ひねもすのたのた

とりあえず日常かな

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

ちりとてちん、終わっちゃった

いま、そこここ見てきたら、皆さん最終回(の少し前から)につっこんでいるのね。
でも私も、ぶーぶーぶー 
と言っておこう(笑)。

筋立てにリアリティがない、という感想もときどき見たけれど、
ちりとてちんには登場人物にリアリティがあった。
彼らすべてがそれぞれの人生をもっていることが感じられ、
その誰にも長所も短所も含めて暖かな視点が注がれていた。

誰もがつまづき、誰もが少しずつ成長していき、
成長するけれど、やはり人間が変わるわけではないから、
同じような失敗をくり返したりもする。

ただ視点が少しずつ変わり、まわりのことが少しずつ見え、
他人を受け入れていこうとする、そんな人間たちのドラマだった。

でも!

やっぱりあの最後はないと思うぞ?

じゃあなぜ若狭は落語をしようと思ったのよ?
いままで何のために修行してきたの?
それをすべて捨てて(捨てたんだと思うな、やっぱり)
“おかあちゃん”になりたい、と言われても……。

おかあちゃんは本当にすばらしかったと思う。

でも、別にすばらしいことがわかったから、
おかあちゃんが自分で選んでおかあちゃんをやっていることがわかったからといって、
おかあちゃんだけになる必要もないと思うんだけど。

若狭が器用じゃない、っていうのはその通り。
裏方の仕事だっておもしろいし。
落語を伝えるにはいろいろな形がある、っていうのもわかるけど。

はい、じゃ落語をやるのはこれでおしまーい! って、なるかな、フツー?

しかも、あの出産シーンには呆れたぞ(みんな突っ込んでますが)。

初産でしょ? 陣痛がきてすぐには病院にいかないって。
陣痛が始まってから5分おきくらい(病院に行く目安)になるまで
ふつうはかなり時間がかかる。
私は病院に行ってすぐに分娩室行きだったけど(←実はその前いったん家に帰された… 
破水したと思って病院に行ったのね)
陣痛室でまる1日陣痛に苦しむ人もいるらしい。

救急車は危険な状態でもないかぎり呼んではいけません。

分娩室に入ってからだって、あんなに早く産まれないって。
早くて30分くらいじゃないの?
私は4時間かかったけど(つらかったよん)。

ということで、なんだかいままでどーーっぷりはまった分、
納得のいかなさがそーこーぬーけーに残りましたがな!

DVD-BOX予約注文しちゃったよ。。
でも第1集だもん。



  • [No Tag]

Comment[この記事へのコメント]

そーこーぬーけーに間違ってる 

私もぶーぶーぶーですよ.まさかあんな落ちになるなんて.唐突な引退表明.母親であることと仕事とは両立しないって決めてるようなところがどうにも納得できないです.

そうそうそう! 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2008.03.31 19:48 
  • [編集]
>母親であることと仕事とは両立しない
そんなはずはないですよね。
とくに夫婦2人とも自由業だし、周囲の援助が得られそうな環境なので、
1人で背負い込まなければ続けられると思うのです。
そして、おかあちゃんにだってなれる。

でも若狭の妄想は、強権草々さんの下で1人で家事と育児をする、
というものですもんね…(これも不満!)

草々さんは以前と比べて柔軟になっているようだし、
子供も好きそうだから、積極的に育児しそうなんだけど。

NoTitle 

えしゃあさん、はじめまして...なんて、挨拶は不要かな?

拙ブログへのコメントありがとうございました。また続きを書きましたので、挨拶がてらお知らせさせていただきます。

http://gushou.blog51.fc2.com/blog-entry-117.html

いろいろとわけのわからんことを書いてますが...、お時間があればご一読を。

ときどきお会いしてますね 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2008.04.01 23:17 
  • [編集]
愚樵さん
ようこそのお運び厚く御礼申し上げますm(__)m

えーと、いま読ませていただきましたが、とっても難しいですね。

愚樵さんがおっしゃる「女性原理」「男性原理」「母性」「父性」という言葉には
違和感を感じずにはいられず、本題はあまり理解できていないかも。

これらは象徴的な言葉にすぎないのでしょうが、その“象徴”に
女性は振りまわされ続けたのですから、過敏反応してもおかしくはないでしょう? 
自分に関していえば、私に「母性」はない。けれども、母をやっています。

ただ言葉はいったんわきにおいて、また今度ゆっくり読ませていただきたいなと思います。

ほんとに読んでいただいたのですか? 

読めといっておきながら、こんなことを言うのもおかしいですが(笑)。

今から思うと、あのエントリーは皆を煙に巻くためのものでした。反論されて、オレはこんなことを考えてるんだぞう、文句あっか! みたいな勢いで書いてしまったエントリー。恥ずかしいですね。

ただ、あそこに並んだ言葉はともかく、ああいったことを考え、感じている私がいるのは事実ではあるんですけど、ね。でも、あんな書き方をしちゃダメですね。伝わるように書かないと。あれじゃ単なるマスタベーションです。そんなのを覗いてみろとは、私もヒドイことを言ったもんだ。申し訳ございませんでした。

と、まあ、いきなり恥をかいてしまいましたが、一度恥をかいてしまうと後は怖くないので、また、恥をかきに来させてもらいます。御迷惑でなければですけど。

よろしくお願いします。

もちろん読みましたとも! 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2008.04.03 22:55 
  • [編集]
愚樵さん
理解できたかどうかはまったく別の問題ですが。
理解する前に煙にまかれてゴホゴホしてしまったようです(笑)

>御迷惑でなければ
もちろん喜んで読ませていただきます。
こちらこそよろしくお願いします。

引退表明は唐突に(笑 

  • 村野瀬玲奈 
  • URL 
  • at 2008.04.05 16:53 
  • [編集]
>DVD-BOX予約注文しちゃったよ。。

こういうものを買うから、母性神話が生き延びるのだキイキイ。笑

一瞬 顔が青ざめた 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2008.04.05 18:56 
  • [編集]
>こういうものを買うから

だって、このDVDではまだ引退しないもんっ
それにチビ喜代美ちゃんがかわいいんだってば
(ミカンが見たい見たい~とうるさいんですな)

Comment_form

管理者のみ表示。

Trackback[この記事へのトラックバック]

空くじなしのきつねの宝

息子(9才)が 年度末ということで 学校からいろいろ持ち帰った物を 日曜日に整理していたら 文集が出てきた その中に創作文があって それがちょっと面白い 余人を以て代え難い というわけではないけど まあ、なんというか ここで紹介するぐらいの 親バカを 許しておくん...

Menu

最近の記事 ▼

ブログ内検索 ▼

プロフィール ▼

FC2カウンター ▼

ブロとも申請フォーム ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。