ひねもすのたのた

とりあえず日常かな

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

それって本当?

どこへ行っても "CO2削減"の昨今。
2050年までに50%削減といわれても、誰も達成できるとは思っていないのに。
まあ地層処分、という方法もあるそうだが。

先日、札幌ドームに行ったら、
「ドームでは大量の電力を消費しています。試合時間を短くし、CO2削減を目指します」
…いや、たしかにドームの電力消費量は多いでしょうけど。(コジェネも採用)

その日(ナイター)の観客4万人。
家を空ければその時間帯の電力消費は減少するんだから、その分は差し引かなくちゃ。
それとも家庭の電力消費なんて桁違いに小さいからまったく関係ないのかな。

ちなみにドームは最近、空調などで省エネ技術を採り入れたそうだけど、
どのくらい電力を消費しているのかは調べてもよくわからなかった。

もうひとつ気になるのが、北海道中央バスのアナウンス。
「バスの利用はCO2削減につながります♪」

…いや、それはね。バスが満員ならそうかもしれないけど、
5人やそこら利用しても、別に削減にはならないと思うな。

というより、自家用車に乗る人がバスを利用しなくちゃ削減にはならないじゃん。
バスにはそれだけの利便性はないもんね。

利便性といえば、先日、帯広のデパートが釧路に送迎バスを出したというニュースがあったが、
こういうのを地域レベルでやってもよいと思う。

おもに高齢者向けに1日1回(あるいは数日に1回でも)、ショッピングセンターや薬屋、
ホームセンターなどをまわる無料送迎バスを出す。
バスの費用を出すのは店側って、どうかなあ?
売り上げとイメージアップの両面で役立つと思うけど。
(これはCO2対策じゃなくて福祉対策よ)

まあ私はCO2の話はうさんくさいと思っている。
もちろん資源は無駄遣いすべきではないけれど、
他の環境問題が存在しなくなったかのような、昨今の報道には大きな疑問を感じる。

風力なんてたいした発電量でもないんだから、大量に建造したら単なる環境破壊でしょ。

☆さめさんがトラックバックしてくださった記事でとりあげていらっしゃいますが、
佐賀地裁で諫早湾の開門を命ずる判決が下りましたね!
でも、国は控訴すれば、開門命令に従わなくてもよいのでしょうか?
闘いはこれからなのかもしれません。

とにかく日本の大規模事業は、環境アセスメントがあまりにいいかげんすぎます。
というより、アセスメントを事業の当事者がやっているんですから、意味なしです。
第3者機関が評価するようにしなくては。
  • [No Tag]

Comment[この記事へのコメント]

ナイターの客 

  • ×第二迷信 
  • URL 
  • at 2008.06.28 10:56 
  • [編集]
家がからっぽ、ということはなくて、誰かが電力使ってるんじゃ?

>バスの費用を出すのは店側って

京都では、飲み屋さんが共同で出資して「夜バス」を走らせてそこそこ好評だそうで。

http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2008061500036&genre=B1&area=K00

タクシーより安くて、1人あたりのエネルギー消費も少ない。客待ちタクシーのアイドリングはかなりありますから。
「自腹」のお客さんにはありがたいはず。
(霞ヶ関も、バス用意したら…?自衛隊や機動隊がバス持ってたような…)

本気でCO2削減するなら、タダでもマイカーからシフトさせる、という気がなけりゃねー。

広く浅く負担。 

  • 札幌運転所隣人 
  • URL 
  • at 2008.06.28 11:16 
  • [編集]
バスについての記述がありましたので、一言プラス少々。公共交通って、環境ですとか、こういう問題を考えるにイメージが捉えやすいかも。

さて、確かに。
普段の足としては、バスにはマイカーに匹敵する輸送サービスの実現は困難。なぜって、道路を走りますので。
件のバス会社は車内アナウンスだけじゃなくて、ぺたぺたエコPRのステッカーも貼り付けしてますが。

企業や行政にとってもエコって訴えやすいテーマですけど、現実的にはもう少し切羽詰った問題、高齢化とか地域格差(大げさに言えば経済規模の縮小)の問題があると思います。
バスって、必要な方や地域にとっては、やっぱり無くなれば困るもの。いまマイカーに乗っている人だってこれから先、クルマに乗り続けられるとは限りません。

札幌市でも、件のバス会社が一部の路線を廃止するというニュースがありましたが、もし地域全体として需要があるのであれば、こういう問題は起こりません。(総需要で閑散線区を維持する。内部補助。)
理想を言えば、行政により公共交通の少しずつでも利用が上がる諸策が施され、コストを地域で「広く浅く負担」(裏を返せば交通リソースの共有)するのが合理的ではないか、と思っています。環境負荷にもいいですし、将来の交通環境の変化に対しての貯蓄にもなります。勿論、現行のスタイルで延々続けて構わない、という話にはなりませんが。

なんか、私論を展開してしまいました。自分とこでやれ、って感じです。
(実際、やっているのですが)。

諫早湾 

  • ×第二迷信 
  • URL 
  • at 2008.06.28 13:01 
  • [編集]
>佐賀地裁で諫早湾の開門を命ずる判決が下りましたね!

よく読めば、代替工事に必要な最低3年間は「待て」といって、
環境との関係を比べるための「5年間の開門」を命じる。という内容。

「代替工事」で儲かる人達にとっては「オイシイ判決」なのかも。
(締め切り堤防を作った業者は、できてしまえば、それがどうなろうと関係ない。むしろ、作ったものを壊すとなれば、よけいオイシイ話になったりする。「無駄な工事だった」ということになって困るのは、農水省や大臣の立場だけ。)

 いまの時代、干拓地で農業しても時給換算260円。入植費用の借金地獄が待っている。(1億円を稼ぐために何時間働かねば…?)

「できる前の危険性」については、「えらい人」の想定を信じて、差し止め却下するのが、さいきんの行政訴訟の傾向です。浜岡原発でも。

マイカー通勤よりはエコ? 

  • nobu 
  • URL 
  • at 2008.06.28 18:36 
  • [編集]
私は今、自転車通勤していますが、もともとバス通勤だったのを止めただけなので、二酸化炭素削減にはほとんど貢献していません。むしろ自転車をこいでいる分二酸化炭素の排出量は増えているかも。(往復約30kmですから結構出しているのではないかと・・・)

ガソリン高でマイカーを手放させる? 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2008.06.28 21:48 
  • [編集]
×第二迷信さん
>からっぽ、ということはなくて、誰かが電力使ってるんじゃ?

あ、もちろんそうなんですが、日ハムって家族で応援しているケースが多いので、
空の家もそこそこあるはずです。うちみたいに。
とにかく、観客全体の自宅電気使用量としては、たいした量ではないかもしれないけど
いつもよりは減るはずではないかと。

>京都では、飲み屋さんが共同で出資して「夜バス」を走らせてそこそこ好評だそうで。

なかなかよいアイディアですねえ。他でもやればいいのに。
でも、女性の場合、家の前までこないとちょっと使いにくいかも。

>機動隊がバス持ってたような…

最近よく見る機動隊のバス…(窓に網付き)
温泉では見たくない…(サミット前のせいかこのあたりの温泉旅館にも泊まっている><)

霞ヶ関の人たちってどこに住んでいるんですかねえ。
1カ所に住んでいれば、送迎バスでOKなんですが…

>本気でCO2削減するなら、タダでもマイカーからシフトさせる
そうなんですよね。
経済活動を全体として縮小させるとか、単純に人口減らすとか。
でも、それはしたくないんでしょうね。

公共交通 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2008.06.28 22:09 
  • [編集]
札幌運転所隣人 さん

>札幌市でも、件のバス会社が一部の路線を廃止するというニュース

シリーズでとりあげてらっしゃるので、近々ゆっくり読みにいこうと思っていたところです。
廃止されても代替になるものがあればよいのですが。

>行政により公共交通の少しずつでも利用が上がる諸策
ああ、たしかにそうですね。

公共交通って難しいですね。バスにしても、利用客が少なければそれだけ本数も少なくなるし、
そうすると不便になるので、別の交通手段を選びたくなります。
まあバスしかなければ、バスに乗るしかないのですが。

鉄道でも、利便性を追及すれば設備に莫大に投資しなくてはならないし、
設備投資を最小限に抑えれば、利用客は少なくなりますものね。

デパートの送迎バスのように、もう少し企業が公共交通に参加する形を考えてみてもいいな、と
私は思っているんですが。

あ、そうなんだ… 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2008.06.28 22:18 
  • [編集]
>代替工事に必要な最低3年間は「待て」といって、
あっ…本当だ。代替になるような防災工事をしてから、と書いてありますね。
これ防災工事を引き伸ばして、高裁の判決を待ち、開門しない、
なんていうことにもなりかねませんね。

>作ったものを壊すとなれば、よけいオイシイ話
「穴を掘れ、そして穴を埋めよ」
いかにもケインズ的ですね。。そうして経済は動いていく、という。

>入植費用の借金地獄が待っている。
……そんな。。。

>「えらい人」の想定を信じて、差し止め却下するのが、さいきんの行政訴訟の傾向です。

これは困ります。専門家でも意見が割れるものについては、慎重に判断してほしいです。。
(宮崎勤も精神科医の意見は分かれていたのにね)

CO2削減でなくても 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2008.06.28 22:32 
  • [編集]
nobuさん

医療費削減には貢献しているかもしれませんね^^

自転車こぐと、酸素の摂取量はどのくらい増えるんでしょうね?
http://kongouhugu.exblog.jp/8431962/
こんな計算をしていらっしゃる方がいました。
コメント欄まで読むと、やっぱり自転車はエコだという結論に…

>往復約30kmですから
うわー 片道15kmですか!
楽しそうですが、私なら会社についたとたん、寝ます(爆)

干拓地 

  • ×第二迷信 
  • URL 
  • at 2008.06.29 21:04 
  • [編集]
淡水化が中止になった島根県中海干拓地。

「湖が淡水でないから、農業ができない」とは言わない。(上流から用水路を引いてる)
堂々と、1反あたり180万で販売中。
http://www.pref.shimane.jp/section/nouti/kokuei/uridasi.html

「このぐらい」の田んぼをしようと思ったら
1億は必要?
http://plaza.rakuten.co.jp/akatamago/diary/200705290000/

自転車の場合、エネルギー効率はトップらしいです。
あとは、電車かな。(回生電力モーターを使う場合)
アイススケートがどれぐらいか。(坂道はよう登らん)

「ご飯を作るときのエネルギー」が比較の対象ですかねー。お米自体は「化石燃料」じゃないから。(機械を動かすのに使ってる)

汽水湖 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2008.06.30 22:05 
  • [編集]
×第二迷信さん

>淡水化が中止になった島根県中海干拓地

私もあまりくわしくはないのですが、たしか中海って汽水湖でしたよね? 
水の循環とか生態系とか特徴的なはずですし、安易に淡水化されなくてよかった。

でも
>1反あたり180万で販売中。
これはヒドイ…しかも、土地改良区賦課金が別途必要って何???

…国が減反政策を進めているときに干拓するっていうのも、なんだかな、です。

農家が生きていくには野菜工場(工場で管理してつくるらしいですが)の
ような方法しかないのでしょうか。

>アイススケートがどれぐらいか。(坂道はよう登らん)
最近、子どもの靴で、底にローラーがついているのがあるみたいですよね。あれ、ほしい…

Comment_form

管理者のみ表示。

Trackback[この記事へのトラックバック]

諫早湾保全に関する署名のお願い

先のエントリー「諫早湾、開門」の件でみなさまに署名のお願いです。よみがえれ!有明訴訟原告団、有明海漁民・市民ネットワーク、諫早干潟緊急救済本部など6団体は、諫早湾の開門を命じた6月27日の佐賀地裁判決に国が従い、開門調査を実施することを求める要請書への署

諫早湾 干拓事業 ~「干拓農地」のコスト

 先日の、諫早湾干拓事業をめぐって、 締めきり堤防の開門を命じた判決(2008/6/28中日新聞)。 いろんなところで歓迎されてるけれど、「落とし穴」に触れてない反応が目立つので、ちょっとコメント。 (素直に裁判所の言うことを信じられない、曲がった根性だと私が...

Menu

最近の記事 ▼

ブログ内検索 ▼

プロフィール ▼

FC2カウンター ▼

ブロとも申請フォーム ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。