ひねもすのたのた

とりあえず日常かな

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

悪の枢軸とか独裁体制が終わりとか

ブッシュがまたやらかしたらしい。
BSニュースを見ていたら、国連の演説で、
キューバについて「もうすぐ独裁者の支配は終わる」などと言ったそうな。

キューバの国連代表団はこれに抗議して席を立ったそうだ。

どうしてこう他国を挑発するかな? 両国関係をさらに悪化させたいのか?

たとえ、その国の政治体制が自国にとって容認できないものであっても、
正面切って批判したら当然、相手国の政府は反発する。
それはその国家に関係している自国の人間を危険にさらすことでもあるのに。
もしかすると、テロを招くことだってあるかもしれない。

でもって、ベネズエラのチャベスやら、イランのアフマディネジャドやらが
アメリカ&ブッシュを批判すると、それは不愉快に思うらしい。。。。

でも、ブッシュのイラク攻撃が大量破壊兵器を理由にし、
その理由に根拠がなかったことが明らかになった以上、
彼らの言い分の方が筋が通って聞こえてしまう。

イランに武器を売ってニカラグアの社会主義者たちを弾圧したコントラとか、
表向きはノリエガ将軍逮捕でも
現実にはパナマ運河の権益にからんだパナマ侵攻とか、
最大のテロ支援国家でしょ、アメリカって。

キューバ批判は、国連での演説ということだから、
ブッシュブレーンが作った演説草稿なのか?
前からわかっていたことではあるけど、まともな人がいないのね、この人の周囲には。

☆演説草稿にルビふってあったとか。ぷぷっ。

  • [No Tag]

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。

Trackback[この記事へのトラックバック]

Menu

最近の記事 ▼

ブログ内検索 ▼

プロフィール ▼

FC2カウンター ▼

ブロとも申請フォーム ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。