ひねもすのたのた

とりあえず日常かな

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

言ったな?

今日は長崎原爆投下の日。
ニュースを今日は見なかったので、広島のときの麻生の演説について
覚え書きをしておこう。

「非核三原則を堅持し」
と麻生は言った。たしかに言った。

ところがその夜のニュースによれば、麻生は
「日本にはアメリカの核の傘が必要だ」とのたまったそうな。

核の傘が必要、と公言することは
非核三原則のひとつ「核を持ち込ませない」を破る可能性がある、と
示唆しているようなものだろう。
実際、日米間の核の持ち込み密約が先日報じられた。

麻生は、日本に核の傘が必要だと主張するなら、
非核三原則を破ります、と言って自分の態度を明確にすればいいのに。
広島・長崎の市民や、平和を望む多くの国民の批判をまっこうから受け止められないんでしょ。

そういう麻生が平和を望むと言っても
誰も信用しない。
  • [No Tag]

Comment[この記事へのコメント]

作文棒読み 

  • Ladybird 
  • URL 
  • at 2009.08.10 03:43 
  • [編集]
 これほどお祖末な人が,まだ20日間も首相でいるんですね.そのことの方がよほど国民の安全をおびやかしている気がします.

それどころか・・・ 

  • ありぎりす 
  • URL 
  • at 2009.08.10 08:43 
  • [編集]
既にご存知でしょうが、
『憂慮する科学者同盟』の上級アナリスト、グレゴリーさんがおっしゃるには、
  「日本の外務省、防衛省など安保外交政策を担当する官僚が、
   『米政府は核政策を転換しないように』と訴えている。」
  のだそうです。
   「大脇道場」
   http://toyugenki2.blog107.fc2.com/blog-entry-1321.html

非核三原則 

そもそも非核三原則というのが,はじめから私にはいかがわしく感じられます.二原則はいいとして第三の原則はどうやって保証するんだという疑問に答のないまま何となく決まっちゃった感じです.
いま,核の傘をやめないでくれとか,もっとひどいのは核武装しようとか,物騒なことです.

三原則 

  • Ladybird 
  • URL 
  • at 2009.08.11 02:30 
  • [編集]
 のっけからウソだったようですから,保証も何もあったものじゃありません.これほど政権政党や役人がウソをついて平気でいられる国というのもスゴい.

>核の傘をやめないで
 唯一の被爆国のお役人様が,米国にそう懇願したそうですね.
 日本をあの戦争に駆り立てたものは,役人が国を仕切るようになったからだ,と司馬遼太郎が書いていました.

視線は紙 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2009.08.11 22:38 
  • [編集]
Ladybird さん

しっかり官僚の作文を心入らず読んでましたね。

> まだ20日間も首相でいるんですね.
ほんとにうんざりですし、
緊急時にはほんとに恐ろしい。

だいたい医者はなんとかとか、株屋はなんとか、とか
立場をわきまえずに自分の思いついたことを垂れ流す人間に
各国との微妙な交渉ができるとは思えないですね。
…通訳が苦労するんだろうなあ。

情報ありがとうございます 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2009.08.11 22:42 
  • [編集]
ありぎりす さん

>   「日本の外務省、防衛省など安保外交政策を担当する官僚が、
>    『米政府は核政策を転換しないように』と訴えている。」

気分が悪くなってきますが、さもありなん、ですね。
官僚は頭はよいはずなのになぜ歴史に学べないんでしょうね。
核の危機は第二次世界大戦後何度もあったのに。

佐藤栄作 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2009.08.11 22:53 
  • [編集]
三ねんせい さん

> 第三の原則はどうやって保証するんだという疑問に答のない

そうですね… 実際に守っているかどうか国民にはわかりっこない。
実際、非核三原則を打ち上げた当人が、
アメリカの核持ち込みを認めたわけですものね。
ノーベル平和賞も受賞して…

ノーベル財団の説明をいまちらちら見てむなしくなりました。 
ttp://nobelprize.org/nobel_prizes/peace/laureates/1974/press.html
日本は彼のノーベル平和賞を返上したらどうでしょうね?

Re: 三原則 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2009.08.11 22:59 
  • [編集]
Ladybird さん

>  これほど政権政党や役人がウソをついて平気でいられる国というのもスゴい.

しかも、都合の悪い記録はどんどん捨てる…

アメリカってとんでもない国ですが、それでも情報公開に関してはすごいと思います。
機密文書でも決まった年数が過ぎたら必ず公開されますものね。

>  唯一の被爆国のお役人様

さすがお役人様… 

> 役人が国を仕切るようになったから

それだけとは到底思えませんが、お役人様は目先のことしか見ず、
歯車をどんどんまわしてしまうのですよね。
むやみな回転を止めて明確なビジョンを与えるのが政治の役割のはずですが。

ノーベル平和賞 

  • ×第二迷信 
  • URL 
  • at 2009.08.12 22:59 
  • [編集]
ベン・ジョンソンの金メダルみたいに、「剥奪」でも当然だと・・・。
(それが嫌なら、キッチリ始末せんかい・・・)

ついでに、 

  • ×第二迷信 
  • URL 
  • at 2009.08.13 20:28 
  • [編集]
「傷跡」を「しょうせき」と・・・

単なる読み間違い、のレベルなのか?
アタマに「言葉の意味」が入ってるかどうかの問題なんだろうなあ。

意味わかってないね 

>「傷跡」を「しょうせき」と・・・

×第二迷信さんの仰るとおり,読み違いっつーレベルじゃなくて意味が頭に入ってるか問題ですよね.選挙の応援に行って「セキハイを期して」って言っちゃうんだから.
http://www.mypress.jp/v2_writers/hotori347/story/?story_id=1840936

でも意外と…。 

  • naoko 
  • URL 
  • at 2009.08.14 04:48 
  • [編集]
‘日本がアメリカの「核の傘」で守ってもらってる’って、一般に説得力ある言説として、通っているんですよね。
日本の安全は、アメリカの軍事力のおかげ?
だとしたら、超大国アメリカと軍事同盟結んでいない国は、自前で核武装しなけりゃと考えるのは当然と言うことになって…。
ということは、北朝鮮の積極的な核武装を、アメリカの「核の傘」に恩義を感じている日本人は、逆に責められないと思うんですよ。
同じ立場に立ったら、自分もするよ、という感じで。
そうして核武装国家が増えていくこともやむなしと言う近未来ビジョンに立つのなら、それなりに筋は通るけど…。
そこで、北朝鮮の核武装は非難するというんじゃ、とっても自己中で、身勝手な理論。

北朝鮮の核武装を非難するなら、戦略核兵器、世界総計2万5000発中、1万4000発保有のロシアと、1万500発保有のアメリカをまず非難すべきだよね。

オバマさんも「双方1800発づつに」とか言わず、「とりあえず5発づつにしよう」とか提案すりゃいいんだ!
そうすりゃ、一気に核軍縮が進むのに!

こんどは 

  • ×第二迷信 
  • URL 
  • at 2009.08.16 10:25 
  • [編集]
平和をキキョウ?  危恐(○。○)

Re: ノーベル平和賞 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2009.08.16 22:02 
  • [編集]
×第二迷信 さん

残念ながらノーベル賞では剥奪はありませんものね。
ウソつき日本政府ということで恥ずかしくないのかなあ。

言い間違いもね、、1つや2つなら間違えて覚えていたのかな、とも思うんですけれど、
これだけ多いとなんというかかんというか、
一国の首相には言いたくない言葉を進呈したくなりますね。
うましか、と。

Re: 意味わかってないね 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2009.08.16 22:05 
  • [編集]
三ねんせい さん

> 選挙の応援に行って「セキハイを期して」って言っちゃうんだから.

応援された人が泣いちゃいますね。
「セキハイを期して」なんて言われると、頭が一瞬ぽかーんとなって
本当は何だったのか度忘れしてしまうーーーー

たしかに… 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2009.08.16 22:18 
  • [編集]
naoko さん

そうですよね。
核の傘がある、ということはnaokoさんのおっしゃる通り、
それに対する核武装を容認することですものね。
北朝鮮がアメリカとなぜ直接対話を望むかといえば、
アメリカを恐れているからで…。

一方が他方を威圧する力が強ければ強いほど、
その脅威から武装しようという欲求も強くなっていきますよね。
核の傘と簡単に言う人々は“アメリカの戦争”に
日本が巻き込まれる覚悟はあるのか、と言いたいです。

> そこで、北朝鮮の核武装は非難するというんじゃ、とっても自己中で、身勝手な理論。
現実にすでに保持しているイスラエルをアメリカは擁護していますしね。

核の均衡が危ういことは歴史的にも証明されているので、
やはり双方核武装による均衡ではなく、軍縮と核放棄をめざしたいですね。

> 「とりあえず5発づつにしよう」とか提案すりゃいいんだ!

これはいいかも!
はい、次5発ね! はい捨てました~とどんどん進むかも。

えっ??? 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2009.08.16 22:20 
  • [編集]
×第二迷信 さん

> 平和をキキョウ?  危恐(○。○)
帰郷? 桔梗? 奇矯???

希求って言いたかったのか? 泣きたくなりますね…

お,帰って来ましたか 

  • Ladybird 
  • URL 
  • at 2009.08.17 01:49 
  • [編集]
>> 役人が国を仕切るようになったから

>それだけとは到底思えませんが、お役人様は目先のことしか見ず、歯車をどんどんまわしてしまうのですよね。

 私も軽く見ていたのですが,このところNHKが戦中ものの特集やドラマをよくやっているし,関連するブログもよく見ます.そのたびに旧日本軍がいかにひどい官僚組織であったかを認識させられる気がします.
 たとえば「ふじふじのフィルター」さん:
http://fujifujinovember.cocolog-nifty.com/blog/

暑くてだれだれです 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2009.08.18 22:53 
  • [編集]
Ladybird さん

> 旧日本軍がいかにひどい官僚組織

そうか、官僚組織としての旧日本軍というのは考えてみませんでした。
ふじふじさんの記事はおもしろかったです。
結局、官僚たちは何の責任もとらずに現場に押し付けて
うまく立ち回ったわけですね。
薬害問題を思い出します。

そもそも官僚が戦争を始めたかった理由はなんなんでしょう…
私ももうちょっと調べないと…。

戦争を始めたかった理由 

  • Ladybird 
  • URL 
  • at 2009.08.19 02:31 
  • [編集]
>官僚が戦争を始めたかった理由

 私ももっと勉強せねば...
 日本が中国にケンカを売った理由は,ロシアが進出して来たのを「脅威」と感じた(そう宣伝された)からでしょうね.
 米国にケンカを売ったのは,(たぶん)世論やマスコミが強く後押ししたからでしょう.
 加えて,誰も責任をとらない官僚体質.

 当時とそっくりな状況が現在あると思います.薄気味悪く感じることが多い昨今です.

Re: 戦争を始めたかった理由 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2009.08.19 22:44 
  • [編集]
Ladybird さん


>  米国にケンカを売ったのは,(たぶん)世論やマスコミが強く後押しした
そうなんですよね…世論はいけいけムード…
他方で中国進出や軍部の政治への口出しを
ストップさせようとする人間に対してテロが続き、
テロを後押しとまではいかなくても容認するマスコミや世論。
絶望的な気持ちになってきます。

>  加えて,誰も責任をとらない官僚体質.
負ける戦争やってもオレの責任じゃないから別にいいさ、ってところでしょうか?

>  当時とそっくりな状況が現在あると思います.薄気味悪く感じることが多い昨今です.
私もそれを感じることがあります。
それに自民党政権下で右翼的傾向が強まり、
次々に物事が勝手に決められていくことにぞっとしています。

ガラスのうさぎを書いた高木敏子さんも当時に似ている、と言っているのを以前聞きました。
誰にも強制・強要されていないのに、時代の雰囲気で人々が意見を言うのを自粛してしまう…
というようなことを言っていたように思います。

無責任な戦争 

>負ける戦争やってもオレの責任じゃないから別にいいさ、ってところでしょうか?

そうでしょう.敗戦間際の1945年に37歳の父が海軍に召集されましたが,もう乗れる軍艦や飛行機もなかったようで,おかげで敗戦とともに生還しました.部隊全体に銃が二挺しかなかったとのこと,「無鉄砲だ」と母が怒ってました.部隊の全員に渡されたのはシャベル.本土決戦に備えて壕を掘るのが仕事.海軍が土掘り!そして,こんな戦争を企てた人たちは何も責任を取らない.

Re: 無責任な戦争 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2009.08.20 23:01 
  • [編集]
三ねんせい さん

お父様がご無事に戻られてよかった…
死んでから上層部の責任逃れのために神に祀り上げられても、
本人も家族もむなしいだけですものね。

> 部隊全体に銃が二挺しかなかったとのこと,「無鉄砲だ」と母が怒ってました.

……文字通りだったんですね。
シャベルで戦争…!! もうムチャクチャですね。
竹槍に紙の飛行機、転進、転進。
紙の上でのみ人を動かしている人間は、
1人の人間が世界を見る一対の眼をもち、たったひとつの人生を生きていることを
忘れてしまうのかもしれません。

無鉄砲 

>紙の上でのみ人を動かしている人間は、

 傭兵だと兵士はカネがかかっているので大切に使いますが,徴兵ならタダなので湯水のように使いたい放題.まことに官僚に好都合なシステムでした.

儲ける人 

  • ×第二迷信 
  • URL 
  • at 2009.08.21 09:15 
  • [編集]
官僚といっても、「単独」で存在しているわけではないので、

「利益代表」の意向に沿ってるわけです。
植民地からの安い原料や労働力で稼ぎたい人々。

いま、軍隊でさえ、戦争そのものに備えての存在でなく、
軍備の使い先として戦争が必要だという状況です。

(アフガンなど、「最新兵器」のアピールのためにやってたとしか思えない。
 あんな兵器をつかわにゃならんほどの「敵」ではないし、
 結局「破壊」は出来ても、支配ができないし。)

どうせ、使わなくても年度更新やらメンテナンスやら必要だし、
ミサイルを解体処理するより、「敵地」にぶっぱなしたほうが安上がり。

「ミサイル防衛」なんて、絶対、無理だけど、「買ってくれる」先を見越して作ってる。

Re: 無鉄砲 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2009.08.21 22:11 
  • [編集]
Ladybird さん

> 徴兵ならタダなので湯水のように使いたい放題.

……もう何とも言えなくなってしまいますね。
ほんとに使い捨てで何の気にもかけてももらえないのか…

Re: 儲ける人 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2009.08.21 22:18 
  • [編集]
×第二迷信 さん


> 「利益代表」の意向に沿ってる

たしかにそうですね。
戦争が軍備や兵器のためと考えるともうムカムカしてきます。
武器輸出三原則の見直しも「乗り遅れちゃなんねえ」って
結局国内メーカーを設けさせるためですよね。

> ミサイルを解体処理するより、「敵地」にぶっぱなしたほうが安上がり。
うー寒気がしてきた…
たしかにそうでしょうね。

> 「ミサイル防衛」なんて、絶対、無理だけど、「買ってくれる」先を見越して作ってる。
日本か…

Comment_form

管理者のみ表示。

Trackback[この記事へのトラックバック]

ニライカナイへの道

歴史事実とは、嘗て或る出来事が在ったというだけでは足りぬ、今もなおその出来事が在る事が感じられなければ仕方がない。母親は、それを知っている筈です。母親にとって、歴史事実とは、子供の死ではなく、寧ろ死んだ子供を意味すると言えましょう。 小林秀雄『歴史と文...

Menu

最近の記事 ▼

ブログ内検索 ▼

プロフィール ▼

FC2カウンター ▼

ブロとも申請フォーム ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。