ひねもすのたのた

とりあえず日常かな

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

直視したくない歴史

自分の過去を考えるとき、いちばんいやなことって
身近な人を傷つけたことじゃないだろうか。
たいていの人は言葉で、だろうけど、
暴力をふるった人もいるかもしれない。

その意味では国家も同じで、同胞を攻撃した歴史というのは、
やりきれないものだと思う。

たとえば韓国でいえば朝鮮戦争だし、
中国なら文化大革命、
アメリカであれば赤狩りだろう。

日本は、、沖縄戦。
日本人が沖縄の人々を虐殺したとか、
集団自殺に追い込んだ、なんてことは
できれば信じたくないことでもある。

でも事実を事実として認めなければ、贖罪もできない。

過去を認めたくない人たちは、日本を“立派な国”と思いたいのだろうけど、
ちょっと考えたらわかるはず。

過去に残虐なこと――直接間接に――を行っておいて
それをただただなかった、と言いつのる国家と、
残虐なことは行ったものの、それを反省し謝罪し、過去の経験を分析し、
将来に活かそうとする国家とどちらが立派か、ということが。

☆今日は朝0度近くまで冷えました。。。。びえーんTT

  • [No Tag]

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。

Trackback[この記事へのトラックバック]

Menu

最近の記事 ▼

ブログ内検索 ▼

プロフィール ▼

FC2カウンター ▼

ブロとも申請フォーム ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。