▼

プロフィール ▼

FC2カウンター ▼

ブロとも申請フォーム ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。