ひねもすのたのた

とりあえず日常かな

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

マスゾエ~

舛添が市町村で年金横領をした人を告発するとしている。
一見、国民のことを考えているようだが、
私はすんごくムカムカしている。

返却していない人や、処分が下されていない人を告発する、
というのならまだわかる。
でも多くは返却し、すでに社会的な制裁を受けている人だ。
もしかすると、生きていくのが難しいくらい
困難な状況に陥っている人もいるかもしれないし、
新しい人生に真剣に向き合っている人だっているだろう。

さらにいえば、たとえ返却していないとしても、
数十万の横領で指名手配して全国テレビで放送って、どうなんだろう、って思う。
まるで殺人犯じゃない。ふたたび横領するとも思えないのに。
もちろん悪いことをしたことには変わりない。
でもね、、、

実は民間でも表に出ない横領はたびたび起こっていると思う。
穏便に事を進めるだけでね。

それに私はどうしても家族のことを考えてしまう。
親が横領していた、ってわかれば子供は傷つくだろうし、
まわりに知られればいじめられるかもしれない。

……実は身近で横領事件があった。
私は横領をした本人は顔見知り程度で
挨拶したことしかないが、子供のことは多少知っている。
横領した人の親が何とか金を用立て、本人は辞職し、
それで終わりということにしたらしい。

会社の信用にもかかわる問題なので、
内密にすませたのだとは思うけど、
家族への配慮もあったのではないかと推測している。

子供たちがまたとても思いやりがある優しい子たちで、
横領の話を聞いたときにはまず子供たちの顔が頭に浮かんだ。
彼らがこのことを知りませんように、と。

職員を告発することによって、職員だけではなく周囲も傷つく。
だから私はマスゾエのあの行動からは冷酷さしか感じられない。

村野瀬玲奈さんも書いているけど、2000億円近くの年金を流用して建設し、
たったの50億円で売り払ったグリーンピアの方がよほど腹立たしい。

追及するならそっちを追及しろよ、マスゾエ~



  • [No Tag]

Comment[この記事へのコメント]

舛添要一厚生労働大臣の反人間的な本質 

  • 村野瀬玲奈 
  • URL 
  • at 2007.10.11 12:26 
  • [編集]
えあしゃさん、トラックバックありがとうございます。

「一見、国民のことを考えているようだ」けど実は冷酷、そして、それによってさらに巨悪を隠そうとしている、というマスゾエの本質がもっともっと広く知られることを願ってまたこの件記事にしないといけないですね。

わかりやすい敵をつくって叩き、戦っているように見せかけて、しかも自分の陣営の巨悪を隠す。わかっているひとにはあまりにもわかりやすい彼のパフォーマンスです。

私もマスゾエとカタカナで書いているけど、一つの記事に一箇所は漢字フルネームで彼の名前を書いてグーグル検索に少しでもひっかかるようにしないといけないかなと考えています。

あと、「追求」ではなくて「追及」ですね。

 

  • えあしゃ 
  • URL 
  • at 2007.10.11 22:15 
  • [編集]
>わかりやすい敵をつくって叩き、戦っているように見せかけて、しかも自分の陣営の巨悪を隠す。

そうなんですよね、それが吐き気がするほど気持ちが悪い。

流用問題も腹立ちますが、国民年金は25年未満で受給資格がない、っていうのも国のぼったくりではないかと疑っています。
納付金も返してもらえないんですよね?

>グーグル検索に
おお、さすが戦略的。

追及! しまった、玲奈お姉様に追及されてしまった(笑)あ、誤用?

Comment_form

管理者のみ表示。

Trackback[この記事へのトラックバック]

「小人(しょうじん)」マスゾエ閑居して不善をなす (追記3まであり)

(人気blogランキング参加中。)「バカ大臣マスゾエ」とか「アホ大臣マスゾエ」という言葉を使って国民に批判されるよりも「小人(しょうじん)マスゾエ」という言葉で批判された方が「含みがあって温かみ」を感じても

舛添厚労相による年金保険料横領職員への告発は評価できません

(人気blogランキング参加中。)舛添要一厚生労働大臣が、年金保険料を着服した自治体の元職員を告発したこと、また、ほかにも告発の強い意向を見せていることについて考えてみます。まず二つのブログ記事にリンク

Menu

最近の記事 ▼

ブログ内検索 ▼

プロフィール ▼

FC2カウンター ▼

ブロとも申請フォーム ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。