ひねもすのたのた

とりあえず日常かな

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

デートDV・高校生向け講演会のお知らせ

水葉さんのところでデートDVについて読み、問題の深刻さを感じた。
…というのは、私自身がもしこういうケースに出会っていたら、
対応をきっと間違えていただろうから。

友人が「彼が私の携帯に来たメールをいちいちチェックするんだよね」と
ぽつっと言ったとしたら?
きっと「えー何それ、早く別れなよ」と言ったに違いないのだ。
背後に何がおこっているかをよく考えもせず。

そしておそらく、このような対応によって多くのデートDVが
救われないままに終わるのだろう。

と、タイミングよくこの連絡が来たので、ご紹介。
高校生向けです。

*********
「ケースで学ぶドメスティックバイオレンス、デイトDV-法の役割」
日時 2008年10月19日(日)
   13時~17時30分 (受付開始12時30分)
場所 神奈川大学横浜キャンバス
対象 高校生 30名 (男女とも可)
参加費 無料
申し込み締切 10月6日(月)
申しこみは、こちらから
http://www.jsps.go.jp/hirameki/ht20000/ht20064.html
上記締め切り以後は、直接井上に申し込んでください。
  井上連絡先 yamak220@spa.nifty.com
お問い合わせも、ご遠慮なく。


内容
「ドメスティックバイオレンス」という言葉を聞いたことがありますか?
本来ならばお互い思いやりをもって関係である夫婦や恋人などの間での暴力です。
特にその中でも、皆さん高校生が対象となる「デイトDV」を重点的に取り上げます。
DVについて、特にデイトDVについてや、その背後にあるジェンダーについての講演の他、
具体的なケースをグループで検討します。
問題を自分のものとして考え、自分に何ができるのか(今はできないのか)など、具体的に学びます。


実施者 井上匡子(神奈川大学法学部教授)
    隠岐美智子(特定非営利活動法人フェミニストサポートセンター・東海 理事長)
    北仲千里(広島大学)
    後藤紀子(特定非営利活動法人フェミニストサポートセンター・東海理事) 他
************

えーと過疎ブログなんで宣伝効果はあまりないかもしれませんが。
  • [No Tag]

Comment[この記事へのコメント]

暴力へのシキイの低さ 

  • Ladybird 
  • URL 
  • at 2008.10.03 04:16 
  • [編集]
 最近あまりテレビを見ないのですが,ひと昔前は関西のお笑いなどで簡単に人をポンポンたたいたり蹴ったりと,たいへん違和感がありました.ドラマでも「感情の高まり」や「泥臭さ」を表現したいからでしょうが,どうも暴力行使に対するシキイが,日本社会は低いのでないかと思います.日本のテレビ番組を見て眉をひそめる外国人も多いのでないでしょうか.
 デートDVのおもな原因は,もちろん別のところにあるのでしょう.しかし「愛しているからこそ暴力が許される」というような論理を許容する風潮があるとすれば,暴力を行使する人は,ていの良い口実を見つけやすいのでないでしょうか.

愛と暴力とは相容れない 

Ladybirdさんのご指摘どおり,暴力を許容する風潮がいけないと思います.暴力によって表現される愛なんかあり得ないのに「愛の鞭」という言葉が未だにまかり通ってます.

たしかに 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2008.10.03 22:08 
  • [編集]
Ladybirdさん
>暴力行使に対するシキイが,日本社会は低い
子ども向けのアニメでもマンガでも、暴力シーンは満載です。
以前、ドイツ人(会社関係の)にマンガを送ってあげたら驚かれた…

ときどき訪問しているブログですが、とても示唆的な内容です。
http://d.hatena.ne.jp/furuya-haru/20080802

暴力をふるうことに対する慣れ、あるいは快感というのは、
実は人間が簡単に得てしまうものなのかもしれません。
haruさんのように自省できる人ならよいけれど、
多くの人はそれに気づかないまま慣れてしまう。それが怖いですね。

愛の鞭>< 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2008.10.03 22:10 
  • [編集]
三ねんせいさん
>暴力によって表現される愛なんかあり得ない
その通りだと思います。
たぶんそれは自己愛が変形したものなので、対象が何であろうと関係ないのでしょう。
自分を満足させるものだけが正しい、という理屈。

…いまはイヌだって暴力をふるってしつけるべきではないと考えられているのに。

高校生かぁ~ 

  • ×第二迷信 
  • URL 
  • at 2008.10.03 22:18 
  • [編集]
ちょっと、参加は無理ですねー。

デートDVってのは、ある意味、普通のDV(というのか?)より、根が深いような…。

個人的な思い込みなのかもしれませんが…。

ゲホゲホっ 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2008.10.03 22:34 
  • [編集]
×第二迷信さん
ちょっと
…うん、私もちょっと無理です(爆)
息子さんはそろそろ?
でも、場所があまりに遠すぎますね。

>普通のDV(というのか?)より、根が深いような…。
水葉さんも書いていらっしゃいますが、周囲が容易に別れられるはずだと
誤解してしまうというのが、問題を深刻にしやすいのでしょうね。

…これも親告罪なのか><

私もムスメがいるし、人ごとではありません。

「・・・致傷」 の場合は 

  • ×第二迷信 
  • URL 
  • at 2008.10.09 21:13 
  • [編集]
>…これも親告罪なのか><

怪我をさせたら、第三者が告発できます。

しかし、被害者が「被害を受けてない」と主張したら却下されそうです
(窃盗等もそんなもんですけど)

NoTitle 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2008.10.09 22:37 
  • [編集]
>被害者が「被害を受けてない」と主張したら却下
そうでしょうね…。
このあたりやはり法改正の必要性をひしひしと感じます。

Comment_form

管理者のみ表示。

Trackback[この記事へのトラックバック]

5人に1人のデートDV

宮崎日日新聞が9/17~20まで3回シリーズで、デートDVの特集を組んでいたのでご紹介。 闇を抱えた恋人たち 県内デートDVの現状 上/癒えな...

Menu

最近の記事 ▼

ブログ内検索 ▼

プロフィール ▼

FC2カウンター ▼

ブロとも申請フォーム ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。