ひねもすのたのた

とりあえず日常かな

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

ロウソク出せ出せよ

旧暦の七夕にあたるこの日、子どもたちは
近くの民家を数人のグループになってまわる。
家人が出てくると、次のような歌を歌う。
「ロウソク出せ出せよ、出さぬとひっかくぞ、
おまけにどんづくぞ…」

いまはロウソクの代わりにお菓子を渡すことが多いらしい。
でも夕食の準備どきにあまりたくさん子どもたちが来ると
大変なので、ほとんどの家では段ボールにお菓子を
いっぱい詰めて勝手にとっていけるようにしている。

昔は、こういうつきあいを通して子どもたちも
近所の人の顔を覚えたり、近所の人たちが
子どもたちに気を配るといった関係性が
できあがっていたのかもしれない。

欧米のハロウィーンを思わせるこの「ロウソク出せ出せ」は、
この周辺ではいま住んでいるところだけ。
しかし、北海道にはこのような風習が伝わっているところが
かなりあるらしい。

七夕を盆のはじめとする地域があるということなので、
これはおそらくお盆のためにロウソクを集めていたということなのだろう。

調べると、歌も地域によってかなり違うようだ。
法政天文研究会の資料を見ると、

・松前 ことーしゃ豊年七夕まつりよ おーいやいやよ 
ロウソク1本ちょうだいな 出さねばかっちゃぐど 
おまけにどんずぐぞ

・函館 竹にたんざく七夕まつり、おおいに祝おう、ロウソク1本ちょうだいな

・札幌 ロウソク1本出せよ、出さないとひっかくぞ、おまけにかみつくぞ

なんていうのもあるらしい。

  • [No Tag]

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。

Trackback[この記事へのトラックバック]

Menu

最近の記事 ▼

ブログ内検索 ▼

プロフィール ▼

FC2カウンター ▼

ブロとも申請フォーム ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。