ひねもすのたのた

とりあえず日常かな

スポンサーサイト

ラジオ・サラーム・シャローム

先日、朝のBSの番組を見ていたら、イギリスのラジオ・サラーム・シャロームというラジオ局を紹介していた。http://salaamshalom.org.uk/サラームはアラビア語で、シャロームはヘブライ語でいずれも「平和」の意味である。(よく知らないのだけど、アラビア語とヘブライ語は近縁の言語なのかな?いま調べたところによると、セム・ハム語族で近縁だそうな)名前からも想像がつくように、このラジオ局はイスラム教徒(おもにアラブ人...

アフガニスタンで

タリバンと対抗するためにアメリカ軍が人々に兵器を配る方針だということだ。…そして、国民どうしを戦わせるのか?憎しみを増幅させるのか?なぜアフガニスタンでタリバンがふたたび台頭したのか、アメリカはその理由をよく考えるべきだ。☆派遣の人々が次々に切られていく…企業はそんなに体力がないのか?そんなはずはない。大企業はそう簡単には倒産しない(できない)。だから、大企業こそできるかぎりたくさんの人を雇い続ける...

ひとつのイスラエル

先日、3カ月前の新聞を読んでいるときにある記事が目にとまった。「ひとつのイスラエル」パレスチナとイスラエルの終わらない紛争。イスラエルはいま、テロ阻止という名目でパレスチナとの間に(自らの領土を広げる形で)壁を作りつづけている。この壁によってパレスチナの居住区は分断され、住民は物資が得られず、病院に行けないこともしばしばあるという。たびたびイスラエルの侵攻を受け、いまはハマス(武装集団と報道される...

台湾海峡危機で…

台湾海峡危機の際、アメリカ側で検討されていた中国への攻撃に関する文書が機密解除されたらしい。ちょうど50年経過したからよね。それによれば、アメリカの軍指導者は中国の軍事拠点である廈門に核兵器を投下する計画を立てたという。しかし、当時のアイゼンハワー大統領はこれを却下した。核戦争の引き金になる、という理由で。とはいえ、台湾への攻撃がさらに激しくなれば、投下するという選択肢も残っていた。当時、沖縄はアメ...

もうひとつの国歌強制

新聞を読むのがますます遅くなり、ただいま2カ月半遅れで進行中(笑)朝日新聞にイスラエルの国歌の話が載っていた(村上伸一氏の記事)。イスラエルといえば、ユダヤ人(と西欧人が無理矢理)がつくった国家であり、いまもパレスチナへの侵攻を続けている。しかし、そのイスラエルに多くのアラブ人が住んでいる、という認識は、これまであまりなかった(最近の占領区は別にして)。「ユダヤ人だけ民主主義の国」というタイトルの...

フランスで婚外子が過半数

というニュースを昨日、BSで見た。玲奈お姉様の守備範囲だわと思いつつ、まだエントリーにしてくれていないので、ちょっと圧力をかけてみよう(笑)。求む解説!http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20080116AT2M1503J15012008.htmlこれによれば、婚外子の割合は、50.5%だそうだ。フランスの女性の出生率は1.98と、先進国では飛び抜けて高い。日本みたいに婚外子の差別もないんだろうなあ。日本でも婚外子が増えれば、お馬...

アメリカ軍が展開している国で

昨年末のABCニュースによると、イラクで油田復興などを行っているハリバートンの子会社KBRで勤務していた女性が集団レイプを受けたという。ハリバートンといえば、イラクのエネルギー開発で巨大な権益を得ているといわれるエネルギー系の大企業である。彼女はレイプ後、24時間拘束され、レイプの告発をするために通常は必要になる医学的な証拠を得ることはできなかったと主張している。彼女はその後、軍の病院で診察を受け...

Menu

最近の記事 ▼

ブログ内検索 ▼

プロフィール ▼

FC2カウンター ▼

ブロとも申請フォーム ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。