ひねもすのたのた

とりあえず日常かな

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

テロ対策特別措置法&アフガニスタン

小沢が駐日大使と報道陣の前で会い、
テロ対策特別措置法の延長を断ったという。
もともとアメリカが国連の承認なしに始めた戦争である、と。

そう、アフガニスタンはもともと冷戦構造で
ソ連とアメリカの最前線になっていた国だ。
ソ連侵攻を受け、それに対抗する勢力をアメリカが支援した。
大量の戦車がアフガニスタンの国土を蹂躙する映像を
ニュースで見たことを私は覚えている。

ソ連が撤退した後にはアメリカの支援はなくなった。
アフガニスタンは国の方向を模索し、
複数の勢力の統一に破れた後、内戦が始まった。
そして、少年たちが銃をもつようになった。

こうした中で現れたのは、“民衆を救う”という表看板を
もったイスラム過激派組織タリバン。

私の敬愛する言語学者のチョムスキー
(でも、国際的にはベトナム戦争に反対した言論人として有名)は、
冷戦時のアフガニスタンの状況を
「アメリカはイスラム過激派の組織化を援助した」と告発している。

だから、アフガニスタンの人々や911テロの犠牲者は、
かつての冷戦構造、そしてアメリカのご都合主義のつけを払わされたるともいえる。
チョムスキーによれば、アフガン空爆が始まって1カ月後、
あるアフガニスタン専門家が
「この作戦は数百万人のアフガン人を餓死させるという
見積もりの上に行われた」と記事を書いたという。。。。

自分たちの都合でアフガン人を苦しめ、自分たちの手で
過激派を育ててきたアメリカを、
日本人が手助けする必要がどこにあるのだろう?

アフガニスタンやイラクを攻撃したことで、アメリカは
「イスラム 対 西欧自由主義」という対立軸を
自ら作り出してしまったようにも思われる。

では国際社会はいまのアフガニスタンに対し、何をすべきか、と言われると
私にもわからない。
でも、アフガニスタンのことはアフガン人が決めるべきだと思う。
国際社会は、アフガニスタンに対し、
経済支援や技術支援を行ってアフガニスタンの国土を豊かにし、それにより
タリバンに身を投じる人々を減らすことを目指す。
それが、アフガニスタン復興の第1歩かもしれない。
(ここまで一部加筆訂正)

ところで朝のニュースで、
韓国人人質に関し、誰だかが韓国人を殺したら、
タリバン兵を殺す、と言ったと報じられていた。
なぜそう相手を刺激する? 韓国とタリバンの直接交渉も
アメリカが妨害しているというし、このままでは
どんどん人質の命があぶなくなるじゃない~(><) 

  • [No Tag]

Comment[この記事へのコメント]

マジマジな記事! 

  • 村野瀬玲奈 
  • URL 
  • at 2007.10.16 22:47 
  • [編集]
>マジマジな記事なんて金輪際書きませんよ!(これで紹介もできないだろう、フフフ)

マジマジな記事、トラックバックありがとうございました。(笑
ちゃんとチョムスキーに言及してるぅ~

やはり私はこのブログを紹介することに徹して、あとはえあしゃさんに私の代わりにマジマジな記事を書いてもらおうと思います。(^^;;

 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2007.10.16 23:00 
  • [編集]
えー、だってこれはずーっとずーっと前の記事なんですもの~
玲奈お姉様のいぢわる(と、ぶりっこしてみる)

いやトラバなんて危険なことをする気はなかったんですけど、ほらチョムスキーの名前が出てたんで、それでね、それでね、、、(泣)

Comment_form

管理者のみ表示。

Trackback[この記事へのトラックバック]

「テロリスト」という言葉の意味をもう一度確認。

(人気blogランキング参加中。)(このエントリーは書きかけです。)中谷元議員、政府与党(自民党、公明党)が続けたいインド洋での外国軍(特に中近東に向かう米軍)への無料給油に反対する人たちを「テロリスト」呼ば

Menu

最近の記事 ▼

ブログ内検索 ▼

プロフィール ▼

FC2カウンター ▼

ブロとも申請フォーム ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。