ひねもすのたのた

とりあえず日常かな

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

考える力が足りないって

学力低下といえば、上の方の人々は
「ゆとり教育が問題だ」なんだかんだと言いたがるけど、
考える力が足りない、ってほんとは、
単に遊んでないからじゃないの? って私は思っちゃう。

外で鬼ごっこしたりかくれんぼしたり缶蹴りしたり、自転車で走ったり、
ジャングルジムとか鉄棒とかうんていとかシーソーとかやったり、
ビー玉やおはじきで陣地とりしたり、
ドロ団子を作ったり、なーんてしてれば、
スピードを予想したり、大きさを比較したり、
摩擦や慣性力を体感したり、相手の考え方を予想したり、
って普通に身に付くと思うんだけど、どうなんだろう?

だいたい遊びに使いたいものがないとき、って子供ってなんかミョーな工夫をするし、
ルールが難しければ勝手に変えちゃう。
(夏にペンションに泊まったとき、3~7歳の女の子6人くらいで
カードゲームが始まったんだけど、親たちが目を離しているすきに
まったく違うルールになっていてすごく盛り上がっていた)

これって考える力でしょ?
こういうのって教室の授業で教えてもらうもんじゃないはず。 
みんな塾とゲームとお稽古ごとでホントの遊びをしていないんじゃないの?

(授業でやるなら、ぜひ哲学をやってね。哲学の基本って身近な疑問だと思う)





  • [No Tag]

Comment[この記事へのコメント]

遊びは大切 

  • Ladybird 
  • URL 
  • at 2007.11.28 13:25 
  • [編集]
 大賛成.拍手!

 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2007.11.28 22:08 
  • [編集]
ご賛同いただけてウレシイです^^
でも実は自分が子供と遊びたいだけだったりして…

ルールづくり 

  • goldberg2006 
  • URL 
  • at 2007.11.28 23:19 
  • [編集]
たかがカンケリでも、小さい子が同じように楽しめるために、ローカルルールを作ったり。

「与えられたルール」のゲームしかやってない子が成長して何を得られるのか。

 遊ぶの好きな肉食動物は賢い。人間が進化したのは、肉食のおかげだといいますが。

遊びの中身が問題 

  • 布引洋 
  • URL 
  • at 2007.11.29 12:35 
  • [編集]
昔と子供の『遊びの量』も圧倒的に少なくなったが、今では『遊びの質』が違ってきていますね。
外遊びから、家の中へ。
大集団から、少人数または個個人へ。

完全に無くなったのが年齢差、学年差を越えた遊び集団と其れを取り仕切るガキ大将の存在。
近所の小学生と中学生、学童前の幼い子供までが参加して鬼ごっこ等で遊ぶなんて今では絶対に考えられない。
遊ぶのは同学年。
其れも出来る限り均質な集団に限られる。
試験に受かって入る私立小学校や中高一貫教育では生活水準までが均質に為ってくる。
しかし世襲議員や松下政経塾出身議員やエリート官僚の問題点を考えると、自分と同じ均質なものしか知らないオ馬鹿集団は救いようが無いですね。


最後に、言葉の揚げ足取りですが。>哲学の基本って身近な疑問だと思う
科学の基本こそが、身近な『疑問』だと思います。

肉食のおかげ 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2007.11.29 21:44 
  • [編集]
goldberg2006さん
>肉食動物は賢い
そうですね。肉食動物はちびっちゃの遊びの中で狩りのしかたを覚えていくと言いますもんね^^ 

goldberg2006さんとLadybirdさんにはそのうち、生物学とか文化の中での遊びの意味について書いていただきたいな、と(自分が調べるのがめんどいんでこのあたりの話を得意そうな人に押しつける^^)

 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2007.11.29 22:05 
  • [編集]
布引洋さん
>近所の小学生と中学生、学童前の幼い子供
うちの近所ではけっこうみんないっしょに遊んでいマース^^ さすがに中学生はいませんけれど。田舎は子供が少ないので、えり好みはできないんですね。

月食観測をしようと集まったはいいものの、いつのまにか鬼ごっこになっていたことも。観測しているのは親だけ^^; ムスメも混ぜてもらってきゃーきゃーかけずりまわっていました。これもいまでは珍しい光景なんでしょうね。こういうときって、年長の子供たちはいちばん小さいムスメに合わせて逃げ回ってくれます。

とはいえ、5~6人集まって、外でめいめいゲームしている姿もよく見ます。あんたら、なんのために集まってるのよ、という感じです。

>科学の基本こそが、身近な『疑問』
どうでしょう? 科学と哲学は基本的に同じところから始まって同じところに終わるような気がしますが。背後に哲学のない科学もあり得るでしょうが、やはり科学の新しい道筋を開いてきた人間には哲学があったのでは。

哲学の考え方のひとつは、実証とその積み重ねではないかと思っています。その意味で、トンデモあるいはオカルトを科学と信じてしまう人間は、哲学的思考が理解できないのではないかとも感じています。

 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2007.11.29 22:10 
  • [編集]
goldberg2006さん
Tバックを見たら、すでにお書きになっていましたね^^

>みんないっしょに遊んでいマース^^ 

  • 布引洋 
  • URL 
  • at 2007.11.30 11:51 
  • [編集]
す、すごい。
飛び回るヤンバルクイナを見ているようです。


戦争に日本の哲学(京都学派)は協力しているようです。西田哲学等だけではなく日本浪漫派等のインテリ文化人や中間層が熱烈に日本型ファシズムに協力、積極的に推進した。
『我思う故に我あり』のような観念論哲学では何のプラスにもならない。
科学は無数の仮説の積み重ね。仮説を一つ一つ検証して定説を創って行く。
対極にあるのが『信じる心』が基本の宗教と観念論哲学。
哲学と一口に言っても、宗教的な「信じる心」が中心の哲学もあり一概に言えない。
対して『科学する心』とは定説を疑うことなんですね。

哲学 

  • goldberg2006 
  • URL 
  • at 2007.11.30 22:41 
  • [編集]
理系では、よく言われます。

大学での
生物学は限りなく化学である。
化学は限りなく物理学である。
物理学は限りなく数学である。
数学は限りなく哲学である。

(限りなく化学に近い生物学で混乱したのが、私ですが。)

希少動物? 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2007.11.30 22:47 
  • [編集]
>飛び回るヤンバルクイナ
よく交通事故にあうという話を聞いたんで、子供たちにも気をつけさせなくちゃ^^

>宗教的な「信じる心」が中心の哲学
西田も協力していたんですか。。。。なんだかがっかりです。

科学も、宗教みたいなものはときどきありますよ^^ 究極の問題は実証することが非常に困難ですから。検証できない仮説は科学ではない、と言い切る人もいますが、とりあえず無矛盾がなければその仮説はいかし、そのまま楼閣を造っていくという立場もあると思います。

 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2007.11.30 22:53 
  • [編集]
goldberg2006さん

たしかにそうですね^^

>物理学は限りなく数学である
私の大学の物理学教師は「数学は物理学の召使いだ!」とよく言っていました^^;

でもよく物理学史を追っていくと、つねに物理学は数学の後追いをしているんですよね。

数学の概念が出現して、それはそのままでは純粋数学でまったく現実の役に立たないんですが、それに沿ってまもなく自然を説明する物理の言葉が生まれてくる、というような。このあたりgoldberg2006さんの方がよくご存じかもです^^

Comment_form

管理者のみ表示。

Trackback[この記事へのトラックバック]

ゲームは凄いね 【ゲームが趣味!でも父ちゃん業が一番!!】

今度は英検2級編ですって。 凄いですね。DSは。 単なるゲーム機ではないですね。 ちゃんとリスニング問題もあり、ナレーションには、ラジオのDJ等でおなじみのクリス智子さんを起用したらしいです。 1級も出るんでしょうね。 実際に成果があるのなら...

鹿はやっぱり ■鹿だった…

 奈良公園の名物、鹿。観光客の買う「鹿せんべい」は鹿の好物。(原料はフスマとかオカラとかの植物性) 昔、鹿せんべいを買おうとして財布から出した客の、5000円札をパクりとやったアホな鹿を見たことがあり。 肉食動物が賢いなー、と思うのは、草食動物の・・なのを見...

質量保存の法則… (「学テ」では掴めないデータ)

 文部科学省調査による、「質量保存の法則」の理解度調査の記事。 子どもたちの「理科離れ」は、いまに始まったことではないが、「質量保存の法則」みたいな「根本の法則」が理解できてない、という中学生が半分だという散々の結果。 (小学生が、法則として理解できて...

「謝罪」を台無しにする歴史修正主義者

あるコメンテーターの方によりますと、河野談話をはじめ、日本はアジアの戦争被害国と戦争被害者に何度も「謝罪」しているとのことです。 河野談話(あと、村山談話)以外に、日本国として公式的な性格を持った謝罪として

Menu

最近の記事 ▼

ブログ内検索 ▼

プロフィール ▼

FC2カウンター ▼

ブロとも申請フォーム ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。