ひねもすのたのた

とりあえず日常かな

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

雪解け

3月に入ってから、日々雪が少なくなっていく。
雪らしい雪がないどころか、
しょっぱなから最高気温が5℃などという日が続いている。

今年は春が早いのを喜ぶべきなのだろうけど、
実は私は北海道であまり好きになれないのがこの時期だ。

雪はかたく薄汚れてきて、ところによっては泥まみれになっている。
年輪のようになった雪の肌がなにやら恨みがましく見える。
地面はどろどろしており、植物も(常緑樹以外は)芽吹いていないうえ、
去年の枯れ草が雪の下からおどろおどろしく顔を出す。

これで雨が降るとほんとに最低の気分になる。
雨具をもってムスメを連れ歩くのは大変だし(ミカンはおとなの傘を持ちたがるのだ)、
何より雪より寒く感じる。

外で遊ぶにも、雪ではもうほとんど遊べないし、
自転車やシャボン玉、お絵かきなんかをするには寒すぎる(やってるけどね)。

それでも、小さな楽しみはある。

氷うく

雪の端の部分は圧縮されて氷になっており、
必ず下から解けていく(雪解けで下にたまっていく水のためか?)。
こうして薄くなった氷をパリンと踏みしめる。
これがけっこう快感。


氷

夕方になって暖かい時間帯に解けた雪が凍り始めた。
きれいな樹枝状になっている。
枝が伸びる角度を調べてみるとおもしろいかもしれない。
(単純に考えれば60度かしら)

氷2

本物の枝が水たまりに映っていた。

  • [No Tag]

Comment[この記事へのコメント]

雪解け 

  • ×第二迷信 
  • URL 
  • at 2008.03.16 07:18 
  • [編集]
>雪の端の部分は圧縮されて氷になっており、
>必ず下から解けていく(雪解けで下にたまっていく水のためか?)。

熱吸収の関係で、雪より地面のほうがあたたまりやすいですからね。(熱伝導率がいちばん悪いのが「水」だったと思う。その前に、太陽光の反射率が…)

「四季の歌」で、「根雪を解かす大地のような…」を思い出しました。
(でも、根雪を解かすのが、なぜ「を愛する人」なんだろう? )

雨のときは寒い 

雪より雨の方が寒いって,雪国に暮らしてないとわからないことですね.いまは東京にいますけど信州北部で育ちました.三月の雪って氷みたいに堅くてしかもところどころグズグズに柔らかかったり,歩きにくくて好きじゃないです.
針のように伸びた氷の結晶,きれいに撮れましたね.誰かが「ありがとう」って声かけたんでしょう(嘘).

根雪を解かす 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2008.03.16 13:10 
  • [編集]
×第二迷信さん
>雪より地面のほうが
あれ、やっぱりそうですか?
そうかな、とも思ったんですが、この端の部分に関しては、
水の効果の方が強そうに見えたんですね。

>根雪を解かす
うーん、冬を愛する、じゃないですなあ。
実は冬が嫌いなんじゃないのか、この人(笑)
さすが×第二迷信さん、鋭い^^

3月の雪は 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2008.03.16 13:18 
  • [編集]
三ねんせいさん
>氷みたいに堅くてしかもところどころグズグズに柔らかかったり
そうそう、そうなんです。
それにこの時期って世界がくすんで見えるんです。

>誰かが「ありがとう」って声かけたんでしょう(嘘)
くすくす 
ミカンはレース状に成長した水たまりの氷を見て「だいすーき」と言ってましたけど、
水たまりで車がどろどろになって、罵倒している人の方がどう考えても多そうです。

最高気温が5℃! 

  • 水葉 
  • URL 
  • at 2008.03.16 14:44 
  • [編集]
北海道はまだまだ寒いのねぇ。こっちは、今年はあったかいけど、と思ってましたら、あったかいんですかそうですか。

こちらの最高気温は20度くらいですもんね。長袖Tシャツ1枚で外に出られます。

雪の話題は苦手ですが 

  • Ladybird 
  • URL 
  • at 2008.03.16 18:21 
  • [編集]
>熱吸収の関係で、雪より地面のほうがあたたまりやすい
 私もそう思います.雪や氷は光をあまり吸収しないのでは.
 だから光は,表面で反射されなかったぶんは,そのまま地表に達して地面を直接あたためる.

なに~っ 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2008.03.16 22:01 
  • [編集]
水葉さん
>最高気温は20度くらい
キイっ 南国の生活うらやましすぎ!(笑) 初夏ですよ、それは~
北海道では真冬に最高気温が-2℃フツー、-5℃以下しばれる、0℃以上あったかい、
という感じに体が馴らされていきまする。

2月に本州から夫の会社の人が出張でやってきたとき、
「今日は日中2℃まであがったので、すごくあたたかくって…」と言ったら、
「えええ」と驚愕されましたが(笑)

あ、集中砲火だ!(笑) 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2008.03.16 22:09 
  • [編集]
Ladybirdさん
>そのまま地表に達して地面を直接あたためる
ああそうか~
こう考えたことはありませんでした。

私の感覚としては、雪に反射されない分というのは、
直接水分子に吸収されて、昇華しちゃうのかな、と思っていたんですけど。
とにかく真冬だと、雪は解けずに昇華しているような印象があります
(実はあまり根拠なし でも実験はできそう)。

昇華 

  • ×第二迷信 
  • URL 
  • at 2008.03.17 21:10 
  • [編集]
>とにかく真冬だと、雪は解けずに昇華しているような印象があります

もちろん、氷点下でも、空気が乾燥してれば昇華します。
冷凍庫の氷も、ほおっておけば減っていく…はず。(ただし、扉を開けて外気がはいると、結露するかな)
(霜か)

NoTitle 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2008.03.18 00:42 
  • [編集]
×第二迷信さん
>氷点下でも、空気が乾燥してれば昇華
ああっ相図…
北海道の空気はカラカラですから(もちろん寒ければ湿度は
低くなりますね)、昇華してますよね~(とうれしい)

直接、太陽光を吸収して昇華する、っていうのもあると思うんですけど。どうでしょう?

反射と吸収 

  • ×第二迷信 
  • URL 
  • at 2008.03.19 20:10 
  • [編集]
>太陽光を吸収して

 昇華するのは「表面」で、
太陽光(赤外線がいちばんエネルギーが大きい)を吸収するのは、透明氷(乱反射するから「白い」)の「内部」の温度を上げるんだと思いますが…。

まあ、温度が高いほうが昇華スピードは速くはなりますけど、「春」は融解のほうがメインでしょうねー。
(昼間に解けたのが夜中に凍ってアイスバーンに、というのは北陸のスキー場でも経験します)

なるほど~ 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2008.03.19 23:12 
  • [編集]
>透明氷(乱反射するから「白い」)の「内部」の温度を上げる
たしかにいまの時期はそうかもしれませんねー

表面温度と内部の温度の違いを測定するとおもしろいかもしれません。
うーん、でも太陽のあたった状態の表面の温度を
どうやって測ればいいんだろう。
あ、単に温度計のみを日光から遮ればよいのかしら。

Comment_form

管理者のみ表示。

Trackback[この記事へのトラックバック]

Menu

最近の記事 ▼

ブログ内検索 ▼

プロフィール ▼

FC2カウンター ▼

ブロとも申請フォーム ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。