ひねもすのたのた

とりあえず日常かな

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

もうひとつの国歌強制

新聞を読むのがますます遅くなり、ただいま2カ月半遅れで進行中(笑)

朝日新聞にイスラエルの国歌の話が載っていた(村上伸一氏の記事)。
イスラエルといえば、ユダヤ人(と西欧人が無理矢理)がつくった国家であり、
いまもパレスチナへの侵攻を続けている。

しかし、そのイスラエルに多くのアラブ人が住んでいる、という
認識は、これまであまりなかった(最近の占領区は別にして)。
「ユダヤ人だけ民主主義の国」というタイトルのその記事には、イスラエルの国民のうち
約2割がアラブ系だと記されていた。

にもかかわらず、イスラエルの教育省の方針で、各学校は
「イスラエルはユダヤ人の民主主義の国」であると
こどもたちに教えなくてはならないという。

記事にはそうは書いていなかったのだが、国歌も教えなくてはならないらしい。

イスラエルの国歌は、シオニズムの歌でもある。

ハティクヴァ
(露西亞舘 ウラジーミルさんより拝借。表記は変えましたm_ _m)

ユダヤ人(びと)が望みは はるかいにしえより
シオンの地を目指すこと
いざ東へ向かわん
希望いまだつきず
二千年が望みは
シオンとエルサレムの地へ
自由を得るために
シオンとエルサレムの地へ
自由を得るために


アラブの人がこの歌を歌う、ではなく、歌えと強要される。
同胞が土地を追われ、かつてのユダヤ人と同じようにさまよっているというのに。
(なかには自分たちの土地が奪われた人もいるだろう)

記事中では、ある高校のサッカーの試合で、アラブ系の生徒の一部が
起立して国歌を歌うのを拒否したところ、
主催者は、全員が起立しないかぎり試合を没収する、と通告したそうだ。

これが「民主主義の国?」と聞き返したくなるではないか。


しかし、イスラエルもいま変わりつつあるらしい。
イスラエル建国60年を期にこのハティクヴァの歌詞を変えようとする議論が高まっているという。
歌詞中の「ユダヤ」を「イスラエルにすべき」とだというのだ。

内閣にアラブ系のマジャドレ氏(Raleb Majadele)が入ったことがその一端となったそうである。

ところで、どこぞの国もまた、一部の人々にとっては苦痛となる歌を強要する。
(しかも今日、学習指導要領に「愛国心」が入った、と…><)

日本にはいま、海外から多くの人々が訪れ、さまざまな人種の人々がいろいろな形で生活している。
国籍は日本でも、出身は中国や朝鮮半島、東南アジアといった人たちだって少なくない。

そういう人たちに日本の国歌を強制することが何を意味するのか、
“国歌を強制したい人たち”はわかっているのだろうか?(実はわかっているんだと思う)

こんなことをするかぎり、彼ら(そして私たち)に日本を愛せ、といっても無理だろう。

塩野七生の「ローマ人の物語」では、古代ローマの成功は、
ローマが軍事的に制圧した地域を強圧的に支配しようとしたのではなく、
ゆるやかな“同化政策”をとったことにあったとしている(だったと思う)。

そこに強制は混じっていない。
この政策は、ローマのもとでは自分たちはより大きな利益を得られる、と
制圧した地域の人々に思わせたことで力をもち得たのだ。

ローマが正しい、とか、すばらしい、と言いたいわけではない。
強制で従わせても、愛は得られない、と言いたいだけ。

前述のイスラエルの高校のアラブ系の生徒は最終的には国歌のときに起立したそうだが、
それによってイスラエルという国家やその国歌を敬ったわけではないことは確かだろう。

☆3/29夜 文章がおかしいところ数カ所直しました。

  • [No Tag]

Comment[この記事へのコメント]

参考になります 

  • 書を守るもの 
  • URL 
  • at 2008.03.29 21:46 
  • [編集]
村野瀬玲奈さんのところが国歌国旗で盛り上がったとき、伝統を持ち出して君が代を箔付けする人がいて、違和感があってちょっかい出しました。
ちょうどその頃にチベットがあり、少し後にはてな界隈がアイヌで盛り上がって(http://b.hatena.ne.jp/entry/http://www.asahi.com/national/update/0323/TKY200803230259.html)、今も違和感をかかえています。

イスラエルの国歌や少数民族はこれまで問題意識になかったので、
おかげで勉強になりました。

ありがとうございますm(_ _)m 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2008.03.29 23:13 
  • [編集]
書を守るものさん

イスラエルの少数民族については私も今回、はじめて意識しました。

アイヌの事情ってあまり知られていないんですね…
でも、私も北海道に引っ越してきてはじめて、きちんとアイヌについての本を読みました。

ご存じかもしれませんが、
アイヌに対しては、かなり強圧的な同化政策(ローマとはまったく違う)がとられ、
アイヌの人たちは自分たちの言語も話せない、服装も和民族のもの、という形であったと思います。

二風谷ダムの建設も、アイヌ文化を壊すものとして、
アイヌ民族やそれを支援する人々の大きな反対運動があったはずですが、
結局押し切られてしまいました。
いま、同じ地域にさらに平取ダムの建造計画が進められています。http://mirai00.hp.infoseek.co.jp/nibutani02/biratoridam.html

わが国の伝統を重んじる、という割には、
先住民族の伝統や、他国の伝統を重んじない、という矛盾した国ですね。この国は。

Comment_form

管理者のみ表示。

Trackback[この記事へのトラックバック]

国旗、国歌の意味と使い方を考えてみました

いつもそうなのですが、「国旗・国歌の強制」問題について取り上げると、「規則や職務命令に従わないのはけしからん、公務員、社会人とし...

愛されない国ほど愛させようとする...暴力的手段を使ってでも。

「新しい」学習指導要領について、メモ。まず、碧猫お姉さまがいろいろな報道をまとめてくれました。 ●Gazing at the Celestial Blue 小細工まで...

Menu

最近の記事 ▼

ブログ内検索 ▼

プロフィール ▼

FC2カウンター ▼

ブロとも申請フォーム ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。