ひねもすのたのた

とりあえず日常かな

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

民族大移動!

ネコの赤ちゃん(←本日のムスメ)がまだ1歳にならない頃、
とても寝相が悪かった(どこも同じだと思うけど)。

寝相というものじゃなくて、
部屋のすみからすみまで、ごろごろごろごろ転がっていく。
親がいようがいまいがそこを敢然と乗り越え、部屋の端までたどりつく。
それでこの状態を名付けて、

民族大移動(笑)

こんな状態だったので、
壁に激突しないよう、部屋の端にはいつも使わない布団を
緩衝剤として置いていた(というか今も置いている)。

一説によれば、このくらいの月齢の子供は昼間あったことや
体が覚えたことを寝ているときに追体験するとか。
なんとなく納得。

いまや夏はごろごろ転がることには変わりないけれど、
そこにストッパー(親もしくは壁その他)があると
一応そこで止まっておとなしく寝ている。

冬になると、ごろごろは少し収まるが、
代わりに私の敷き布団の下にもにょもにょと入ってくる。
頭の下でな~んかうごめいているよな、と思うと、
ネコ小僧の足なんだよね~

おまけにこの足、人の頭を蹴飛ばしたりもする><

年長さんになると、お泊まり会があるんだけど、
たぶんこのくらいの年齢じゃみーんな似たりよったりなんだろうな。
何が起こるのか、けっこうコワイぞ(笑)

☆付け加えると、ある日の夜中、私の足の先端にムスメの腹あたりが触れた。
まあ、またこいつ移動してきたのね、とふと周囲を見ると、、、、
真横になって寝ていたのはワタクシでした。。。^^;



  • [No Tag]

Comment[この記事へのコメント]

顔面直撃の恐怖 

  • gegenga 
  • URL 
  • at 2007.10.08 10:24 
  • [編集]
ウチの子どもは1~3歳頃、座り寝返りという恐ろしい技を持っていました。
上半身を完全に起こしたところから、改めて寝直すのです。
1度、この座り寝返りの後頭部が顔面直撃したことがあり、目をつぶっていても目に火花が散ることはあると、生まれて初めて知ったのでした・・・。

あ、私もあります! 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2007.10.08 21:11 
  • [編集]
座り寝返り、あまりやるわけじゃないんですが、たまたまやった1発がゴン、と。
やっぱり火花が飛び散りましたよ~ 涙も出てきた。。。。

本人はなぜか平気なんですよね、腹立つことに。子供って石頭?

子供をもつ人は恐怖の顔面直撃の被害者多し、かも!

Comment_form

管理者のみ表示。

Trackback[この記事へのトラックバック]

Menu

最近の記事 ▼

ブログ内検索 ▼

プロフィール ▼

FC2カウンター ▼

ブロとも申請フォーム ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。