ひねもすのたのた

とりあえず日常かな

スポンサーサイト

疑うということ2

日本人は、印刷物に書いてあるものが“正しい”ことに慣れすぎている、と思う。ひとつの原因は、学校教育で使う(少なくとも高校までの)教科書は基本的に“正しい”ことしか書いていないからだろう。理科でも社会でも、基本的に“真実”“定説”とされている事柄しか記載されていない。現在進行形の理論を取り上げることは御法度のようだ。だが、学問をするうえでこれは大きなマイナスだと私は思う。科学理論が健全に(というのもおかしい...

泡瀬に関して

さめさんからトラックバックをいただきました。③泡瀬干潟の埋め立てに関して「泡瀬干潟を守る連絡会と有志一同」の声明が届いたそうです。以下抜粋---------------------1月15日、ついにサンゴの生き埋めが始まってしまいました。~~中略~~ぜひ事業者側の各担当者に聞いて下さいませんか。どうして埋め立てるのか。どうしたら止めてくれるのか。---------------------さめさんの...

肉桂水

子供の頃、幼稚園の園庭に明るい茶色の細い木が生えていた。それは肉桂(ニッキ)、つまりシナモンの木であり、私たちはときどき幹から皮をむいてはその風味を楽しんだものだ。そのうち、子供たちの手の届くところにはほとんど皮がなくなってしまい、幼稚園の先生が「やめようね」と言ったが、もちろん丸ハゲになるまでそれは続いた。で、おそらくご存じの方も多いと思うが、四国ではこんなものが売っている。見たところ色水もしく...

泡瀬埋め立て反対デモ

さめさんからトラックバックをいただきました。明日からついに泡瀬の埋め立てが始まるそうです…なんということ…(涙明日午前中に現地および東京で埋め立て反対デモを行うそうです。くわしくはさめさんの記事をごらんください。とりいそぎ☆NEWS23の泡瀬埋め立てのニュースを見ました。さまざまな色の混じり合った美しい海に灰色の泥が押し流されていく…胸が痛くなる光景でした。ふたたび泡瀬の署名活動始めるそうです。左の欄からど...

新年になりました

後半さぼりまくったブログですが、今年もよろしくお願いします。釧路湿原で泊まったペンションで。餌台に毎日きているらしいシマリスくん。多いときには3匹くらいいた。もしやシマアオジのメス? エゾリスくんはすばしこくて、ファインダーにおさめる間もなく、いつもどこかに去っていく…ついに始まったガザ侵攻。イスラエルは以前から壁をつくってガザ地区への経済封鎖を続けてきた。停戦協定も破った。ハマスが最初だと彼らは...

Menu

最近の記事 ▼

ブログ内検索 ▼

プロフィール ▼

FC2カウンター ▼

ブロとも申請フォーム ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。