ひねもすのたのた

とりあえず日常かな

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

日本人が信じられません…

お笑い系、もといセクシー系美女のサロン護憲派アマゾネス軍団に
水葉さんが登録してくださったということなんですが、
もしかすると入団規定を満たしていないかもしれないので、
ご判断いただきたいと思い、このエントリーを書くことにしました。

●憲法9条
私は本当は憲法9条をそのままの形で残したいと思っています。
しかし他方で、それはすでに真実でないことも知っています。
日本には現実的に自衛隊という軍隊がいます。
それを放棄することはいまの日本にはできないでしょう。

そしてこれまで、9条はあまりにもずるずると拡大解釈されてきました。
このままでは集団的自衛権の行使もいずれ容認されることでしょう。

日米安保条約のときには、多くの日本人が声をあげた。
おそらくもうあのような現象は起こらないような気がします。
そしていつの間にか物事が進んでいく。

だから私は、自衛隊を容認し、憲法によってその活動を厳しく制限したいのです。
集団的自衛権の行使を禁じ、戦闘行為が行われている国や地方への派遣も許さない、
そういう憲法改正を望んでいます。

その意味では私は改憲派です。
逆にいえば、自民党内閣での改憲を許すべきではないとも思っています。

●国際貢献
よく言われることですが、自衛隊の国際貢献は災害救援に特化すればよいと思っています。
アメリカ以外の国家はそれを評価するでしょう。
火山、地震、台風、ハリケーン、洪水等々、地球は自然災害だらけですから。

●自衛隊の縮小
乱暴な見方かもしれませんが、私は、首都圏に核ミサイルを浴びれば
日本という国家はもう体をなさないと考えています。
その意味で外交が重要になります。
日本という国が「そのままの状態でいてくれた方が得になる」と
相手国に思わせるような外交です。

活発な経済交流や技術交流がその具体的な方策となりうるでしょう。

価値観が違う国家はおかまいなしに攻撃してくるかもしれないという問題はありますが。
これは文化交流や情報戦によって、価値観を共有すべく努力しなければならないでしょう。

●過去の戦争について
軍部の独走、とよく言われます。それはその通り。
でも、私は国民にも(ひいては私自身にも)軍部の独走を許した責任があると
思っています。
ロンドン軍縮会議で軍縮を決定した内閣に国民は罵声を浴びせたそうですから。

『ガラスのうさぎ』を書いた高木敏子さんが
「いまは戦前の雰囲気に少し似ている」とおっしゃっていました。
なんとなく国家を批判するような言論を自粛するような傾向が、
ということだったかもしれません。

だから、私の声は小さいけれど、それでも声をつねにあげていく必要があると思っています。

こんなところなんですが、入団できるのかどうか
ご判断くださいませ~(平伏)

  • [No Tag]

Comment[この記事へのコメント]

よろしくお願いします。^^ 

  • 水葉 
  • URL 
  • at 2007.10.23 08:09 
  • [編集]
だから私は、自衛隊を容認し、憲法によってその活動を厳しく制限したいのです。
集団的自衛権の行使を禁じ、戦闘行為が行われている国や地方への派遣も許さない、
そういう憲法改正を望んでいます。

その意味では私は改憲派です。


私もそういう改憲なら歓迎。しかし現在改憲を行えば、そのような方向にならないのは明白なので、9条はそのまま残したいと思っています。また、憲法第一条は廃棄したほうがいいと思っているので、厳密に言うと「改憲派」ですが・・・。(^-^)

どうぞよろしくお願いします。
てか、とっくに入団してもらってるものと思ってました。お誘いが遅くなりましてすみません。

こちらこそよろしくご指導ください(←お笑いを?) 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2007.10.23 09:12 
  • [編集]
>現在改憲を行えば、そのような方向にならないのは明白

本当にそうですね。北朝鮮があやしい動きをすると、すぐ世論が右傾化するのが私とてもこわいんです。こういうとき、憲法9条があって本当によかったと思います。

こちらこそよろしくお願い致します。

 

  • 布引洋 
  • URL 
  • at 2007.10.30 10:32 
  • [編集]
現状の「自衛隊』を容認しているようにも読めるので一言。(最初の投稿がイチャモンで申し訳ありません)

ネットウヨ定番の突然の「お馬鹿質問」の『突然外国(北朝鮮)が攻めてきたらどうする』を漠然となんとなく信じていませんか。?

個人の喧嘩ならいざ知らず、国家が戦争を始める為には膨大な準備と時間が絶対に必要です。
北朝鮮であれ何であれ、外国は突然攻めてきません。

兵器や兵員の準備以上に大事なのが大義名分。
戦争を始める為には大昔から『大義名分』が絶対に必要で、此れが無いと始められないし続けられないし勝てません。
源平の昔は天皇の綸旨、アヘン戦争では議会の承認と世論の支持、大日本帝国の八紘一宇や大東亜共栄圏、今は対テロ戦争や大量破壊兵器、強制民主主義などなど。
太古遊牧民の略奪行為にも正当な理由付け(大義名分)は存在し、単なる泥棒は厳しく罰せられた。
ネットウヨの与太話「突然攻めてきたら」を前提に軍事問題の議論を進めると失敗します。

さっそくつっこまれちゃった…^^; 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2007.10.30 18:55 
  • [編集]
布引洋様
いらっしゃいませ~

うわ、困ったな。まだ考え中のことを急いで記事にしたので、議論の進め方がかなり乱暴であったことは承知しています。

>国家が戦争を始める為には膨大な準備と時間
もちろんそうですね。
ネトウヨの与太話は信じていませんが、ネトウヨに突っ込まれそうなことを前提に書いたことは確かです。(うわーすみません^^;)

だいたい他国が日本に攻め込んだとき、予想される不利益に比べて、得られる利益はあまりにも少ない。それよりは日本という国を存続させたまま利用する方法を考えた方が得でしょう。

自衛隊を容認したいわけではありませんが、軍備を縮小してコントロールするにはまず軍隊の存在を認めるべきだと考えていますので。

日本の防衛についてどう考えるかについてはまだまだ勉強が足りないと思っていますので、あまり突っ込まないでくださるとうれしいですm(__)m

護憲派は軍事問題が苦手 

  • 布引洋 
  • URL 
  • at 2007.10.31 10:04 
  • [編集]
護憲派は私を含め基本的に軍事は疎い。其処をネットウヨに足元を見られて突っ込れるんですね。

>日本には現実的に自衛隊という軍隊がいます

小泉が『自衛隊は軍隊』と言い切るまで、今までの自民党は『自衛隊は軍隊でない』と言ってきた。
対して護憲派は『自衛隊は軍隊』と主張(意味や目的は全く違うが護憲派と小泉の意見が一致)
この不思議の原因ですが理由は、
平和憲法が存在する以上『じえいたい』は『軍隊』ではないはずで『軍隊』なら即違憲で違法の存在になりヤクザやギャング等の非合法の武装集団の1つににすぎなくなる。

自衛隊が世界有数の強力な武力(暴力)装置であることは事実ですが、それでは『軍隊』かと言うと必ずしもそうとも言えない幾つかの不思議がある。
そもそも『軍隊』とはなにか。?
他の組織には絶対に出来なくて『軍隊』にしか出来ない役目(最重要目的)とは「破壊と殺戮」で戦争をするのが軍隊の仕事です。
今の日本の『自衛隊』には『普通の軍隊』とは違う色々な不思議が存在する。
『軍』では敵前逃亡は最高刑(死刑)、自衛隊は懲役7年。此のへんは『軍隊』の特徴よりも『警察』の類似団体と似ている。
上官への反抗罪や命令拒否、敵前逃亡を死刑にしないと『本物の戦争』はやり難い。

今の日本で若者達(自衛隊側も)は、自衛隊任官は国家公務員としての就職活動の一環として捉えているが、此れでは戦争は無理。
『愛国心』論議とも関連するが、国家に一つしかない自分の「心」と「命」とを捧げる必要があるのが『軍隊』で、ここが治安維持が目的の『警察』とは全く違うところ。

自民党は自衛隊を『完全なる軍隊』にしたがっているが、今の日本に『本物の軍隊』は「百害あって一利なし」で平和憲法がある限り許されるものではない。
あったとしても誰も(ネットウヨでも)志願するものは殆どいないでしょう

難しいです^^; 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2007.10.31 20:38 
  • [編集]
“自衛隊が軍隊のように見えて軍隊ではない”“本物の戦争はできない”ということがある種の安全装置になっている、ということでしょうか?

私も自衛隊には戦争ができるだろうかと聞かれれば、できないのではないかと思います(←これはよく知らないので、単なる印象です)

とすると、自衛隊の存在意義というのは何なのでしょう? 

む、むずかしい、、、

 

  • 布引洋 
  • URL 
  • at 2007.11.01 10:20 
  • [編集]
憲法9条は人類の英知の最高峰

>“自衛隊が軍隊のように見えて軍隊ではない”“本物の戦争はできない”ということがある種の安全装置になっている
そうなんですよ。!其の拠り所が憲法9条で、瀕死の状態の今でもこれだけの『偉大な力』がある、といえます。
現実と合っていないとの意見も有るが、理想は高くなければいけない。
現実を理想に近づける努力こそ、私達みんなにとって一番重要で意味がある。
理想を現実に合わせることほど、哀れで情け無い事はない。
●国際貢献
海外派兵は日本の恥。
自国の憲法(9条)をまともに守れない国は誰からも信用されない。
●自衛隊の縮小
マスコミが天まで持ち上げた小泉流新自由主義『構造改革』を自衛隊にも適用する。
ブログ等で徴兵制か志願制かの議論があったが、今の正規雇用を非正規雇用(パート、派遣社員)に置き換える。(これが本当の『聖域なき構造改革』)
大幅な経費削減が図れ、市民と自衛隊の垣根が無くなり、自衛隊の民主化等良い事づくめ。
●過去の戦争について
そうなんですよ。特高警察や憲兵隊は怖かった。
しかし一般市民にとって怖かったのは郵便配達や消防団、町内会役員など身近な人々。本当に怖かったのは隣組だった。

ありがとうございます 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2007.11.01 21:42 
  • [編集]
勉強になりましたm(__)m

理想は高くなければいけない、その通りと思います。他方で、佐藤ヒゲ隊長が駆けつけ警護を既成事実にしようとしていた、というような問題も浮上しています。もちろん憲法違反なのですが、こういう事態をどうすれば解決していけるのだろう、とも思っています。

このあたり、もう少し考えさせてください。

自衛隊の構造改革というのはおもしろいですね。すごく反発が出そうですけど。

ところで布引洋さんはブログを作らないのですか? 私のブログは訪問者が少ないし、なんかもったいない感じ…




一番の弱点を突かれた 

  • 布引洋 
  • URL 
  • at 2007.11.03 12:24 
  • [編集]
ブログを作らない理由は、二歳の時に始まった「人見知り」が未だに治らないもので。

ブログ投稿前に、全部の記事に目を通し確認してからコメントするのですがblog-bluesには、うっかりして大失敗。
華氏451度さんがコメントを送っていたので2.21の記事『共産党を共生党に!』二コメントを送ったことがあるのです。
記事そのものは一見マトモ。しかし返事は異常。私の説明よりも記事のコメントを一読下さい。(いわゆる極左無政府主義グループの成れの果て)左翼護憲派に一見見えますが可也危険な要素を含んでいます。
blog-bluesや競艇場やヤップは同じ元セクトで要注意。
シーガイアが作られる30年以上前、宮崎の一ツ葉海岸にコンミューンを作って共同生活をしている連中の生き残りが、その場所を追われた後、彼らは南の島々へ、山の奥へ(毛沢東でもあるまいに)
日本にコンミューンを作ろうと空想することは楽しいかもしれません。
しかし現実にコンミューン作ろうと考える連中を信用するのは、また話は別です。
今『大東亜戦争』の言葉を平気で使う連中が信用できないのと同じように『スターリニズム』と言う言葉を平気で常用する連中も信用すべきではないでしょう。
今は偽装極左反共の出入りするブログ周辺には近寄らないように注意しています。
なにしろ日本共産党に対して、党名や民主集中制の名称、表現の変更の私の主張が、偽装反共グループと類似しているので、立場が誤解されそうだからです。
私がよく投稿していたATree at easeに大迷惑にもblog-blues氏が嘘コメントを書き込むのでluxemburgさんに一応注意したのですが。・・・・
それ以来luxemburgさんのブログはほぼ停止状態。責任を感じています。

昔新左翼に属していた過去なら何ら問題ない。
昔「コンミューンごっこ」をしていても、笑える話。
誰でも長く人間をやっていると一つや二つ、人には言い難い困った失敗を経験しています。
問題は過去ではない。現在です。
護憲派を隠れ蓑に昔どうりの理論で昔どうりの運動をパソコン上で展開している。(突然スターリニズムの克服を叫ぶ)
知らずに彼等を仲間に引き入れると、信用を無くし多くの一般有権者の支持を失います。

 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2007.11.03 22:10 
  • [編集]
コメント欄を閉じてブログをやるというのもいいかもしれませんよ?
トラックバックを受け付けておけば、それなりに交流もできますし。

私はスターリニズムと言われても、小説や歴史書で知った一通りのことしか知らない、というか歴史上起こったことはある程度知っていますが、思想を言われても本当のところよくわからないのです。ゴメンナサイ。とはいえ、慎重にしなければならないとおっしゃる意味はわかります。

ただ、こういうコメントを書かれるときにはご自身が誤解・中傷される可能性もあるので、非公開コメントにした方がよいかもしれません。老婆心ながらm(__)m

ご興味のある記事はなかなか書けないかもしれませんが、お話はとても勉強になるので、よろしければときどき遊びにきてくださいね。

 

  • 布引洋 
  • URL 
  • at 2007.11.05 11:03 
  • [編集]
保守と極右国粋主義とが根本的に違うように、護憲左翼と極左無政府主義も全く違うものです。

blog-blues氏が使う『スターリニズム』は極左が好んで使う言葉で、普通の左翼護憲派は使いません。
ただ日本共産党、あるいは共産党員は『スターリニズム』の言葉にことのほか敏感に反応し、其の言葉を使う相手に対しては即座に敵(反共)と認定して即座に攻撃することは、政党や政治を知っている者達には常識です。
此の辺の事情(共産党の反撃)は殆ど条件反射に近い。
善意からの忠告であっても『スターリニズム』を使うかぎり理性的な対話は決して望めません。
blog-blues氏には一様は注意してみましたが、氏は『スターリニズム』のこの様な共産党に対する、この『言葉』の持つ意味を正確に理解しているようです。

blog-blues氏の立場は『日本共産党はスターリニズムを払拭し切れていない』では無くスターリニズムそのものと判断していて、
私が『スターリニズムの克服』を口に出せば共産党との理性的討論は無理で、別の言葉に置き換えるべきだ、例えば『官僚主義の克服』等にすべきとの提案を、『想像を絶する言語能力云々、人間の寸法ってもんだ。間尺に合わないんだよ、アホンダラ!』などなど。
繰り返し繰り返し『文章読解力の低いってゆうか、まるっきし日本語の通じない』と罵倒して、私と討論になることを極力回避しています。

『極左』と『左翼護憲派』の違いを理解している私との会話は余程、都合が悪かったのでしょう。

氏によると、
>スターリニズムに比べたらナチズムなんて可愛いものだ
>それっくらい、スターリニズムってえのは、酷いものなんです。
>日本共産党は、口を開けば、我々はソ連共産党とは違う、中国共産党とは違う、朝鮮労働党とは違うと力説しますが、んなものは虚言です
>本質は、スターリニズム以外の何物でもない
>僕は、元日共のゲバルト隊長で、現電脳キツネ目組の
宮崎学組長から直に聞いたんだから、間違いない。

blog-blues氏が『極左』であろうと『極右』で有ろうと、其の事は何ら問題ではない。
問題は護憲左翼を偽装していることです。
ソ連共産党や朝鮮労働党と同一でナチより何倍も酷いとblog-blues氏自身が発言しているなら、ブログ読者に比例区での日本共産党への投票を呼びかける行為は奇怪でグロテスクで説明不能でしょう。

自分達『極左』が支持されないからと言って、左翼を偽装する為の詐欺的行為は糾弾されるべきではないでしょうか。?

>ただ、こういうコメントを書かれるときにはご自身が誤解・中傷される可能性もあるので、非公開コメントにした方がよいかも・・・・
一年程前に注意してもらえれば役に立ったかも・・・・
布引洋名で共産党員系のブログに筆坂問題で『辞めた党員の批判は創価学会のようで見っとも無い』『止めるほうが良い』とコメントを送って嫌がられました。

偽装は困りますけどね 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2007.11.05 21:35 
  • [編集]
スターリニズムに対して共産党は敏感なんですか。う~ん、スターリンが死んだのは1950年代なのに。ペレストロイカだって1980年代…。

コメント欄で返事をするブログに関しては、自分と違った意見でもきちんと対応するブログ主さんたちが好きです(ヘイコメはもちろん例外ですけどね)。

それもあって、アマゾネスの皆さんのところに私は居着いていちゃってるんですけど^^

 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2007.11.05 21:39 
  • [編集]
秘密のコメントさま

ギャグはその人の立ち位置がわからないと、なかなか通じにくいかもしれませんね。

gegengaさんのところにはじめてお邪魔したとき、これはギャグなのかマジなのかというコメントがけっこうありまして、悩みました(笑) 読み進むとギャグだったとわかるんですけどね。

Comment_form

管理者のみ表示。

Trackback[この記事へのトラックバック]

2007年10月18日付け「日米規制改革要望書」の内容紹介をしているブログと論評記事・コメント

(人気blogランキング参加中。)「今年の日米規制改革要望書(2007年10月18日付け)が発表されました (追記あり)」 http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-442.htmlと「報道されなければマスメディアに文

Menu

最近の記事 ▼

ブログ内検索 ▼

プロフィール ▼

FC2カウンター ▼

ブロとも申請フォーム ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。