ひねもすのたのた

とりあえず日常かな

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

企業の存在価値

「企業は社会化する」
と昔、元上司が言っていた。

自分のやりたいことを実現するために企業をつくる。
それが多少なりともうまくいくと、今度は企業を大きくする。
すると設備投資や従業員を雇うための費用が必要になる。

その費用を賄うために企業は利益を獲得すべく努力する。

経営が軌道に乗り、それなりの収益が出れば
企業をふたたび拡張する。
するとさまざまな設備投資、一般の経費、それに従業員の給料、福利厚生費等々、
企業を大きくすれば、大きくするなりの負担がかかってくる。

自分のものと思ってはじめた会社は、
このときにはもはや自分のものに見えても
すでにそうではない。
社会のものになっている。

とりわけそこに勤める従業員の、
その企業の提供するもの(サービスを含め)を求める購買者のものに。

たとえ企業が利益をあげたとしても、それは本質ではない。

利益の一部は税金として国におさめ、
別の一部は株主に配分される。
残りは繰り越し金として(設備投資などのために)プールされる。
(この理解で正しいのかな?)

だが、利益というのは企業にとっては別にゼロでもかまわないのだ。
株主が資本を引き揚げるといわないかぎりは存続できる。

企業の本質は存続すること、たぶん。
存続して、人々に生活の糧を与えるということが社会にとって
第一義的に重要なことなのだ。

元上司は、だから会社を大きくしても別におもしろくはない、と言っていた。
自分の思うようには動かなくなるし、つらいだけだと。

いま企業の非正規労働者切りを見ていると、
企業は社会の中での自らの存在価値を忘れてしまったかのようだ。

企業がこれほどに人を切れば、
それはすぐに自らにはねかえってくる。
個人の困窮は社会不安、景気の悪化をますますひどくするだけ。
つぶれてしまえば元も子もない。
その通り。

でも、いまの非正規労働者にはまったく余裕がない。
バブルの頃とは違う。
雇い止めされれば、すぐさま路上生活が待っている。
 
だから企業は本当は利益の出ているときに、利益を出すべきではなかったのだと思う。
非正規労働者に対し、もっとましな待遇をすべきだった。
それができなかったのなら、いまは少しでも長く、
企業の持ちこたえられるかぎり、非正規労働者を雇い続けるべきではないのか?

☆関連記事
低い法人税率は、賃上げを抑制する……かもしれない

☆経済苦手…間違っているところがあれば教えてくださいませ。

☆さめさんにトラックバックをいただきました。

明日(12月10日・水)17時の時間帯にNHK総合(全国放送)で、
泡瀬干潟のことが放映されるそうです。

署名もよろしくお願いします。↓署名に関する説明文
http://www.awase.net/maekawa/shomeisetumei.pdf

ふえーワタシはお迎え時間帯。ビデオにとることにしよおっと。
  • [No Tag]

Comment[この記事へのコメント]

難しい問題ですが... 

  • Ladybird 
  • URL 
  • at 2008.12.11 02:38 
  • [編集]
 企業にとっても労働者にとっても困難な時代になってきましたね.NHKの報道ぶりは,企業が大規模リストラをすることは「仕方ない」という世論を盛り上げようとしているようにも見えます.
 それに不況の原因を米国発の一連の環境変化のように報道していますが,日本政府には責任はなかったのだろうかと疑問を感じます.

資本のための企業 

  • ×第二迷信 
  • URL 
  • at 2008.12.11 21:05 
  • [編集]
 本来、企業をたちあげ、うごかすための資本、であるべきものが、
資本のために企業が動くようになっています。

 「投資家」なんてのは、企業に愛着などもってないし、その企業が生み出す生産物にも、そこの企業に働く人のことも考えない。

あるのは「株価」という数字だけ。

 住み心地も近所付き合いも考えず、
売り値のことだけ考えてるマンションを買う人々が、バブルの頃にはいました。
(勧誘もうけましたねー)

景気悪化そのものは 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2008.12.11 21:21 
  • [編集]
Ladybird さん

米国発なんでしょうけど、
雇用問題はそうじゃないですよね。

>日本政府には責任はなかったのだろうか
これだけ派遣労働者を増やしてしまい、
それで大企業とともに景気が回復したなどという
世迷い言を言っていた責任は大きいと思います。

下請け会社は黒字を保っていたところでも、
たぶんすごく無理をしていたはず。

>NHKの報道ぶりは,企業が大規模リストラをすることは「仕方ない」という世論
NHKの報道には裏があると思ってしまうのは
ワタシの悪いくせかもしれませんが、
景気悪化景気悪化って騒ぎすぎて
かえって状況を悪くしている気がしちゃいますよね。

ていうか、もっと他のニュースも報道してよね。
ジンバブエのコレラとか、パキスタンのテロとか、ギリシアの暴動事件とか。

いま儲けている人 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2008.12.11 21:25 
  • [編集]
×第二迷信さん
>「投資家」なんてのは、企業に愛着などもってないし、その企業が生み出す生産物にも、そこの企業に働く人のことも考えない

まさにその通りですね。
サブプライムローンも、そういう原理で動いたから破綻したわけですが。

全然ニュースにならないけれど、
この状況で株価が乱高下するってどういうことかっていえば、
“誰か”が株で儲けているってことなんですよね。

儲けてる人 

  • ×第二迷信 
  • URL 
  • at 2008.12.12 23:00 
  • [編集]
いまどき、「7000円」の株価で、「売る」人ってのが、普通の頭では思いつかないんですが、

それでも、損を覚悟で売らにゃならん人がいるわけですよね。

そんなに株を持ってるだけの余裕があった人が淘汰されて、
太る人のところがますます太っていく?

太る人は… 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2008.12.12 23:31 
  • [編集]
×第二迷信さん

>損を覚悟で売らにゃならん人がいる
そうでしょうね。
資金運用の目的で利用している場合は
損を確定させてでも、お金を動かしていないと
いけないのかな。
不安で売ってしまう人もいるでしょうけど。

>太る人のところがますます太っていく?
そうなんでしょうね。

Comment_form

管理者のみ表示。

Trackback[この記事へのトラックバック]

「社会保障の経済効果」こそが有効な景気対策。(みなさんのコメントから)

■本当の景気対策とは http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-1008.html ↑この記事にたくさんの有益なコメントをいただきました。もえおじさん、...

法人税減税と労働者給与の抑制で企業業績を回復させた後に消費税導入、って新たな格差拡大政策ですね。

12月17日の新聞を見たら、「消費税上げ『2011年度』明記」などという見出しがドカンと見えました。16日の経済財政諮問会議(議長・麻生首相)...

締め切り迫る!泡瀬干潟署名にご協力お願いいたします!

英文署名サイト:http://www.thepetitionsite.com/1/save-awase-tidal-flatをJAWANの池田さんがラムサール条約関係者に回してくださいました。-----------------------------------------------------------------------------Dear Friends, Here is a follow up to our cal

Menu

最近の記事 ▼

ブログ内検索 ▼

プロフィール ▼

FC2カウンター ▼

ブロとも申請フォーム ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。