ひねもすのたのた

とりあえず日常かな

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

ツバメの巣立ち

ムスメの小学校にツバメが巣をかけている。
親鳥はよく見ていたのだが、雛は
2週間くらい前?にはじめてちょっと顔を出しているのを見た。

先週はかなり大きな頭が5つ並んでいて、
目はよく見えなかったが、顔の左右いっぱいに伸びる口は愛嬌いっぱい。
たまに口をパカッと開くと、頭が黄色の口で隠されてしまう。

親はエサをねだる子供たちのために代わる代わる巣を訪れ、
尾をゆすりながらすばやくエサを与えている。

昨日、ムスメを迎えにいく直前、通りすがりに巣をみると、
顔ではなく、尾だけが見える。
親鳥が来ているかと思ったが、数が多いので子供たちなのだろう。

ムスメを連れてふたたび巣の前を通ると、巣からツバメが落ちるようにして
飛び立ち、すぐにまた巣に戻った。
小さい…!
子供のツバメが巣立ったのだと気づいた。

それだけでなく、別の小さなツバメが飛び立ち、ちょっと不器用にはばたいたものの、
すぐにうまく空気に乗って飛び始めた。
この鳥はかなり遠くまで飛び、電線につかまった。

ちびっちゃたち、あっというまに大きくなるんだなあ。

  • [No Tag]

Comment[この記事へのコメント]

巣立ちビナ 

  • Ladybird 
  • URL 
  • at 2009.07.05 03:50 
  • [編集]
 もう,そういう季節なんですねぇ...
 親鳥は第2ラウンド目の子育てを始めるとして,巣立った子供たちはどこへ行くんだろう.
 というテーマの自由研究はどうでしょう?

Re: 巣立ちビナ 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2009.07.05 22:03 
  • [編集]
Ladybird さん

>  もう,そういう季節なんですねぇ...
この季節に巣立つんですねえ。はじめて見ました!

> 親鳥は第2ラウンド目の子育てを始めるとして,
えー 第2ラウンドもするのかー
親鳥は大変ですね。

> 巣立った子供たちはどこへ行くんだろう. というテーマの自由研究はどうでしょう?

おもしろいですがー
発信器をつけるわけにもいかず、どうやって追いかけるんですかーーーー?

全然関係ありませんが、今日、近くの公園でイノシシを見ました。
池のまわりの遊歩道をエサを探しつつ巡回してましたー
ジョギング中の男性が「最近、よく遭遇するんですよねー」と。
中型犬くらいの大きさでほっそりしてましたよ。
まだ子供?



NoTitle 

  • Ladybird 
  • URL 
  • at 2009.07.06 03:05 
  • [編集]
>どうやって追いかけるんですかーーーー?
 どうやって追いかけますかね~.
 しばらくは巣の近くでよく見かけますね.
 季節が進むと,河口近くのアシ原が夕方にぎやかになります.ツバメはアシに止まって夜を過ごします.

>近くの公園でイノシシ
 ゴミでも漁っていたのでしょうか.
 イノシシに会ったら皆さんどうしてるんでしょう.
1.にげる. 2.追い払う. 3.写真に撮る.

前に通勤で使ってた駅で 

  • ちろ 
  • URL 
  • at 2009.07.06 11:49 
  • [編集]
ツバメに逢えるのが、楽しみでした。
ツバメの子供、可愛いんですよね(笑)。
えあしゃさんが描写されてたけど、かぱっ!口開けてごはんに夢中!
親鳥は大変そうでした。

ツバメ一家が巣立った後は、ちょいとさびしかったなあ・・・。
でも、こう思って楽しみにしてた。
また、来年ね!

実家に戻ってからは、中々見かけません(爆)。
               

イノシシ 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2009.07.06 23:42 
  • [編集]
Ladybird さん

今日は巣の近くにいました。
大きいのとちょっとだけ小さいのがたくさん。
もう飛び方だけでは親も子も見分けがつきませんねえ。

> ツバメはアシに止まって夜を過ごします.
へええ そうなんですか!
食べ物が豊富そうですよねえ。寝ぼけて落ちないのか気になったりします。

>  ゴミでも漁っていたのでしょうか.
遊歩道をゆっくり散策中でしたので、そうでしょうね。
イモを掘った跡もありました。(ジョギングの人が教えてくれた)

>  イノシシに会ったら皆さんどうしてるんでしょう.
> 1.にげる. 2.追い払う. 3.写真に撮る.

はははー 見抜かれたカー
答は3ですーーーーw

イヌの散歩、ジョギング中の人たちは脅かさないようにゆっくり歩き、
ワタシはしっかり写真を(携帯しかもっていなかったので、うまくとれませんでした)
イノシシは駐車場の方に出ていったのですが。そこに女子高生のグループが。
またもジョギングの人に教えられて、しっかり写メとってもましたw

Re: 前に通勤で使ってた駅で 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2009.07.06 23:45 
  • [編集]
ちろ ちゃん

> ツバメの子供、可愛いんですよね(笑)。

かわいいですよねー
今日はもう巣が半分壊れていて、雛たちもすべて
巣立っていたので、ちょっとさみしかったです。

> 実家に戻ってからは、中々見かけません(爆)。

今度引っ越すところには、ツバメさんたちが巣をかけるといいですね。
見ると元気になりますよねえー                

コシアカも 

  • Ladybird 
  • URL 
  • at 2009.07.08 02:51 
  • [編集]
 私の住んでいるあたりは田舎で,ツバメだけでなくコシアカツバメも軒に巣を造ります.ヒメアマツバメもいるので,鉄筋の建物の上のほうは,コシアカツバメの古巣を利用してヒメアマツバメが営巣します.あとスズメも営巣場所が不足しているらしく,けっこう熾烈な営巣場所争いがあるようです.

Re: コシアカも 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2009.07.08 23:50 
  • [編集]
Ladybird さん

むむむ
一口にツバメといってもいろいろ種類がいるんですね。
顔の様子などはよく見えなかったのですが、
尾の付け根あたりに白い斑点が見えたので、たぶんツバメかと。

ところで、飛んでいるときには白黒に見えるツバメですけれど、
間近で見るとカラフルですよねえ。
頬の赤もけっこうはっきりしているし、体の紺色も輝いている感じ。
いつもそのギャップにちょっとびっくりします。

>  熾烈な営巣場所争い
うううむ、人間の建物ってそんなに都合がいいんでしょうかね?
人間の家がないときにはどこに営巣するんでしょう。
崖とかなのかな?

でも、Ladybirdさんのところはにぎやかで楽しそう!

さて何でしょう 

  • Ladybird 
  • URL 
  • at 2009.07.10 01:44 
  • [編集]
>尾の付け根あたりに白い斑点が見えたので、たぶんツバメかと。
 図鑑で見ると,ツバメの尾の付け根に白い斑点はないらしい.つまり?
 尾の付け根が白いのはイワツバメかヒメアマツバメ.
 コシアカツバメも赤色がうすくて「腰白ツバメ」のように見える個体があります.

>頬の赤もけっこうはっきりしているし
 ツバメの場合,赤いのは頬というより喉ですけどね.

 ツバメとコシアカツバメが共存している地域かな,と思ったり...

ツバメ 

渡り鳥の中でもとくに季節感がありますね.いま住んでる狭山丘陵の中の住宅地にはなぜかあまり見かけないのだけれど,麓では見ます.
コシアカはもとよりイワツバメやアマツバメもなかなか見分けられないです.止まってるのを見たらわかるんでしょうけれど,素速く飛んでるヤツを図鑑と見比べるのは難しいです.
高原の温泉宿のまわりを群れ飛んでいたツバメに似てツバメでない鳥,細長く後に湾曲したスピード感のある翼なのでアマツバメかなと思ったけれど確認できず.

イノシシのことは自分のところに書きました.

何でしょう? 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2009.07.10 23:58 
  • [編集]
Ladybird さん

>  図鑑で見ると,ツバメの尾の付け根に白い斑点はないらしい.つまり?

あれれ? 私のもっている図鑑(北海道野鳥図鑑)には「尾に小さな白斑がある」って
書いてあるんですけどー
でも、小さいっていうのがどのくらいかわかりませんものねえ。

>  尾の付け根が白いのはイワツバメかヒメアマツバメ.

うーん、そうなのかあ。ぽつぽつぽつってはっきり白斑が見えた気がする。
イワツバメよりは体が大きいと思います。
あ、そういえば北海道では家の近くで2種類飛んでたな。大きいのと小さいの。
あれ小さい方はイワツバメですね、きっと。

> >頬の赤もけっこうはっきりしているし

あ、小学校では色はわからなかったですー 近くから見られるんですが、暗いので。
言われれば本当に頬だったか自信ないし。

Re: ツバメ 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2009.07.11 00:06 
  • [編集]
三ねんせい さん

丘陵の中であまり見ないのは不思議ですね。
人家がたくさんある方が好きなのでしょうか。

> 素速く飛んでるヤツを図鑑と見比べるのは難しいです.

ほんとに。ツバメ動きが速いですし、大きさくらいしかわかりませんね。
ツバメにこんなに種類があるとは知らなかったのですが、
一部を除けばかなり身近にいるというのもちょっとびっくりしました。

> ツバメに似てツバメでない鳥,細長く後に湾曲したスピード感のある翼

はい、Ladybirdさん、見分け方を御指南クダサイ、お願いしまーす(にっこり

見分け方 

  • Ladybird 
  • URL 
  • at 2009.07.11 22:01 
  • [編集]
>私のもっている図鑑(北海道野鳥図鑑)には「尾に小さな白斑がある」って
 ツバメは尾の下面(腹面)に白い小さな紋があるように見えますね.イワツバメやコシアカツバメは尾の付け根の背面,つまり「腰」のところが大きく白い,コシアカの場合は赤い.ただし白っぽく見える個体もあります.
 尾が「燕尾」でなくて(燕尾の程度が小さくて)腰が白いのがイワツバメ.
 のどが赤くなくて腰が赤いのがコシアカ.またコシアカは燕尾の度合いが大きくて,飛び方がぎこちない.
 ツバメはのどが赤く,腰は白くも赤くもない.鳴き声が「土食って虫食って渋~い」である.
 ヒメアマツバメも腰が白い.尾は燕尾でない.翼をまっすぐ横に開いて,指先だけで羽ばたいて飛ぶ.ツバメは翼全体で羽ばたき,しばしば傘をすぼめたようなポーズで滑空する.ヒメアマツバメはチュルルルルルルという鳴き声も特徴.

 とか色々あります.

Re: 見分け方 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2009.07.12 23:19 
  • [編集]
Ladybird さん

どうもありがとうございます。

むむむむむ~
腹面であれば尾以外は白いですよねえ…
白い斑点は背中の方だったような気がするんですけど、ああ自信がなくなってきた!
大きく白く、ではなかったんですよね。
コシアカがところどころ白っぽく見えていたのかな?

> 鳴き声が「土食って虫食って渋~い」
おもしろーい! 今度、よく聞いてみます! ツバメも大変ですね、
しぶいもの食べなくちゃいけないなんて。

>  ヒメアマツバメはチュルルルルルルという鳴き声
おおっ
この鳴き声は聞いたことがあります。あれはヒメアマツバメだったんだ。

ツバメとヒメアマツバメでは飛び方も違うんですねえ。
よく観察するとおもしろそうです。

ツバメとアマツバメ 

  • Ladybird 
  • URL 
  • at 2009.07.13 04:50 
  • [編集]
 昔スズメは粗末な身なりを気にしない働き者の娘だった.それで神様が,見かけは地味だけど,お米の食べられる鳥にした.
 昔ツバメは・・・(忘れました).それで神様が,土や虫しか食べられない鳥にした.だからツバメは今でも「土食って・・・渋~い」と鳴く(泣く)んだそうです.
 その気で聞いたら「渋~い」と本当に聞こえます.

 ヒメアマツバメは冬でもいます.日本では暖地にのみ生息.飛翔力にかけてはツバメなど問題外.
 近縁のアマツバメなど,飛びながら眠り,飛びながらセックスする,と言われるほど.誰も地上に降りたのを見たことがない.学名をApus(足がない)といいます.
 ヒメアマツバメも地面にはメッタに降りない.したがって巣材集めに苦労するらしく,よくコシアカツバメの古巣を利用しています.

ヒメアマツバメだったかも 

山の宿で私の見たのは燕尾でなく,翼がツバメのように折れてすぼまることもなかったので,腰が白かったかどうか定かでないけれどヒメアマツバメだったかも知れません.

アマツバメ 

  • Ladybird 
  • URL 
  • at 2009.07.14 01:08 
  • [編集]
 遠い昔のことですが,蔵王(山形県)でモノスゴイ数のアマツバメのような鳥を見たことがあります.当時は鳥にあまり興味がなかったので,きちんと名前を突き止めなかったのが悔やまれます.

少し調べてみました 

  • Ladybird 
  • URL 
  • at 2009.07.14 10:03 
  • [編集]
 あまり無責任なことも書けないのですが...
 ヒメアマツバメは暖地の標高の低いエリアでは良く見ますが,山では見ないように思います.三ねんせいさんが山で観察されたのは,アマツバメか,ハリオアマツバメだったのかもしれません.
 四国ではどちらも渡りの季節にしか見たことがありません.

ハリオアマツバメ 

登山してた父から聞いたのですが,高い山にはハリオアマツバメというアマツバメに似た鳥がいて,とにかく飛ぶのがものすごく速いのだそうです.

すれ違いました 

Ladybirdさんの10:03のを見る前に書いて,送信ボタンを押したあと確認しませんでいた.
私の見たのは5月に会津高杖原で,標高1000m位.
アマツバメかハリオアマツバメでしょうね.

すごいなあ 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2009.07.14 22:09 
  • [編集]
Ladybird さん

>  昔ツバメは・・・(忘れました).
おおっ なんか聞いたことがある気がするー
ツバメはおしゃれ鳥さんなんですね。
渋~い、を頑張って聞いてみます!

>  近縁のアマツバメなど,飛びながら眠り,飛びながらセックスする,と言われるほど.誰も地上に降りたのを見たことがない.学名をApus(足がない)といいます.

すごいですねえ。ずっと飛び続けるんですか。
飛びながら眠って、飛びながらセックスしても、ふらふら落ちたりしないんでしょうか。
そこまでして飛びたい理由はなんでしょうね。
何かお話が作れそうだ。

アマツバメ 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2009.07.14 22:19 
  • [編集]
Ladybirdさん
三ねんせいさん

おお、それでは三ねんせいさんのごらんになったのは、アマツバメかハリオアマツバメなんですね。
写真をぐぐりましたが、アマツバメの仲間ってちょっと遠くから見ると、
カモメのようにも見えますねえ。大きさは全然違いますが。
これはいかにも速そうです。どのくらいのスピードなんでしょう。

ヒメアマツバメは冬にもいるということは渡りをしないんですか?
飛び続けるのになんだか不思議な感じです。

NoTitle 

  • Ladybird 
  • URL 
  • at 2009.07.15 03:04 
  • [編集]
>ずっと飛び続けるんですか。
 そうですね.
 飛びながら産卵し,卵は地面に達する前に孵化する,などということはなくて,ちゃんと建物に営巣するんですけどね.ただ地面にはメッタに降りない.
>そこまでして飛びたい理由
 足がないからでしょう.というのもウソで,じつは小さな足があります.
 第2次大戦中の話でしたか,敵に見つからないよう照明をつけず飛んでいた飛行機がアマツバメの群れに遭遇した.接近する飛行機に気付かず,ゆっくり滑空する群れは,まるで眠っているかのようだった,という伝説があります.
>三ねんせいさんのごらんになったのは、アマツバメかハリオアマツバメ
 そうだと思います.両者が混在していることもあるかも(<無責任発言).
>どのくらいのスピード
 う~ん.わかりません.
 三ねんせいさんが書かれていましたが,鎌が飛んでいるように見えます.

 アマツバメ類は地上に降りないため巣材に土を使わない.中にはほとんど自分の唾液だけで巣を造る種類もあるらしい.その「ツバメの巣」は中華料理の食材になります.

すごいですねえ 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2009.07.16 22:14 
  • [編集]
Ladybird さん

レス遅れ気味でごめんなさい。暑さにまいってます。へろん

びっくりしました、アマツバメ。

>  飛びながら産卵し,卵は地面に達する前に孵化する,
したらおもしろいですがw

>  足がないからでしょう.というのもウソで,じつは小さな足があります.
足は小さいんですね! 退化しちゃったのか?

> ゆっくり滑空する群れは,まるで眠っているかのようだった
おおおお 夜行性じゃないんですよね?
眠っていたのかなあ。すごーい

スピードはそのうち調べてみようっと。

>  ほとんど自分の唾液だけで巣を造る種類も
ツバメの巣、って、アマツバメの巣だったんですねえ。
唾液で巣をつくる方が巣の材料を集めるよりたいへんな気もしますが。

昔の本ですが, 

  • Ladybird 
  • URL 
  • at 2009.07.18 02:42 
  • [編集]
「天上の鳥アマツバメ」
ラック著,平河出版社(1997)
というのがあります.
 原著「Swifts in a Tower」は1956年の出版.

Re: 昔の本ですが, 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2009.07.18 22:33 
  • [編集]
Ladybird さん

40年以上たって翻訳ってことは
名著なんでしょうねえ。
買ってみよう!

いまアマゾンみたら毎日1万2000キロ飛行ですって!
す、す、すごーい!
えーとちょうど地球の直径分くらいってことですよね。

ツバメのねぐら入り 

  • Ladybird 
  • URL 
  • at 2009.07.19 01:49 
  • [編集]
 夕暮れ時,河口のアシ原がにぎやかになりました.集結するツバメの群れが大きくなっています.
 ご自宅からアクセスの良いアシ原があるようなら,ぜひ行ってみてください.

たぶんマチガイ 

  • Ladybird 
  • URL 
  • at 2009.07.19 02:01 
  • [編集]
 アマゾン見てみました.次のように書いてありますね.


商品の説明
内容(「BOOK」データベースより)
生活のすべてを空中で行なうアマツバメ。毎日1万2000キロを往復する、その生態は謎に満ちている。本書は、すべての動物の適応と進化にまで考察を進めた「スピーシーズ・モノグラフ」の珠玉の一冊である。

内容(「MARC」データベースより)
生活の全てを空中で行うアマツバメ。毎年1万2000キロを往復する謎に満ちたその生態を、適応と進化の過程にまで考察を進めて解き明かす。


 あとの方は「毎年」ですが,はじめの方は「毎日」ですね.
 たぶん往復12000kmの渡りをするという意味だと思います.

恥ずかし 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2009.07.19 09:56 
  • [編集]
Ladybird さん
うわーちゃんと見てなかった!
だいたい、時速500km近くなんてあり得ないですもんね…
はじゅかちー

ご指摘ありがとーございますー
これから出かけるので、明日またー

Re: ツバメのねぐら入り 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2009.07.20 22:51 
  • [編集]
Ladybird さん

> 河口のアシ原
どこにあるのかわかりませんが、海が近いのできっとどこかにあるはずだ!
と思って探してみます。

ところで、ツバメちびっちゃさんは、尾がまだエンビではないってありますか?
色合い的にはツバメっぽいけれど、尾の先端部は平らなツバメがいたような…

よく知りませんが 

  • Ladybird 
  • URL 
  • at 2009.07.21 00:28 
  • [編集]
 若い個体は,まだ燕尾があまり発達してないように思います.

 きょう訪問した田舎の某集落では,ツバメの巣が少なくて驚きました.ツバメが巣立ったので几帳面な人が巣を取り除いたらしい.たくさんのツバメが電線やら軒下に止まっていました.
 親鳥は第2,第3ラウンドの子育てをする可能性があります.ツバメ君たちはきっと困ってますよ.

Re: よく知りませんが 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2009.07.22 22:19 
  • [編集]
Ladybird さん

>  若い個体は,まだ燕尾があまり発達してないように思います.

そうですか! こんど写真をアップします。燕尾はうまくとれてないと思うけど…。

> 几帳面な人が巣を取り除いたらしい.たくさんのツバメが電線やら軒下に止まっていました.

あら、ツバメ君たちかわいそー。
でも、ツバメが何度も子育てするって知らない人の方が多いでしょうね(←知らなかった人w)

ところで、ムスメがなんとかヒョウモン(6年生が教えてくれたけど忘れたw)の幼虫を拾ってきました。
ワタシとしてはうれしくないんですが、何を食うんだ…?
ベランダにいま出してありますが、熱中症で死んじゃうのではないかと…。

あーいま調べたらツマグロヒョウモンらしいデス。
スミレ科の植物を食べるとあるけど、、、、どこにあるんだ!?

ツマグロヒョウモン 

  • Ladybird 
  • URL 
  • at 2009.07.23 03:05 
  • [編集]
 幼虫を見てチョウの種類がわかるとはスゴい.
 手もとの本にはツマグロヒョウモンについて,
- 日当たりのよい庭であれば種類を問わずスミレ類を植えておけば♀が産卵に飛来するようで・・・
 というように解説されています.もりもり食べるので野草のスミレでは追い付かないのでは.
 むしろサンシキスミレを市場で調達するほうが手っ取り早いかも.

Re: ツマグロヒョウモン 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2009.07.23 23:32 
  • [編集]
>  幼虫を見てチョウの種類がわかるとはスゴい.
ええ、6年生がね^^
ワタシはヒョウモンでぐぐってそれらしい幼虫と聞いたような名前を探しただけでした。

今日、1匹脱走したので、しぶしぶケージを買ってきました。
ついでにパンジーと思ったのですが、やはり季節はずれのようで
ダメでした。北海道ならまだ咲いているんだけどー。

学童の横に生えていたスミレの葉を1枚もいであげたら、
もりもり食べてましたよ。
それを見たムスメ「かっわいい~♪」

かわいくないかわいくない…
ムスメによればキャベツも食べているそうですが、
単に試しただけ、という気がしないでもありません。

キャベツも? 

  • Ladybird 
  • URL 
  • at 2009.07.24 02:20 
  • [編集]
 初めて聞きました.
 ただし私はチョウは苦手なので,専門家は知っていることかもしれません.
 しかし再確認する価値あり.
 とりあえずスミレを与える.ときどき他の植物も与えて,食べるかどうかを見る.
 自由研究の課題ができましたね.タイトルは「ツマグロヒョウモンはスミレのほかに何を食べるか?」
 欲張るならば,単に「かじる」かどうかだけでなく,その植物だけで多少とも長期間生きていけるか,まで調べる.
 園芸にくわしい人に幼虫を見せて,どういう植物につくかを質問してみるのも良いかも.

Re: キャベツも? 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2009.07.25 21:37 
  • [編集]
Ladybird さん

いやー 頭を動かしてフンフンやっていただけで食べていないのかもしれません。
大量に入れてあるので、食べ痕とかもよくわからないし。

>  とりあえずスミレを与える.ときどき他の植物も与えて,食べるかどうかを見る.
実はすでにいくつかやってみました。
スミレが見つからなくて死んじゃうのでは、と思ったので。
クローバーやその他いくつか雑草を入れてみましたが、
食べないみたい。

ちなみに、彼(彼女?)らはいちどにスミレの葉1枚を10分くらいで食べ、
その後、キャベツの上でフガーとお休みしてますw
葉脈は好きじゃないのか残してます。

> タイトルは「ツマグロヒョウモンはスミレのほかに何を食べるか?」
1年生で自由研究はないわけですが、
ワタシがおもしろくなってきたのでやってみようと思っています^^
はあ、今日ビオラの種を買ってしまったけど、本葉が出るまでに
サナギになるのではないだろうか…

Comment_form

管理者のみ表示。

Trackback[この記事へのトラックバック]

イノシシ

{{イノシシ}}目撃談を二つ.意外なところに現れたりするんだなあ. <a href=\"http://maritora-start.blogspot.com/2009/06/blog-post_

Menu

最近の記事 ▼

ブログ内検索 ▼

プロフィール ▼

FC2カウンター ▼

ブロとも申請フォーム ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。