ひねもすのたのた

とりあえず日常かな

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

沖縄ノートとヒロシマ・ノート

遠ーい昔に2冊続けて読んだんだよね。
相変わらずほとんど何も覚えていないの。

ひとつだけ覚えているのは、どちらかの本で彼の妻の妊娠がわかり、
喜んだのもつかのま、障害があるらしいと告げられる。
出産か中絶かで、離れている妻も自分もそれぞれ悩み揺れ動く。

しかし、彼自身は戦争のもたらしたものを見つめるうちに
産まれてほしいという願いをもつに至る、というような経緯が
書かれていたこと。

本につづられていたのも彼の心の目から見たヒロシマであり、
沖縄であり、戦争というものの意味(だったような気がする)。

歴史を描くというよりは自らの思索をたどっていく、という印象があったんだけど。。。

訴訟の対象になるなんて、大江健三郎も思わなかっただろうな。
(しかも原告は訴えを出したときには読んでなかったなんて…^^;)

あ、私も内容をちゃんと覚えてないのにこんな記事書いているんだった、
ゴメンナサ~イ


  • [No Tag]

Comment[この記事へのコメント]

NoTitle 

  • ラル 
  • URL 
  • at 2008.07.25 17:37 
  • [編集]
初めてみたけど結構おもしろかったです
これからもがんばってください

はじめまして 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2008.07.29 22:16 
  • [編集]
ラルさん
ご訪問ありがとうございます。
レスをとばしてしまい、申し訳ありませんm(_ _)m

>初めてみたけど結構おもしろかったです
これからもがんばってください

ありがとうございます。もう少し内容を充実させたいと思っています。

Comment_form

管理者のみ表示。

Trackback[この記事へのトラックバック]

Menu

最近の記事 ▼

ブログ内検索 ▼

プロフィール ▼

FC2カウンター ▼

ブロとも申請フォーム ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。