ひねもすのたのた

とりあえず日常かな

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

入園式

昨日は入園式だった。
別にイベントじゃない。
4回目の入園式だから。

今日からならし保育。やっぱり4回目の。

いえ、別に違う幼稚園に入り直したわけじゃないですよ。
毎年同じことをくり返しているだけ。

ムスメはならし保育中は延長しており、最初は給食が出ないので、
お弁当が必要。

ああうんざり…
(年長になってもならし保育かよ!)

ところで、入園式に「君が代」が出てこないか、ドキドキしましたよ。
私は先日、教育委員会にもうちょっと親がはたらきやすいよーにせい、と要望したばかり。
「君が代」のときに歌わなかったら、にらまれて私の要望も実現しないかも。

……出てきませんでした。ほっ
というか、考えてみたらムスメは教わってないや。

あ、でも文科省の「生きる力」とかいううす気味悪いパンフレットはもらいましたとさ。


水葉さんのところを見てびっくり。道徳心を偏差値で評価って何!?
ムスメも道徳心を“評価”されちゃうわけ?

  • [No Tag]

Comment[この記事へのコメント]

口パクOK 

  • Ladybird 
  • URL 
  • at 2008.04.12 16:42 
  • [編集]
 歌いたくなければ歌わなければ良い.人目が気になるなら口だけパクパクさせてりゃ良い.
 ただし,強制する側としては,それで十分なんだ,と水葉さんの所に書いてあった.

徹頭徹尾卑怯者として… 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2008.04.12 19:42 
  • [編集]
歌わないなら座るかな、私は。

>口だけパクパクさせてりゃ良い.強制する側としては,それで十分

というのはその通りだと思うので。

でも私はずるいので、自分が教育委員会に要求がある、
いまのようなときにはにらまれないように立って歌っちゃうと思います。

相手が強制していれば別ですけどね。
あ、でも入学式は迷うな。口パクはしないけど、立つかも。
卒業式は座る^^;

NoTitle 

  • Hi 
  • URL 
  • at 2008.04.13 13:03 
  • [編集]
まったく同感です。ずるく、しぶとく行くしかありません。

NoTitle 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2008.04.13 22:02 
  • [編集]
Hi さん
ずるくしぶとく生き残って、日本を戦争のできる国にしたい人々の足下をすくいましょう(笑)

ありがとうございますm(_ _)m 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2008.04.14 21:53 
  • [編集]
21:41分にコメントをくださった方
メッセージをありがとうございます。それから、私はあなたにも勇気をいただきましたm(_ _)m

祝・ご入園…になる? 

  • ×第二迷信 
  • URL 
  • at 2008.04.15 23:27 
  • [編集]
「保育園」には教育委員会は手を出せず…。

入学式の日に「学テ対策」してる某市教委は、「道徳的」にどうなんだろう…などと考えてみる。

 私がPTA会長のとき、来賓席の隣で歌ってた教育長代理。みごとに音程を外していたが、これは教育長代理として、とても由々しきことである。
「国歌法」にはちゃんと音符が入ってるだろうが…。 

 なお、PTA会長のときは、起立しましたが(正面に教職員の皆さんがいるし)
一般保護者のときは、「無人の壇」に向かって起立礼をしたことがありません。
(これが同志社とか大谷とかの宗門校なら、神様や阿弥陀様に礼はするけど、「公立」だから)

 

そうか、保育園ならいいのね^^ 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2008.04.16 20:26 
  • [編集]
>「保育園」には教育委員会は手を出せず…。
そうか、そうですね、いまのところは。でも、うちは幼稚園と保育園の合体だから、
ちゃーんと教育委員長が入園式にくるんですよね。あーあ。

>みごとに音程を外していた
こ、こ、これは道徳偏差値シケンで評価1ですね!

>「無人の壇」に向かって起立礼
ねえ、これ気持ち悪いですよね。私、人に向かってするようにしてますけど。

「無人の壇」に向かって起立礼 

それで思い出したこと,歳がばれるけど,どうせばれるから書いちゃいます.
戦時中は小学校(=国民学校)の校庭に奉安殿があり,門を入ったらそれに向かって礼をする決まりでした.遅刻して急いでるときといえども絶対に省いてはいけない.中に天皇・皇后の写真が収めてあると教えられてるけど見えないし収めるところを見たわけじゃない.ただのコンクリート製の小屋に向かって礼をするのは何となく変な感じがしました.
コンクリートの建物ですよ.すごいんですよ.校舎はもとより村役場も郵便局も駅も木造だった時代,村にはコンクリートの建物って他に発電所しかありませんでした.

モノはモノ 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2008.04.17 22:59 
  • [編集]
三ねんせいさん
たしかに…当時、コンクリートの建物なんて本当に珍しかったんでしょうね。

朝ドラの『芋たこなんきん』で、ある学校で火事があって奉安殿が燃えてしまい、
校長(主人公の友人の父)が責任をとって自殺するという
エピソードがあったことを思い出しました(記憶違いが混じっているかも)。

結局、モノはモノでしかないのに。
そこで疑問をもつことが許されなかった時代なのでしょうね。。。。

御真影 

作家久米正雄の父親が小学校長のとき,火災で御真影が焼けてしまった責任を取って切腹してます.コンクリートの耐火建築にするようになったのはその事件以来のことらしいです.
御真影を持ち出そうと火事で燃え上がる校舎に入って殉職した校長もいました(これも長野県だったと思います).切腹した校長の話とともに美談として伝えられてました.
生徒を死なせて腹を切るならわかるけど写真なんか焼き増しできるのにと,私は子どものときから疑問に思ってましたけど,そんなこと口が裂けても言えない時代でした.

…美談 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2008.04.18 23:21 
  • [編集]
>作家久米正雄の父親
ああ、ではきっとそのエピソードがもとになっているんですね。

理不尽や悲劇を美談にする、というのは人間を従わせるための
常套手段なのでしょうが、許されない、ですよね。

ああ、でもその時代に生きていたら、きっとそう感じても絶対言えなかったし、
逆らえなかったんだろうな、と思います。
それに、子供の頃だったら美談として信じたかもしれない、
それがいちばん怖いです。

「神式」 

  • ×第二迷信 
  • URL 
  • at 2008.04.20 18:46 
  • [編集]
 まあ、あの「入学式」ってのは、「神式」行事なんでしょう。もともと。

 公立の学校が全国にできたのは、「教育勅語」の徹底路線の上にありますから。

 本来は「神様」(蓋のかかった御真影)があって、それに対して、「入学させていただきます」という「礼」の場だったんだろうと思います。

 やたらと起立・礼が多いのも、ソレなんだわと、私の弟が「神式」(のホテルの会場)で結婚式をしたとき、いちいち「巫女さん」に立てだの礼だの言われて気づきました。
 
(弟は、「みんなやるから教」の信徒で、べつに神様を拝んでるわけでもなく、どっちの実家に神棚があるわけでもないのに、「葬式は寺、結婚式は神社」という奴。寺で結婚式したら、親族はずっと座りっぱなしで楽なんですがねー)

教育勅語だったんだ… 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2008.04.21 00:23 
  • [編集]
×第二迷信さん
あれは神様に入学を感謝してたんですかっ!

たしかに神式の結婚式って(ちょっと見たことあるだけだけど)立ったり座ったり、忙しいですよね。

私はレストランで、教会式の結婚式でしたが、あまり面倒なことはなかったなー。
別に賛美歌も歌わなかったし、誓いの言葉も述べなかったような。。。。
結婚式、なくてもよかったんですけど、やっぱりウェディングドレスは着たかったんだもん!

Comment_form

管理者のみ表示。

Trackback[この記事へのトラックバック]

善ではなく寛容を立てるということ 2

今日は・・・・・・コメント欄を閉じたままでしつれいします。きっと人の数だけ正義がある。だから、自分の正義を主張することは大事だが、...

Menu

最近の記事 ▼

ブログ内検索 ▼

プロフィール ▼

FC2カウンター ▼

ブロとも申請フォーム ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。