ひねもすのたのた

とりあえず日常かな

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

出産の危険性(アフガニスタンと日本と)

私の好きだった海外ドラマ「ER」で、医師の卵たちの面接のシーンがあった。
「なぜ医師を志したの?」
「人を助けたかったからです!」
次の学生も、その次の学生も、またその次の学生も…。

面接をしている医師はうんざりした顔を見せつつ、
(ERでそんな悠長なこと言っていられるかい!という感じか?)
自分もそうだったことを思い出す。
…そんなシーンだったような気がする。

昨日、北海道では2006年に腸閉塞で亡くなった女の子を診察した
医師たちが不起訴になったというニュースが流れた。
診察時に腸捻転もしくは腸閉塞を見逃した、という疑いで、
書類送検されていたのだ。

女の子は本当にかわいそうだと思うけれど、ご両親のことを思うとつらいけれど、
それでも、医療関係者の意見などを見ていくと、やはり不起訴は妥当であり、
書類送検をすべきでなかったのではないか、という気がする。
(子供の腸閉塞を見つけるのは難しいらしい)

そもそも医療過誤で、警察が出てくること自体、本当はおかしいのじゃないかしら。
まず、なぜ過誤が起こったか、それを突き止め、再発防止策を考えることが先決。
内部調査では問題が隠される、という指摘はもっともだと思うけれど、
素人の警察にやらせても、何が問題だったかわかるはずがないじゃん、と思う。


医療は「自然のままであれば、失われていたかもしれない命を救いあげている」のであって、
「健康な人間に危害を与えている」のではない。

それが大前提ではないかしら。

いま、産婦人科医と小児科医が減少しているのは
(都市部に集中しているだけでなく、中堅の医師が産科医をやめてしまうらしい)
勤務の大変さだけでなく、医療訴訟を恐れて、という面もあるという。

話はいきなり変わるが、、、
2月18日にアフガニスタンの女性の状況についてのTVを最後だけ少し見た。
アフガニスタンではいま、出産によって28分に1人が命を落とすという。
1年間に約1万9000人ということだ。
2002年には33分に1人だったらしく、さらに死亡数が増えている。

最初の方を見逃してしまったので、これほど出産時の死亡が多い理由は聞けなかった。
2002年当時の理由をあげておくと、
訓練を受けた助産婦がいない、
何か異常があっても診療所や保険センターには容易には行けない
(遠方で、しかも男性の付き添いが必要)、
衛生的な環境で出産できない、
避妊の知識もいきわたっていない、といったものであった。

日本に比べ、出産時の死亡率は約400倍だという。

たぶん、私もアフガニスタンにいたならムスメを無事に産めなかっただろう。
吸引分娩で、分娩後に手術もしているし。
(骨盤が小さいので経膣で産むのはぎりぎり、と言われていた)
日本にいたから産めた。ムスメも元気に産まれた。

で。。えぼりさんのところで知ったのだが、2月18日、というのは
福島大野病院の産婦人科医が逮捕された日なのだそうだ。

(福島大野病院の問題については
「ある産婦人科医のひとりごと」さんのページなどが参考になります)

医療関係者ではないけれど、そういう人間の声も必要だと思うので、

我々は福島大野病院事件で逮捕された産婦人科医の無罪を信じ支援します。

に私も賛同致します。

私はこちらのコメント欄に入れないようなので、ある産婦人科医さんの方も
リンクしておきます。

☆このエントリーでははじめはアフガニスタンの女性のことだけを
書くつもりだったのだけれど、
大野病院の問題を知ったとき、頭の中で2つがリンクしてしまい、結局、両方を書くことになった。
そのためにわかりにくい内容になっているかもしれない。
  • [No Tag]

Comment[この記事へのコメント]

衣・食・住の次、 

衣・食・住の次に来るもの。
私は個人的に「交通」、と思ったりもしますが、やっぱり「医」でしょうか。いま、もっとも急がれる問題なのかもしれません。

警察の捜査、「個」の過失を問うものでしょうが、確かにそれも避けて通れないのかもしれません。しかし、それだけに目をやってしまうと、かえって本質が潜ってしまうことになりかねません。難しい問題です。(その点では、自動車事故も同じ)。
医療事故の被害者(ご遺族)は、決して医師個人を責めるのではなく(感情的には当初、それもあるのかもしれませんが)、医療機関側に事実の隠蔽があるならば、それを問うているものと思います。

「医」の問題といえば、最近ブログを開設されたアイスゆずさんが鋭意、取り上げていらっしゃいます。

会陰切開 

  • 水葉 
  • URL 
  • at 2008.02.22 02:07 
  • [編集]
・・・が、衛生的な環境で安全に行われる日本だから、母体の回復も早いのかもしれませんね。緊急帝王切開の準備は常にあるし。

私は比較的安産だったけれど、酸素吸入しながら産みました。

我が家の事情、大暴露。

「なぜ医師を志したの?」
夫「父親に脅されて」

「なぜカウンセラーを志したの?」
私「なりゆきで」

我々は福島大野病院事件で逮捕された産婦人科医師の無罪を信じ支援します 

  • ある産婦人科医のひとりごと・管理人 
  • URL 
  • at 2008.02.22 02:52 
  • [編集]
本件は、癒着胎盤という、術前診断がきわめて難しく、治療の難度が最も高く、対応がきわめて困難な事例です。このような対応困難な事例において、外科的治療が施行された後に、結果の重大性のみに基づいて刑事責任が問われることになるのであれば、今後、外科系医療の場において、必要な外科的治療を回避する動きを招来しかねないことを強く危惧します。

面接試験 

  • Ladybird 
  • URL 
  • at 2008.02.22 04:42 
  • [編集]
 「伝記を読んで感動したから」
 「自分の祖母が死にそうだったのを救われて,医師の仕事はすばらしいと思ったから」
など,できるだけ具体的な例をあげて答えるべし,と面接のマニュアル本に出ている.
 管理・評価・厳罰ばかり目につく昨今,医療関係者の発言は新鮮に感じます.

ある産婦人科医のひとりごと・管理人さま 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2008.02.22 16:01 
  • [編集]
お忙しいところ、わざわざ足をお運びくださり、ありがとうございましたm(__)m

この“事件”が医療過誤でさえなかったにもかかわらず、
医師が逮捕されたということを管理人さまのブログで知り、衝撃を覚えました。

医療従事者を追いつめることは医療の恩恵を受ける自分たちの首を絞めることでもある、
と思いつつ、この記事を書きました。

とりいそぎ御礼まで

リスクの存在を見つめられる社会 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2008.02.22 17:57 
  • [編集]
札幌運転所隣人さん
>衣・食・住の次に
そうですね、私も「医」と思います。

たしかに組織は基本的に「事実を隠蔽する」という性質をもつかもしれません。
その点では医療過誤に関しては第三者(医療関係者)の検証が必要になりそうですね。

しかし、医療上の過失を単純に刑事事件につなげることには大きな違和感を感じます。

人間は誰でもミスを犯すものです。
医療の場合はそのミスが死に直接的につながるために大きな問題としてとりあげられます。
しかし、そのミスを個の責任として問うと、おっしゃるように本質が潜ってしまい、
システム上に存在するミスを犯した原因が見逃されるように思います。

リスクを小さくしようと努力するのは個々の構成員でしょうが、
リスクの存在を認め、それに対処するのはシステムの管理者でしょう(この場合は厚生労働省かな)。
(と、これは釈迦に説法ですよね…笑 すみません)

医療においては「無為」が死につながることもあるので、
医療を受けとるわれわれが、医療を行うことで生じるリスク
(ミスのない場合でも生じる問題、および何らかのミスの両方)を
ある程度覚悟しなければならないようにも思います。

アイスゆずさんや白鳥一声のbirds-eyeさんのところには
そのうちゆっくり訪問して勉強させていただこうと思っているのですが、怠けております^^;
ほかにもよい記事がありましたら、また紹介してくださいませ^^

ばらしていいのか?(爆) 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2008.02.22 18:09 
  • [編集]
>緊急帝王切開
私もだめだったら途中から帝王切開に切り替えるからね、と言われていました
(えー、だったら最初から、とつい思ったけど 笑)。

>酸素吸入
ええぇっ? 酸素吸入を受けていても安産なんですか?

>「父親に脅されて」 「なりゆきで」
なんとそういう事情だったとは!(笑) 
水葉さんのカウンセラーは天職という感じなんですが~
patさんはお父上もお医者さまなんですか?

そういえば、昔お医者さんどうしの結婚式、っていうのに出席したことがあったっけ。
職場や恩師関係は全員医者だし、家族もみな医者だし、大学の友人関係も医者だし、、
って医者じゃないのは中高時代の友人のわれわれだけかよーっ、
ていうなんとなーく肩身の狭い思いをしたことが……(笑)

面接のマニュアル本 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2008.02.22 18:12 
  • [編集]
Ladybird さん
なんでそんなの知っているんですか?
もしかして、医師を志していたとか?

>管理・評価・厳罰
本当にね。。でもそうしたからといって、別に物事はよい方向に向かわないのですよね。

どんどん減っていく産科医 

  • 逝きし世の面影 
  • URL 
  • at 2008.02.22 18:17 
  • [編集]
昔、娘が子供の頃、「ここで生まれたんだよ」と生まれた産婦人科医院を見せようと連れて行ったら、きれいさっぱり何にも無い。青空駐車場になっていた。
自分の生まれたところが、駐車場だったことで、えらくがっかりする娘。
赤ん坊をとりあげた助産婦や産婦人科医は他の病院(医療)問題以上に重要な役目があり、無くなるのは大問題ですね。

NoTitle 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2008.02.22 20:07 
  • [編集]
逝きし世の面影さん

>きれいさっぱり何にも無い
それは、本当に残念でしたね。自分が始まった瞬間ですものね。

お産は保険診療ではなく、病気ではない、という扱いですが、
出産というのはもともと危険なものなのだ、という認識がもっとあってもよいように思います。

お産は危険 

  • 逝きし世の面影 
  • URL 
  • at 2008.02.23 10:41 
  • [編集]
アフガンなどでは生まれてからも、成人するまでに大勢子供が死ぬ。
日本でも昔はそうでした。5~6人生んで4~5人が育てば大成功。私の母親の一番の自慢は、10人生んで10人とも元気に育てたことでした、
現在の少子化の原因は、色々あるでしょうが小児医療の発達にも、大きな要因がある。
今の親は子供が死ぬことを計算に入れていない。其れで、たまたま運悪く死んだら親が黙っていないで裁判沙汰になる。

産科や小児科の医師になりたがらない原因は警察(裁判)沙汰になりたくないが大きいらしいが、医学とは完成されたものなのでしょうか。?

同じ交通機関の事故でも、自動車の事故調査は即刑事責任が追及されるが、航空機の事故調査では関係者全員が免責され調査に協力する。
この違いの原因は,一方(自動車)が完成されたもので、一方(飛行機)は完成していないためらしい。

完成されたものは責任を追求され、未完成なものは追及されない。
これは未成年の刑事責任を問わない発想に似ている。
翻って、今の医療技術は完成しているか。?全く完成していないように思える。
医療事故においては、警察ではなく航空機の事故調査委員会のような専門家による原因究明が一番大事でしょう。


私のブログの産婆役だったえあしゃさん。自分で良い記事だと思うものほどコメントがこない。何が原因なんでしょうか。?
それと此方へのトラックバックが如何しても出来ません。ブログを育てる為の良いアドバイスコメントをお願いします。。

NoTitle 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2008.02.23 18:52 
  • [編集]
逝きし世の面影さん
>アフガンなどでは生まれてからも、成人するまでに大勢子供が死ぬ
そうですね。ここには書きませんでしたが、4人に1人が5歳までに亡くなるそうです。

>完成されたものは責任を追求され、未完成なものは追及されない
これは鋭いご指摘ですね。

しかし、自動車のような一見完成されたものであっても、
人為ミスは十分に入り込む余地があり、そのミスを少なくする技術や
人間工学的な工夫がいまも続けられているのですよね。

医学は完成されたものではないから原因究明を第一に、という主張は
たしかに納得できるものではあります。
でもそれ以上に私は、人命を救うために行っている行為だから、
人為ミスが入り込んだときには基本的には罪に問わず、原因究明を第一に、
という主張をしたいのです。

でなければ、誰が医師になるでしょう?
自動車のように、自分が運転したくなければしなくていい、
社会も別に困らないという種類のものではないのです。

ブログに関しては次のコメントで。

NoTitle 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2008.02.23 19:47 
  • [編集]
まず、コメントに関してですが、、
私も始めた頃はほとんどつきませんでしたし、ほかの方のブログでも、
コメントがつかないときの方が多い、という方もいらっしゃると思います。
ですから、コメントについてそれほど気にされる必要はないのではないでしょうか?

自分のことを考えると、どなたかのブログでいい記事だな、と思っても
コメントを書かないことは多いですよ。
記事が内容的にも、表現としても完成しているときにはとくに。
いい記事で説得力を感じたとしても、自分の中にその問題に関する知識や思考が
もともとないときには、コメントを付けられません。

私が布引さんにアドバイスというのも、なんかおかしいのですが、
昔ある方が「世の中の半歩先を行け」とおっしゃっていました。

自分の中のもやもやしたものを言語化してもらえるのはうれしく、
もう半歩いけばたどりついたはずの思考に出会えるのは新鮮です。
しかし、まるまる1歩進んでしまうと、ちんぷんかんぷんだったりする、というような意味です。
新しい芸術がその時代の人になかなか受け入れられないように。
…とえらそうに言ってみました^^;

トラックバック、おかしいですね。
いまは100%英文とアダルトのフィルターしかかけてないんですけれど。
相性が悪いのかも? 

NoTitle 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2008.02.23 19:54 
  • [編集]
↑あ、じゃあ、コメントを付けた記事は完成していないとか、
いい記事ではないってことでもないです。
自分の中に反応するものがもともと存在するとき、そこに何か引き起こされたとき、
にはコメントが書きやすい、ということです。

出産は危険を伴うもの 

  • 三ねんせい 
  • URL 
  • at 2008.02.24 12:17 
  • [編集]
統計数値などに無知で,出産時の死亡がアフガニスタンで特別に多いのかどうか (いまの日本と比べて多くても) わかりませんが,昔は日本でもヨーロッパでもお産のときにお母さんが,赤ちゃんが,あるいは両方が,亡くなる例はかなり多かったのではないでしょうか.私の母も四回の出産のうち一回は死産でした.
出産は危険を伴うことであり,医者を罪人に仕立てることで誰も救われないと思います.

トラックバックありがとうございます 

  • えぼり 
  • URL 
  • at 2008.02.24 17:43 
  • [編集]
ケニアで電気も水道もない村の診療所で働いていた頃に何件かお産を扱いましたが、運よくすべて無事に済みました、しかしそうではないこともある、というのを忘れたことはありません。同様に日本だからいつも無事、というわけでもないことも。

わたしはこのK先生は本当にやれるだけの事をしたと思います(しかもたった一人で!)、わたし達は絶対にそのことを忘れない、そのつもりで毎年この企画をしています、ご協力ありがとうございます。

NoTitle 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2008.02.24 22:00 
  • [編集]
三ねんせいさん
アフガニスタンの妊産婦の死亡率は、世界でも1~2位のようです(10万人に対して約2000人)。http://unstats.un.org/unsd/demographic/products/socind/childbr.htm

先進国では5~15人。インドは540人、インドネシアでは230人だそうです。
日本では1960年に約120人、1980年に20人、2000年には7人ですから、
医療の発展とともに少なくなってきたことがよくわかります。
それでも、どんな先進国でも0ではないのですよね(アイスランドのような小さな国を除けば)。

>医者を罪人に仕立てることで誰も救われない
そう、誰も救われないのですよね。。。遺族も、これから産もうとする人も。

医師に全能を求めるのは間違っている 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2008.02.24 22:21 
  • [編集]
えぼりさん
もう少しよい記事を書ければよかったのですが。

>ケニアで電気も水道もない村の診療所
!! これは本当に大変そうですね。

>日本だからいつも無事、というわけでもない
自分で産んでみて、お産は何が起こるかわからない、と本当に思いました。

私が産んだ病院は、大きな病院だったにもかかわらず、
産科医は日中1人、夜間1人でしたから、診療も大変だったと思います
(現在は増えているはずですが。近隣の病院の産科がなくなったので)。
実際に私を診ていた3時間ほど、産科の診察が止まってしまいましたし。
そしていま、多くの産科医がそのような状況におかれているのですよね。

>本当にやれるだけの事をしたと思います(しかもたった一人で!)
ある産婦人科医さんのところを読ませていただいて、そのことがとても心に響きました。
なのに、なぜこんなことになってしまったのでしょう?

もうひとつ、命が失われたとき、遺族だけでなく、
医師や看護師もまたそのことで苦しむ、ということを私たちは忘れてはならない、と思いました。

Comment_form

管理者のみ表示。

Trackback[この記事へのトラックバック]

約15万1000人のイラク市民が2003年3月から2006年6月までに殺されたとのWHOの調査

「約15万1000人のイラク市民が2003年3月から2006年6月までに殺された」 ブラウザーでさっきヤフーフランスを開いたら、社会・政治ニュースの...

続 医師不足?

 前回、教育大学にちょっと触れたが、たとえば京大の教育学部は基本的に研究機関であって、教員養成系ではない。(だから、付属小中学校を持ってない。)教育心理学などのエキスパートを育てる役割を担っている(はず)。もちろん、教員免許はとれるし、農学部からでも教員...

我々は福島大野病院事件で逮捕された産婦人科医師の無罪を信じ支援します

私は医療関係者ではありませんが、「我々は福島大野病院事件で逮捕された産婦人科医師の無罪を信じ支援します」のキャンペーンに賛同を表...

「バグダッドの子守唄」

(人気blogランキング参加中。応援クリックお願いします。) 安倍内閣によるイラク特措法延長に関連して、イラク戦争についてネット上を見回...

Menu

最近の記事 ▼

ブログ内検索 ▼

プロフィール ▼

FC2カウンター ▼

ブロとも申請フォーム ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。