ひねもすのたのた

とりあえず日常かな

スポンサーサイト

泡瀬訴訟・高裁も勝訴!

今日、泡瀬干潟訴訟についての福岡高裁の判決が出たそうです。控訴棄却! つまり原告の勝訴です。よかったー実は政権が変わって前原国交相が中断を表明してからも埋め立ては続いていたそうです。これで、完全に埋め立てストップしてほしい。ていうか、ストップしないと民主党が政権とっても意味がないことになる。以下泡瀬干潟ニュースのコピペ判決骨子・要旨http://awase.net/pdf/20091015Kosshi_Youshi.pdf判決書http://awase.n...

報道されない話――沖縄基地問題

パキスタンでタリバンと政府軍が激しい戦闘を続けているとか、アフガニスタンでアメリカ軍が誤爆し、多数の民間人の死者が出たとか、私の知るかぎりではほとんど報道されませんね。(最近夜遅いニュース番組を見ていないからかもしれませんが)国内でもやはり重要なのにほとんど報道されないのが、アメリカ軍の基地問題です。先日、辺野古に予定されている基地について5400ページ!もの環境アセス報告が出たそうです。いろいろ...

泡瀬に関して

さめさんからトラックバックをいただきました。③泡瀬干潟の埋め立てに関して「泡瀬干潟を守る連絡会と有志一同」の声明が届いたそうです。以下抜粋---------------------1月15日、ついにサンゴの生き埋めが始まってしまいました。~~中略~~ぜひ事業者側の各担当者に聞いて下さいませんか。どうして埋め立てるのか。どうしたら止めてくれるのか。---------------------さめさんの...

干潟――そして泡瀬2

「東部海浜埋立計画」なるリゾート計画として、泡瀬干潟を埋め立てる話がもちあがったのは、バブル期まっさかりの1980年代。1987年に計画が策定され、干潟の一部を島のようにして埋め立て、リゾートホテル、人工ビーチ、マリーナなどから構成される予定だった。しかし、1991年バブルは崩壊し、多くのリゾート地は経営破綻した。(もともとリピーターがいなければ、バブルであろうがなかろうが観光地としてなり立たない)“東部海浜...

干潟――そして泡瀬1

干潮時には水をたっぷりふくんだ砂浜となり、潮が満ちると浅海へと変化する干潟は、生物たちの宝庫でもある。子どもの頃、潮干狩りを楽しんだ人も多いだろうが、干潟にはアサリやハマグリなどの二枚貝のほか、ゴカイ、カニ(シオマネキもね)、さらに干潟の泥に穴を掘って住むムツゴロウのような魚も住む。彼らの餌は豊富だ。たっぷりの太陽の光と酸素を利用できる藻類、人間の流す生活用水中の有機物や陸上の生物たちの排泄物、そ...

泡瀬干潟訴訟の判決

泡瀬干潟の埋め立てを止めるため、住民たちが県や市の事業費の支出差し止めを求めていた裁判で住民側が勝訴しましたね。やったあ!まだいろいろやらなくてはならないことも多いと思いますが、とりあえず喜ばしいです。日本では1945年には8万ヘクタールの干潟が存在していましたが、96年には5万ヘクタールにまで減少していたそうです。この件で検索していたら、国土交通省のグリーン・バンキングなどというとんでもない制度の構想...

泡瀬干潟署名延期のお知らせ

お知らせばっかりしてますね^^;さめさんにトラックバックをいただきましたが、泡瀬干潟の埋め立て中止を求める署名の締め切りを12月末まで延期するそうです。ぜひ、さめさんの記事を見てください。泡瀬干潟ではすでに大きな影響が出始めているようです。また、ラムサール条約第10回締約国会議に泡瀬干潟を守る会から出席するとのこと。旅費のカンパも受け付けているそうです。とりいそぎ~☆追記ですカンパ受付先!http://www.aw...

Menu

最近の記事 ▼

ブログ内検索 ▼

プロフィール ▼

FC2カウンター ▼

ブロとも申請フォーム ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。