ひねもすのたのた

とりあえず日常かな

スポンサーサイト

大晦日の夜はしんしんと…

昨夜は3時間ばかりの間に20cmも雪が積もり、今日は朝から雪かきでした。昼も降ったりやんだり、、でも今日は全国的に日本海側は大雪だそうですね。今年はブログなぞを始めてしまい、最初は鳥と花の写真が中心になるはずだったのに何を血迷ったか、政治記事などを書きはじめてしまい、さらには酒は飲めない、毒気もなくて、ノリツッコミもいまいち、とびぬけて健全!にもかかわらず、護憲派アマゾネス軍団に入団してしまいました。...

昨日のげーずつさくひん

昨日からミカンは冬休み。仕事はじめだの仕事おさめだの、土曜参観日や土曜雪遊びの振り替え休日なんかで、休みの多い幼稚園で困りますわ。午前中はとりあえずお片づけ。午後になってから1時間ほど外で雪遊びすることにした。こういうとき雪国っていいな、って思う。寒いときに雪なしで外で遊ぶっていうのはへたれな親(私だ)にとってはけっこうきつい。とりあえず除雪でつくられた雪山でそりすべりをした。何やら彼女は雪玉とラ...

本日の(ちょっと困った)つっこみ

ミカンのサンタへのお願いは、アクアビーズアート。ビーズをさまざまな絵や模様になるように置き、水を吹きかけてくっつけるというものだ。先日、同じタイプの海外製のオモチャで子供が中毒を起こしたというので、ちょっと不安だった。しかし製造元のエポック社によれば、問題を起こした製品は後追いのもので、エポック社のものには毒性がないという。相方が見てもとくに問題はなさそうだったので、これに決めた。さて、これ箱がか...

30カ月以下の牛は危険という理屈

昨日の続き。ほとんどの消費者は、安全性ではなく危険性を問題にすると思う、と昨日書いた。そこで危険性を安全性と同じように確率で考えてみる。99.9%は安全ってことは、0.1%は危険ってことだよね。100万頭に1頭のウシがBSEに感染しているとすれば、危険性は10のマイナス9乗の確率となる。これ小さいように見えるけど、日本には1億人の人間がいる。その人たちがたとえば年に50回牛肉を食べるとすれば、1年間...

確率はうそをつく

どうも確率とか統計って性に合わない。数学でやっている分にはまだいいんだけど、、、熱力学でちんぷんかんぷんだったというトラウマがあるせいかも。とにかくなんでもかんでも確率でくくられちゃうと、ちょっとナンだかな、って思う。いま気になっているのはBSEの問題なんだけれども。「科学的に考えれば、BSEの全頭検査をする意味はない」という主張。ここで言う科学的、っていうのは、科学的ではなくて、確率的に考えれば...

この期に及んで第3セクター!?

薬害肝炎問題で、ようやく福田総理が謝罪。和解案の枠をはずれるとなぜ議員立法なのか、トンとわかりませんが、法案にはきちんと国の責任を明記してね。肝臓ガンの発症率は先進国では飛び抜けて高い。途上国と比べてもかなり高い。これがどういう理由か、よく考えてほしい。ま、それはそれとして、昨日書こうとしたのは、国家予算案について。地域活性化にかなり予算を投じる、というのはいいとして、地域振興開発機構とかなんとか...

ブログが消えました

昨夜、ブログが消えましたが、朝になったら復旧していました。遊びに来てくださった方、申し訳ありませんでした。とりいそぎ。昨日書いた記事は消えた!(なんかマズイこと書いたっけ?)☆12/25夜追記今日の昼、FC2から連絡がありました。blog113.fc2のトラブルだったそうです。昨日は、過去記事の本数だけあっていて、タイトルが出てこない、過去記事をバックアップしても0バイトになる、という状態でした。仕事関係書類な...

雪かき

私の住んでいるところはそこそこの豪雪地帯なのだけれど、今年はちょっと雪が少ない。積雪20cm(多ければ)なーんていう天気予報があっても、ちらちら雪が舞う程度だったりして。ところが、今週は降った。しかも、天気予報では降らない、と言っていたときに。人間(というより私だけど 笑)ってまったく勝手なもので、雪という天気予報がはずれたときには「よかったよかった」なーんて言っているくせに雪が降らないという予報で実...

個別事例をなぜ全体に敷衍したがるのか

水葉さんやお玉さん、gegenga師匠等々が先日、生活保護の問題を取り上げていらしたが、とたんに「不正受給がうんぬんかんぬん」と始まった(おもにお玉さんのところだけど)。いや、不正受給があることはわかっているんだってば、こういう議論を取り上げている方たちは。不正受給はあるでしょう、でもほとんどは不正受給じゃない。だから、不正受給と生活保護の額をリンクさせることはおかしいでしょ、と反論しても、不正受給、不...

川沿いの道で

春に私はすぐ近くの川沿いの道に鳥の写真を撮りにいく。なぜ春かといえば、鳥の種類が(たぶん)多いということもあるけれど、初夏になると雑草が胸の高さまで伸びるので、とてもその道に入っていける状態ではないからだ。というより、雑草自体はかまわないのだが、ヘビには遭遇したくない。いちど巨大アオダイショウが川の方からやってきたのを見たことがあるし、うわさによれば、マムシも生息しているらしい。近所の人は、ヘビが...

データ消失!

イギリスでは、過去3年間に運転免許試験を受けた人の名前と住所、電話番号のデータ300万人分をハードディスクでアメリカに送ろうとしたら、その途中でディスクがどこかに消えちゃったらしいですよ~どこかに売られちゃったのか?クレジット番号や運転免許番号、社会保険番号は入っていないということだけど、同じようなことは以前にも起こっていたらしい。日本政府も何かとデータ化しようとしているけれど、「システムには完全...

中国の三峡ダムと長江の汚染2

うるわしの玲奈おねいさまのお顔を思い浮かべつつ続きです^^(や~っと書きましたよん)この前の記事は*ここ*ですのん。過去20年の間に中国は長足の経済成長を遂げた。年間11%という日本の高度成長期と肩を並べる成長率である。その成長の屋台骨となろうとしているのが三峡ダムだ。堤長約2.3km、高さ185m(データはABCニュースによる)に達するこの巨大ダムは、2006年 5月に完成し、総工費は230億ドル(えーと2...

北海道の食べ物・第2段

前の記事でありぎりすさんが、甘納豆赤飯なーんておっしゃるんで、つい北海道でびっくりしたこと第2段を書きたくなったでありんす。北海道に来て、相方の会社の人々に連れていかれた食べ物屋さん。メニューが豊富で定食もののほか、そば、ラーメン、ハンバーグ(ちゃんと焼き具合も聞くんですのよ^^レア、ミディアム、ウェルダンって)、スパゲティ等々なんでもありでございます。そこで相方が「唐揚げ定食」を頼んだのですな。...

北海道は甘い…

北海道の食べ物はおいしくてですね~ミカンなんて、もうホタテだのカニだのボタンエビだのタラコだのですっかりグルメになりやがってしかも夏はトウモロコシ(北海道ではトウキビね)とかスイカとかメロンなんか食べ放題。甘くってほんとおいしいんですわよ^^さらには発酵バターにチーズにアイスクリーム!もー本州に戻ったらどうしようなんて感じです。でも、私がどーしても食べられない北海道の食べ物。それは茶碗蒸し!だって...

「薬害は存在しない」????

とは、昨日の報道ステーションで、厚生労働省の職員が言ったと伝えられた言葉(うわ、めんどくさい文章^^;)。「薬効と副作用の両方のバランスをとりながら薬は投与されるものだから」(この通りの言葉ではなかったと思うけど、このような意味だった)言葉だけをとれば、理解できることではある。でも、この言葉を言っていいのは、現実に医療現場に立っている医師や看護師や、その他の医療に携わる人だけだと思う。彼らは実際に...

春を告げるカッコウ

(えー、コンタクトの左眼をなくしまして、代わりに古い右眼用を使っているので調子が悪いです。で、昨日の続きはまた今度^^ あ、別に玲奈お姉様にさからおうと思ったなんてことは 逃)タイトルは、私の好きな作曲家ディーリアスの小品のひとつ。北欧系の音がする(さびしげで哀愁のあるということかな?)などとよく言われるけど、イギリスの作曲家です。原題はOn Hearing the First Cuckoo in Springですが、この曲のカッコ...

中国の三峡ダムと長江の汚染1

子供の頃、火力発電によって窒素化合物や硫黄化合物が排出され、それが酸性雨になる、なーんて話を聞いて、「だったら、公害を出さないには水力発電がいいんじゃない」などと、無邪気に言ったことがある。これに対して、先生だったか親だったか、はたまたその他の大人だったか忘れたが、その人に「何言っているの、水力発電というのは最大の環境破壊なんだよ」といさめられた。そう、たしかに水力発電の原理そのものを考えれば、汚...

ある疑問

先日、TVである高校の男子運動部が紹介されていた。それは感動的な話でもあったのだが、私はかなり腹立たしく感じた。その運動部ではケガがつきものらしいのだが、指導者がケガをした生徒をそのまま練習させているのだ。「この子は脚が1年間骨折したままで、足首が動かない」「この子は腰椎剥離でほんとは安静にしていなくちゃいけない」たぶん、生徒がどうしても続けたいと言ったのだろう。それはわかる。でも指導者がなぜそれ...

無駄のある効率的なループ

生態系もそうだけど、社会や企業もいろんな意味でループだなあ、と思ったりする。さまざまな要素が次から次へと手渡されて、最終的には円環――ループ――を作り出す。こうしたループ的システムは必ずしも一筋の輪のようではない。というよりむしろ、クリスマスリースのように絡み合っている方が多いかもしれない。つまりループをつくっている要素の数が多く、しかもループの出発点から終着点まで要素をたどる経路も複数あるようなもの...

こんにゃくの歌

今日、バス停で、汚れた雪のかたまりを見つけたミカン(←本日はネコのヒナだそうだ 笑)。「こんにゃくみたいっ」とうれしそう。で、何やら歌い始めた。こんにゃくこんにゃく~こ~んこんこんにゃく~りんりんりんりんこんにゃく~♪おいしそうだけどナマおいしそうだけどマズイきらきら光るこんにゃく~りんりんりんりんこんにゃくあたためるととけちゃう~こんにゃくこんにゃくりんりんりんりんこんにゃく~♪これをバスの中でど...

アフガニスタンでアメリカ人気低落

昨日のABCで見たニュース。アフガニスタンでは、アメリカ&NATOへの支持が過去2年の間にいちじるしく減ったという。アフガン人インタビューアーがアフガニスタンの全34州をまわって聞き取り調査をしたところ、2年前には、アメリカ&NATO(多国籍軍と言わないところがミソ)の駐留を68%が評価していたが、現在は42%に低下した。他方で、タリバンが勢力を拡大していると考える人は42%。いまさらのことながら、日本で...

本日の(ほんとに)どーでもいいつっこみ

NHKの北海道ニュースによれば、最近、おせち離れが進んでいるそうな。300人(少なっ)に聞いたところ、4年前の調査と比べ、「市販のものを購入」と「おせち料理は食べない」という答がそれぞれ2倍以上に増えたとか。具体的な数値をいうと、市販のものを購入が14%、おせちを食べないが12%。で、その次におせち料理を自宅で用意しない理由が示される。「作るのが大変」「もらう」「忙しい」「買った方が安い」…などの答...

国に従わなかった人々

昨日、珍しくサンデープロジェクトを見ていたら、国のかつての森林行政に従わず、独自の森林経営を貫いた村として、旧十和村(現・四万十町)が紹介されていた。戦後、住宅資材を確保するために国策として杉の植林が進められた。(それがいまの杉花粉症の元凶でもあるのだけれど)しかし植林しても、もちろん杉が育ち建築資材になるまでの数十年の間はそこでは収入は期待できない。そうして国に従い、生きる手だてを失った多くの村...

札響コンサート

札幌交響楽団=札響は最近、集客の工夫をいろいろしているらしいんだけど、その一環として、あちこちの学校や幼稚園で小さなコンサートを開いている。ミカンの幼稚園にも、先日メンバーの一部が来たらしい。で、たぶん子供たちの知っている曲が中心だろうと思いつつ、「何をやったの」と聞いてみた。でも、、、、答がかえってこない。。「あのねあのねあのね、バイオリンとね、ピアノとね」楽器をさわらせてもらったらしく、それで...

Menu

最近の記事 ▼

ブログ内検索 ▼

プロフィール ▼

FC2カウンター ▼

ブロとも申請フォーム ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。